インフェクション213話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「進化生物の脅威!」

インフェクション

晴輝やきらら、晴輝の母の渚などが、事件において様々な動きを見せようとしています。

そんな中、晴輝捜索のため紗月は、隔離地域へと自衛隊と市民の選抜兵と共に潜入します。

そこに以前、晴輝を苦しめた進化生物が立ちはだかり…。

インフェクション212(前話)はコチラ

インフェクション213話ネタバレとあらすじ

隔離地域に向かう紗月たちの車両に、戦闘を告げる無線に戦いが始まったと思われる爆音が聞こえます。
山田は、戦いが始まっている前衛部隊の位置へ車を急行させます。

その頃、部隊長の碇は進化生物の凄さを見せられていました。
戦車の砲弾ですら切り裂く進化生物に、碇は戦車を激しく動かして撹乱させる作戦をとります。

しかし進化生物の動きは素早く、さらにバネの様な動きで戦車接近してきます。
そして一台の戦車は貫かれ沈黙しました。

進化生物が次の目標に股を絞っていた時、その足を山田の矢が貫きます。
そして体勢を崩した進化生物に向かって戦車の砲弾による攻撃を指示。
進化生物に攻撃が加えられていきました。

インフェクション213話感想と考察

紗月の率いる自衛隊と、市民の選抜兵たちが突入した隔離地域。
そこに以前、晴輝も苦しんだ進化生物が立ちはだかります。
まだ序盤戦で特に進化生物は、まだまだ力を隠していそう…。
その辺りが垣間見える回でしたね。

そして進化生物と最新鋭の自衛隊戦車との戦いは、予想通りの進化生物が優勢に…。
今までの脅威の数々から予想はできましたが、戦車の砲弾すら切り裂くのはちょっと驚きましたね。

そんな中、山田の射撃が光ります。
進化生物の足を止めて、そこを戦車による攻撃が襲います。
はたして戦車の砲弾が、進化生物に有効かが今後の焦点ですね。

また進化生物は、以前より色少し違います。
同じ個体なのはほぼ間違いないので、恐らく強くなっている可能性も高いです。
そもそもこの進化生物は、エリックと融合しています。
そうなるとエリックがこの襲撃の裏にいるのはほぼ間違いないと思います。
はたして、そのエリックの意図も怖い所です。

今回の進化生物に自衛隊が勝てない可能性があるだけでなく、また他の敵がいるかもしれません。
さらに以前米兵が襲われた時の様に、何か体をいじられる可能性も考えられます。
その辺りが気になりますね。

後は、他の敵味方の動きです。
晴輝とらぎ姉たちの動きに、きららと神城の動きも気になります。
また敵側でも、晴輝の母親である渚や高木も何か意図を持って動いていそうです。
その辺りの動きと、対決がどうなっていくのか興味深いですね。

とりあえず、今後の展開に影響しそうな紗月たちと進化生物の戦い。
注意して見守りましょう。

インフェクション214話の展開の予想

次回は進化生物との戦いの続きです。
はたして戦車の攻撃が進化生物に通用するかが、戦いに大きな影響を与えると思います。
エリックと融合したことで、以前より強くなっている可能性が高い進化生物。

不意打ち気味の攻撃になっているとはいえ、特に特殊な力のない砲弾のみでは倒すのはキツそうです。
ただダメージは与えるかもしれません。
その辺りの兼ね合いが、今後の戦況に大きな影響を与えそうです。

もし全くダメージがない場合は、紗月たちの突入作戦はほぼ失敗だと思われます。
その場合は、神城か晴輝が助けに現れそうですがそれは都合が良すぎそうです。
そうなると紗月たちが負けると、この進化生物の裏にいるエリックが捕まえた人々の力を奪ったり改造したりしそうです。

その辺りが次回で表されるでしょう。
とりあえず今後の展開に大きく影響する紗月たちと進化生物の戦い。
まずは進化生物にこちらの攻撃が通用するのか見守りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました