サレタガワのブルー第69話「運命の人」ネタバレ考察感想『自称悲劇のヒロイン愛子にまさかの王子様登場?!』

サレタガワのブルー

愛する妻「愛子」にダブル不倫された「暢」は、サレタ側である「梢」と共に、梢の旦那の「和正」と愛子に離婚届を書かせることに成功しました。

 

前回のお話は・・・

和正のもう一人の不倫相手のともみのお腹には和正との赤ちゃんがおり、勝ち誇ったように笑われた挙句、「惨めな女」といわれた愛子は、悔しくて怒り狂っていました。


自分はただ和正を愛しただけなのに、なぜ辛い目に合わなければいけないのかと、雨の中しゃがみこんで泣き出します。

そんなひとりぼっちになった愛子に、見知らぬ男性が声をかけたのでした・・・。

夫も、愛した不倫相手も失ってどん底に落ちた愛子に声をかけてきた男性は、一体誰なのでしょうか?!


それでは、気になる69話「運命の人」のネタバレです。


サレタガワのブルー第68話「惨めな女」(前話)のネタバレ考察感想はこちら↓

サレタガワのブルー第68話ネタバレ考察感想「惨めな女」ついに愛子がどん底に落ちる?!
愛する妻「愛子」にダブル不倫された「暢」は、サレタ側である「梢」と共に梢の旦那の「和正」と愛子に離婚届を書かせることに成功しました。前回のお話は・・・ 和正のもう一人の不倫相手である愛子の後輩「ともみ」は、和正の子供を妊娠していました。 ...

自称悲劇のヒロイン愛子にまさかの王子様登場?!サレタガワのブルー最新話69話ネタバレ!!

土砂降りの雨の中座り込む愛子に、イケメン紳士が心配そうに声をかけました。

脳内がお花畑の愛子は、雨の中一人で泣く可哀想な女の子に、声をかけてくれるイケメン!というドラマチックな展開に、この紳士を自分の本当の「運命の相手」だと思ってしまいます。


イケメン紳士の優しさにより、マンションに案内され、ずぶ濡れだった愛子はお風呂を借り、洋服は乾燥機をかけてもらっていました。

そして、きれいな夜景が見える中、イケメン紳士と愛子はワインで乾杯して二人でお酒を交わします。

さっきまでは人生のどん底にいた愛子は(自分のせい)この状況に、夢のような感覚を覚えていました。


二人でお酒を飲んでいると雨が止んできたので、帰らされると思った愛子でしたが、イケメン紳士はスマホも壊れて、ずぶ濡れになった愛子が行くところがないと察し、「行くところがないなら今夜はここにいたらいいよ」と優しく声をかけるのです。

愛子はお金をもっていないので、お礼などができないことを伝えると、マンションを3つもつくらい余裕があるのでお金はいらないと言われたのでした。


マンション3つもつ=お金持ちであることを連想した愛子は、カマをかけて実は既婚者で女の子を連れ込むようにいくつもマンションを持っているのかと問いました。

しかし、彼は独身であると言い切ったのです。

その返答に愛子は、冗談交じりに奥さんに立候補しようかなとボソッと言ったのでした。


愛子の脳内では、イケメン紳士はマンションを3つも持っていてお金持ち、さらに独身ということで優良物件であると舞い上がります。

・・・ただ、初めて会った女性を助け優しくしてくれるなんて、体目当てに違いないとい考えていたその時、イケメン紳士が今から仕事に戻らないといけないと言います。

体目当てだと思っていた愛子はただただ驚きました。


そして愛子に鍵を渡し、仕事に向かおうとするイケメン紳士に、単純な疑問が生まれたので投げかけました。

こんな見ず知らずの人で何の事情も知らないのにどうして優しくするのかを問います。

愛子の事情は男がらみであると推測した上で、「理由はどうあれ、君みたいに美女にドラマチックに出会えて、運命みたいだってテンション上がっているよ」と甘い言葉を返します。

その言葉にキュンときた愛子は仕事に向かうイケメン紳士を追い、自分の名前「飯森愛子(飯森は愛子の旧姓)」を名乗り、イケメン紳士の名前を聞きます。

彼は「橘 龍志」となのり、愛子によろしくといい仕事に向かいました。

イケメンで、紳士、その上お金持ちで、今夜の愛子との出会いを「運命」という彼との出会いに、彼のことを王子様みたいだと浮かれてしまいます。

そして自分はシンデレラのようだと錯覚し、龍志と結ばれたら慰謝料400万も軽く払えるという他力本願ぶりな思考をみせ、自分にいい風がふいていると思い込むのです。



一方そのころ、暢は弁護士の吹田さんと離婚届についての話を進めていました。

そこで、弁護士の吹田さんは万が一慰謝料未払いが発生したとき、相手の給料差し押さえなどの処置が可能になる公正証書を作成しておいたほうがいいと伝えます。

この書類は離婚届を出す前に作成したほうがいいという話だったので、今日離婚届を出しに行くと言っていた梢にも伝えておきたいと思い、暢は梢に電話をしようと思います。

その時、逆に梢から電話があり、今離婚届を提出して受理されたことが伝えられました。

離婚届を出したがよいものの急ぎで聞いてほしい話があるといいました。

それは離婚届を出した後に、愛子からSNSのメッセージで和正のもう一人の不倫相手についての連絡に気づいたという話だったのです・・・。

サレタガワのブルー第69話の感想・考察

まさかのどん底愛子に、王子様のような人が現れてしまいましたね(笑)

イケメン紳士との出会いに、暢でも和正でもなく、この人が運命の人だったんだ・・・と気軽に言えてしまう愛子にもう呆れしかありません。

ただ、愛子がこのまま何の反省も苦労もせずに、シンデレラのようになっていくのはちょっと嫌だなと思います。

愛子自身は、今回のイケメン紳士との出会いでも自分がどうしたら得をするのか、良いほうに転がるのかと、いうことしか考えておらず、結局自分が大好きで自分本位であることは全く変わっていません。

反省もしないし、もう治らないんでしょうね。


一方気になるのは梢の話です。

離婚届が受理された後なので、もう一人の不倫相手のともみからは慰謝料を請求できないのでしょうか。

また、公正証書をうまく作成できないのではないかという不安もあります。

梢はたくさん苦労してきたから、かわいい息子のたっくんともう何のゴタゴタもなく、幸せに暮らしてほしいと切実に思います。

サレタガワのブルー今後の展開は・・・?

今後もイケメン紳士は出てきそうですし、まだまだ愛子絡みで暢は苦労するのではないかと思ってしまいます。

ただ、イケメン紳士には何か裏があると思っています。

実際に梢さんのに対して良くしてくれている水瀬くんもストーカー気質のようなものもありましたし、何らかの裏があってもおかしくないと思います。



梢に関しては離婚届受理の後で、和正のもう一人の不倫相手の存在を知ったので、またゴタゴタが発生しそうな雰囲気ですね。

和正に連絡をとったとしても、こういう時はもう離婚しているからとか言い出しそうですけど、ともみ自身がお金を払ってでも和正と一緒になりたいとか言っていたので、奥さんの気が済むならとか言って払うということも無くは無いのかなと思ったりします。

まとめ

・雨に濡れた愛子は謎のイケメン紳士に助けてもらう
・イケメン紳士は独身、お金持ちそして優しい言葉もかけられたこともあり、愛子は自分の本当の運命の人だと感じる
・暢と弁護士が離婚届について話を進める中、梢はとうとう離婚届を提出できた
・しかし、離婚届を受理された後で、和正のもう一人の不倫相手の存在を知ってしまう



また金曜日が待ち遠しくなってしまいますね!

次回どうなるのかとっても気になります。

以上、サレタガワのブルー69話「運命の人」ネタバレでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました