インフェクション229話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「ピンチに陥ったながみんと神城!」

インフェクション

激しく続く隔離地域での戦い。

予想外の敵の強さにながみんは思わぬ反撃を受けて…。

 

インフェクション228(前話)はコチラ

インフェクション229話ネタバレとあらすじ

ながみんの切られた映像を想像した紗月。
しかしその想像はながみん本人のものであり、負けるイメージを持ったながみんは戦うのをためらいます。

敵と向かい合っても辛い顔をしたながみんは、敵の攻撃に逃げることしかできません。
紗月は、今の不利な状況に頭を悩ませました。

一方、神城は自分の体の不調に、人間の限界を超えた脳が問題だと感じていました。
もし脳まで変化すると、人間では無くなると感じる神城。
何か決意を込めた目を見せていました。

また山田と関は、進化生物明石と戦いを繰り広げます。
明石を殺す決意を決めた2人。
特に関は、自分の死の経験から明石が死なない生物から救いたいと考えます。

しかし火炎放射器の液体燃料を使用した攻撃も、明石はなんなく振り払います。
そこに関は新たな作戦を山田に伝え…。

インフェクション229話感想と考察

切られたながみんが想像だったのは安心しましたが、色々懸念が残る回です。
まず切られたながみんの映像は、ながみんが敵に負けるイメージを投影したものですが、実際ながみんは戦意喪失…。
そんなに強そうには見えませんが、ながみんが負けるなら地味にピンチです。

次に神城に訪れた身体の変化。
脳が身体能力についていけないという事ですが、元から人間離れしていた神城だと予想外でした。
理屈では分かりますが、最強の神城ならここも根性で乗り越えられないのでしょうかね?

また山田と関は、進化生物になった明石を殺すことで救おうと奮戦。
ここは関の思考の描写を含めて、色々切なくなる回でした。

とりあえず3箇所の戦いのみ描かれていますが、1番の疑問は晴輝とエリックの戦闘が途中で止まっていることです。
晴輝はエリックに「全部無駄になる」と言っており、恐らく全てを覆す能力を使いそうです。
晴輝が今の多くの戦闘を打破する力を持っているのかも知れません。

実際、関が死んだのを紗月の能力で生き返った(瀕死だったかも知れませんが…)のを覚えています。
紗月の力は謎が多いですが、どんな力だとしても傷をあっという間に回復させています。
晴輝も同等の力を使えるのは間違い無いでしょう。

予想では、晴輝はエリックの進化生物としての力を全て無効にしそうです。
もしかすると人間にまで戻せるかも知れません。
それが可能なら、今の戦いは全て終わってしまうので、晴輝の能力の披露が後回しになっているかも知れませんね。

疑問と懸念の渦巻く隔離地域での戦い。
どうなっていくか興味深いです。

インフェクション230話の展開の予想

次回は、もう少し今の3箇所の戦いの続きでしょうか。
特に関が明石を倒す作戦がある様子。
恐らくそれが中心に、次回の話が展開しそうです。

また、ながみんと神城の戦いも描かれそうです。
ながみんは、紗月が何かしら手助けを…。
神城は死を覚悟してでも戦いを続けそう…。
これらも注目です。

晴輝とエリックの戦いも気になりますが、晴輝は少なくともエリックの力を無効化する能力を使いそう…。
そうなると、全体の戦いに大きな影響を与えそうなので、晴輝の活躍はもう少し後になりそうです。

しばらくはエロよりも、哲学的な戦いが続くと思われます。
これも面白いですが、ぼちぼち片付けてエロめの話もみたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました