昼顔 あらすじ・概要・キャスト・感想!!

映画

人気ドラマが映画になって帰ってきた。

連続ドラマの3年後の世界を描く…。

この記事では「昼顔」について簡単にまとめています!!

昼顔 概要・キャスト

「昼顔」は2017年に公開された作品です。

2014年にフジテレビ系列で放送されていた「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の続編です。

今作は連続ドラマ版から3年後の世界が舞台になっています。

監督を務めたのは「容疑者xの献身」や「真夏の方程式」を手がけた西谷弘。

主演は連続ドラマ版より引き続き上戸彩が務めました。

他にも斎藤工や平山浩行などが出演しています。

ここからはメインキャストの紹介です!!

木下紗和/上戸彩

主人公の女性。

3年前、まだ結婚しているときに裕一郎と知り合う。

その後、裕一郎と不倫していまう。

夫とも別れ、現在は一人で暮らしている。

北野裕一郎/斎藤工

あるきっかけで紗和と知り合い、不倫関係に。

高校教師だったが、不倫がばれてからは退職。

現在は大学に勤務している。

北野乃里子/伊藤歩

裕一郎の妻で大学の准教授。

裕一郎の不倫後も離婚はせずにいる。

昼顔 あらすじ

3年前、裕一郎と不倫してしまった紗和は夫と別れてひとりで暮らしていた。知り合いもいない町に引っ越し、飲食店でアルバイトをしながら生活する。ある日、紗和は裕一郎が蛍に関する講演会を開くことを知り、参加することに。裕一郎に気づかれないように注意していたが、結局裕一郎には気づかれてしまう。講演会が終わってから、紗和は裕一郎を見かけるがその日はもう会うことができなかった。

翌日、紗和は裕一郎を探しに森に赴く。案の定裕一郎は森で蛍の調査をしていた。3年ぶりに再会する2人だったが、誓約書の存在が会話することを許さなかった。それでもお互い独り言と称して会話をするのだった。その後も2人は森で会うようになる。それでもいつしか罪悪感が募っていき、これ以上会わないことを決意する。紗和を駅まで送った裕一郎。しかし駅には裕一郎の妻である乃里子が待っていた。乃里子は紗和を激しく問い詰め、動揺した紗和はその場から立ち去る。裕一郎も紗和を追いかけてしまい、残された乃里子は涙するのだった…。

数か月が経過し、紗和と裕一郎は同棲していた。裕一郎は乃里子との離婚、紗和との結婚を決意していた。紗和は周辺で自身たちの不倫の噂が立っていることに気づくが、バイト先のオーナーらは変わらず接してくれていた。ある日、紗和は裕一郎が大学に出勤していないことを知る。不審に感じた紗和は裕一郎を尾行することに。裕一郎が向かった先は乃里子が暮らしているマンションだった…。

昼顔 みどころ

連続ドラマから変わらないドロドロさが描かれています。

紗和と裕一郎の恋愛の過程、結末には驚きました。

乃里子役の伊藤歩さんの嫉妬に駆られた演技は要注目です。

乃里子は不倫の被害者なのに、一番怖い人物でした。

上戸彩さんと斎藤工さんも不倫という許されない恋が導く結末、付きまとう罪悪感を見事に表現されています。

紗和と裕一郎の恋は2人にとっては純愛なんですが、他人から見たらただの不倫。

その対照的な空気感も味わえるのでは。

昼顔 感想

結末にはかなり驚かされました。

えっ!と声が出てしまいました。

こんな展開にしなくてもと思わなくもないかな。

それでも不倫は当然許されない行為。

しかし当事者はのめりこんでしまっているんですよね。

本気だから浮気じゃないなどという馬鹿げた主張も耳にしますが、問題なのは気持ちの在り方ではなくて人を裏切っていること。

浮気・不倫している人は他人の感情に疎くなってしまうのでしょうか。

私はこんなドロドロした人間関係は勘弁なので、十分に注意したいと思います。

不倫はダメ、絶対。

昼顔 まとめ

いかがでしたか?

「昼顔」について簡単にまとめてみました。

連続ドラマから鑑賞した方が絶対に良いと思います。

紗和の離婚前の物語を知っていた方が、今作の見方も変わってくるのでは。

この記事を読んだ方が「昼顔」に興味を持っていただけたら嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました