インフェクション216話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「エリックの人心掌握術!」

インフェクション

隔離地域へ潜入した紗月たち。

そこにはエリックによる罠が仕掛けられていました。

そしてエリックの分身体が、自衛隊の司令官である碇の体内に入ってしまい…。

インフェクション215(前話)はコチラ

インフェクション216話ネタバレとあらすじ

エリックの分裂体が、碇の体内に入ったことで碇は突然苦しみ出します。
分裂体は黒い蛇のような形状で、紗月たちの周りに次々と襲来。

そのため山田が、その物体を対処するように指示してとりあえずそれ以上の被害を食い止めました。

その後碇は意識を朦朧とさせており、碇の想像内ではエリックが現れます。
エリックは碇の頭の中で、碇の望みを聞き出し、実際に戦場で戦いたいことを知ります。

するとエリックはこの世界こそが悪いと告げて、エリックに仲間になるように提案。
自分を信じれば願いが叶うと言います。

すると実際の碇の体は、雲状に膨張し始め周りの車や人を飲み込んでいきます。
そしてその手からは拳銃が現れて周りに発砲を始めたのです。

インフェクション216話感想と考察

隔離地域での戦いが続きます。
エリックが、分身体を碇の体内に侵入させ碇を謎の進化生物へ変化。
明らかに強力そうな敵を作り出しています。

また今回は、エリックの精神操作術が光っています。
碇に寄生した際、精神世界で碇の意識を誘導。
絶妙的に碇の心の隙をついており、どこか納得させられてしまう回でした。

他にはまだ成功していないとは言え、エリックは寄生させるための分裂体を大量に発生させている様子。
敵勢力をも取り込めるエリックは、一般人にはかなり驚異ですね。

また碇の進化体は、まだ全ては明らかになってはいませんが、かなりの巨大なタイプの様です。
しかも体からいくつもの拳銃を出して周りを銃撃。
まだ何か能力を持っていそうです。

この進化生物は碇の望みである、敵と戦う指揮官になっている可能性も有ります。
もしかすると、拳銃以外にも多くの兵器や兵隊を生み出し、紗月たちを襲ってくるかもしれません。

今回はあまり展開は進みませんでしたが、紗月たちはエリックを倒すのはかなり困難そうです。
すると、この後は仲間の助けがあり得そうです。

本命は強くなった晴輝の可能性が高いですが、どんどん進化情報を取り入れて強くなっている神城もあり得ます。

晴輝の場合は、新たな力でエリックを圧倒。
神城の場合は、エリックが進化情報を奪われてジリ貧になるって感じでしょうか?

それ以外も、謎の立場になっている高木や関や山田を助けに来た進化生物・明石の可能性も有ります。
ここは近い内に分かりそうなので、進む展開に合わせて楽しみにしたいです。

またぼちぼち、晴輝やきらら、螢などの他の場所での話も平行的に進みそう…。
まだ謎である、渚による事件の目的もどこかでわかるはずなので、注意したいです。

とりあえず次回から本格的になりそうな、紗月たちとエリックの戦い。
とりあえず碇の進化生物に、紗月たちがどのように戦うのか楽しみにしたいです。

インフェクション217話の展開の予想

次回は、まず碇の進化生物の能力と強さが明らかになるでしょう。
それに紗月たちが対抗できるかが注目です。

基本紗月たちは、山田を除いて基本普通の強さの一般人です。
あえて言うなら、自衛隊が多くの兵器を持っていますが、指揮官であった碇が敵になったので上手く戦えるかも分かりません。

そうなるととりあえずエリック側が一方的に攻める展開でしょうか?
それから紗月や山田が打開策を考案。
もしくは、何らかの救援者が現れるのが考えられます。

その他の中心人物たちのストーリーが続く可能性も有りますが、今の紗月たちの戦いはこの隔離地域での戦いにおいて大きな影響があるものです。
なのでここの展開をしっかりと描き切りそうだと、考えます。

とりあえず、エリックを中心にした敵側優勢の戦況。
ここをどう打開していくのか注目しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました