インフェクション234話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「ながみんの必殺技がすごい!」

インフェクション

激しく続く隔離地域の戦い。

その中、強力な進化生物を紗月のテレパシー能力をうまく使いながみんが撃破して…。

インフェクション233(前話)はコチラ

 

 

インフェクション234話ネタバレとあらすじ

ながみんが倒した進化生物の破片を、エリックの相棒である進化生物が食べます。
すると進化生物は突然話せるようになり、自身がさらに進化したことに歓喜します。

しかし進化生物は、さらに進化生物・碇に今得た進化情報を渡します。
それにより碇はさらに強化され、ながみんや紗月たちを襲おうとしていました。

それに対して、ながみんは余裕そうな表情。
銃弾は、紗月のテレパシー能力で部隊員の銃で相殺します。
さらに碇が戦車を出すと、ながみんは落ち着いた様子で何かを悟った様子。
新たな力を発揮して飛ばす斬撃を繰り出し、戦車の弾丸ごと碇を切り捨ててしまいました。

エリックの相棒である進化生物は、さらに碇の破片も取り込み嬉しそうにエリックの元へ…。
ながみんはスッキリした様子で、新たな道を向かうことを誓います。

一方、神城は轟と向かい合いながら話をしています。
そして神城は、轟にあった20歳のころを思い出しており…。

インフェクション234話感想と考察

ながみんの人間を超えた必殺技が炸裂した回。
進化情報の謎が多く描かれており、エリックの相棒として暗躍している進化生物は、ながみんが倒した敵の破片を食べることで何故か話せるように…。
小型化もしているため、何か可愛くて感じてしまいました。

またながみん自体は、進化生物の碇を飛ばした刃で一刀両断。
これまでの追い詰められた感じは一切なく、あまりの強さからながみんが進化生物になったかと思ってしまいました。

情報エネルギーについては謎ばかりですが、以前情報エネルギーは扉を開けた人物の近くで使用できるとの科学者の言葉がありました。
もしかすると、紗月が近くにいるお陰でながみんが情報エネルギーを使えるように可能性もありますね。

とりあえず、ながみんと紗月が戦っていた敵は一掃しましたが、紗月は今の状況を不思議に感じている様子…。
まるで急速に生物を進化させている状況は、恐らく犯人である渚が作り出していると思われます。

はたして渚が、その先に思い描いている目的がなんなのか非常に興味深いです。
個人的にはただ人間を進化させるだけではなく、才能のある人物を集めているように感じます。

もしかすると、神のような世界をまとめる人間を探しているように思います。
またここまで過激な事件を起こしているのは、まだ隠された問題がある可能性もあり…。
ここの戦いが終わったら、恐らく渚との直接対決があると思うので、この答えはそこまでお預けでしょうか?

またながみんと紗月たちとは一区切りして、神城と轟の戦いも再び描かれました。
ただし、今回は戦いそのものではなく、過去に2人に繋がりがあったというストーリー。

神城の回想も始まっており終わったので、再び生き方に関する哲学的な話が始まりそうです。
神城と轟の過去が、このまま神城の生き方を選ぶ基準にもなりそう…。
それにより神城も、さらに新たな力を得そうにも思うので今後が楽しみです。

山田たちと紗月たちの戦いが一区切りして、次は神城に焦点が当たる今後。
そんな神城の答えが、今回の事件にどう影響するかも想像して次回が楽しみです。

 

インフェクション235話の展開の予想

次回は、ほぼ神城と轟の過去の関係が描かれると思います。
恐らく、神城の行き方と今後の決断について考える哲学的な回。
回想では神城は轟の拳法道場に向かっているので、戦いと命に関していく話になるでしょう。

もしかすると、ほとんどが回想と神城の自問自答に関する話だけになる可能性もあり。
けれども複雑そうなのですぐに答えが出ないのではないでしょうか?
とはいえ少なくとも、シリアス回になるのは間違いないでしょう。

今回、エリックの相棒である進化生物が、晴輝と戦っているエリックの元へ向かっています。
しかし進化生物とエリックの合流シーンは、恐らく神城と轟の戦いが終わってから描かれると思われます。

神城は自暴自棄な感じもして、そこを回想や自問自答でどう答えを出そうとするのか?
そこが焦点となる話になりそうです。
神城が久しぶりに活躍しそうなので、神城ファンには注目です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました