インフェクション212話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「隔離地域突入!」

インフェクション

隔離地域に突入部隊に対して、演説を行う紗月。

人心を掌握するような言動に、部隊員たちは沸き立ちます。

しかしその紗月は晴輝に会いたい一心で…。

インフェクション211(前話)はコチラ

インフェクション212話ネタバレとあらすじ

突入部隊の自衛官と選抜された市民兵は、今後のことを話し合っています。
また山田は別の場所で、カメラに向かって世界に向かって保菌者や新型の感染者のことを語り始めます。

またその後に、人々が進化生物として変化し始める状況も説明。
身近な人が進化生物になった時は、必ず殲滅しないといけないことを話します。

そうして突入部隊は、人々に歓迎されて見送られながら山形を出発。
隔離地域である宮城に向かいます。
車内の隊員たちは、この部隊に参加できたことを誇ります。

そんな時、車を止めるよう命令が下ります。
部隊の先には以前晴輝を苦しめ、その後エリックと合体した進化生物の姿が…。

色が少し変わっただけでなく、微妙に姿も変わったような敵は、どこか余裕そうに部隊の前に立ちはだかりました。

インフェクション212話感想と考察

紗月たちによる隔離地域突入作戦が始まっていきます。
今回は、これまでの復習を兼ねた山田の討論が光っていました。
人が怪物に変化するシビアな世界なのは分かりますが、その重みのある言葉は明石を失ったのもあるかもしれませんね。
今後、進化生物になった明石の登場に対する前振りの様にも感じられ、その戦いが今からちょっと切ないです…。

また最後に出てきた進化生物は、色こそ違いますがエリックと融合した進化生物ですね。
変身してそもそも強くなっている様に感じますが、変化前からコンクリートを足で切り裂きかなり強力な生物でした。
かなりきつい戦いが予想できます。

そもそも融合したくらいなので、エリックの差金でしょう。
そうなると、敵がそもそも出現した進化生物だけとも思えませんし戦車を中心とした通常の兵器がどこまで通じるかも悩むところです。

敵側の意図も難しい所です。
色々な力を取り入れながら強くなっていくエリックの動きも不気味ですが、1番は今回の事件の犯人である渚の明かされていない目的が怖いです。

人類を滅ぼすや手に入れるにしては、やり方が複雑すぎるのでますます怖いとこら…。
さらに他人に使えない様に情報エネルギーを塞いだのにも関わらず、それを開けるための門を用意しています。
ぱっと見、晴輝たちに自分を殺させようとしている様に見えますが、そこは今後の焦点でしょう。

また敵側の轟や高木の動きも気になります。
轟はほぼ渚の作戦に従っていそうですが、神城との因縁も気になります。
まずは今回の戦いから繋がっていきそうなので、楽しみにしたいです。

後1番疑問なのは高木ですね。
渚の側近のようでありながら、色々な所で晴輝にも心を開いています。
何度も生き返っているのでほぼ情報エネルギーを使えているでしょう。
もしかすると最後の門を開ける人物かもしれませんね。

とりあえずこれらの敵キャラクターたちと、晴輝たちとの戦いは注目です。
その前哨戦とも言える、進化生物との戦いは今後を見る意味でも注目です。

Twitter / ?

インフェクション213話の展開の予想

次回はほぼ新しい進化生物と、紗月を中心とした隔離地域突入部隊との戦いでしょう。
明らかに強そうな、進化生物に突入部隊がどこまで善戦するかが焦点ですが、基本厳しそうですね…。
ただ、そのまま負けるとも考えづらいので、山田の秘策がある予想。
また神城が現れる展開がある可能性もありますね。

晴輝の戦闘シーンも近々ありそうですが、まだ紗月たちの動きが一区切り着いていないので、そのまま続きそう…。
その次が晴輝、そしてきららと神城たちかと予想します。

何処かで、螢が何かしらの絡みも見せそうです。
それらのキャラクターたちがいかに今の現状を打破するかが今後の流れかと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました