インフェクション196話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「晴輝の謎と事件の関係は?」

インフェクション

晴輝がらぎ姉を救うため隔離地域を探索している中、螢は隔離地域にいる晴輝を確保する計画を立てます。

はたして晴輝は秘密はなんなのでしょう?

インフェクション195(前話)はコチラ

インフェクション196話ネタバレとあらすじ

螢は紗月たちにモニター越しに今後の計画を説明します。

螢は自分の母親がこの事件の犯人だと暴露。

紗月たち全員を驚かせます。

そして紗月は驚きながら、母親が犯人だと知った晴輝の様子を心配していました。

 

その頃、晴輝は夢でうなされています。

事件を解決するため、母親を殺さないといけないことを悩んでいました。

そこにながみんが薙刀を持った戦闘スタイルで登場。

自分も探索を手伝うと意気込みます。

 

しかし晴輝はそれを拒否。

落ち込み泣き出すながみんに対して、家にいるように言います。

しかしながみんは

「たいちょーの元気のない姿、もう見たくない!」

と言って家を走って出て行ってしまいます。

 

晴輝はながみんを追いかけるも、これからのことで混乱。

その場にうずくまり涙を流します。

そこに

「立て、天宮晴輝」

との声とともに、晴輝の前にバイクライダーが現れたのです。

インフェクション196話感想と考察

今回は晴輝とながみんの会話が印象的でした。
晴輝のながみんに対する発言が酷すぎる…。
確かに母親が世界的な事件の犯人であるのも有り、らぎ姉も一時的とはいえ失った悲しみは分かりますが、それとながみんに対する態度は別のはず…。
特に精神が不安定であるながみんには優しくして欲しかったです。

ただ晴輝はなんだかんだ言っても高校生なんですよね…。
そんな思春期であることを考えればしょうがないかもしれません。

ただながみんが、隔離地域内を出て行ってしまいました。
薙刀は持っているので、ただの感染者には負けないと思いますが、ここ何周か出てくる謎の生物が不安です。
ながみんが無事であることを願います。

また螢が見つけた事件の謎はなんなんでしょう?
晴輝をわざわざ確保するために、隔離地域へ部隊を率いてまで突入するのは普通ではありません。
ヒントが母親であるみたいですが、犯人である母親が晴輝に何か細工したくらいしか思いつきません。
もしかすると、晴輝が感染者騒動の引き金になるとかもあるのでしょうか?

そして最後に現れたバイクライダーは誰なのでしょう?
わざわざ晴輝に会いにきたと言うのは、何か事件の謎を知る人物の様な気がします。
まだライダースーツにヘルメットのため顔は分かりませんが、胸の膨らみから女性だと思います。

これまでの女性からだと研究者の鮫島教授だとの予想が多いですが、それ以外にも誰かいるでしょうか?
小鳥や香織なども考えられるでしょうか?
ここはそれほど候補はいないと思いますが、誰なのと同時に何故晴輝に会いにきたのかも気になります。

とりあえず晴輝に関する話が続きそうです。
バイクライダーが誰で、晴輝が事件にどのように関わっているのか次回が楽しみです。

インフェクション197話の展開の予想

次回はとりあえずバイクライダーの正体がわかる回でしょう。
それと共に晴輝が事件に対してどうして重要人物であるのもわかると思います。

晴輝はただ事件の首謀者の子供であるだけでは無いと思うのではたして晴輝が事件に対してどのような立場なのか興味深い所です。

またそれ以外にも、ながみんに対する謎の生物の攻撃があるかもしれません。
晴輝の監視していた敵は、バリバリの攻撃タイプには見えなかったので、ながみんが乗っ取られるとかあるかも知れません。

敵ははぐれた進化生物なのかエリックだとおもうのですが、もしかすると母親という可能性も少しあります。

 

次回はとりあえず晴輝の周りが中心になると思います。バイクライダーの言葉で、はたして事件の謎がどこまで分かるのか注目です。

https://twitter.com/p5ADcAMhKTnmQYY/status/1325937557411000321

コメント

タイトルとURLをコピーしました