女神降臨 158話 最新 ネタバレ 考察 感想!!!

女神降臨

すっぴんは可愛くないけど、プロ級のメイクの腕前で超絶美人にメイクアップしている「麗奈」は、高校時代の同級生で芸能人の一重イケメン「五十嵐くん」と交際していましたが、別れてしまいました。
同じく高校時代に麗奈と両想いだったのにタイミングがあわず結ばれなかったイケメン「神田くん」との大人のキュンラブストーリー!


【前回までのお話は・・・】

高校時代の同級生で大人気動画クリエイターである愛美は、DV彼氏のことを麗奈に相談しました。

1人で抱え込まないことを約束し、DV彼氏に今まで溜めていた思いをぶつけます…。

しかし、逆上した彼に殴られて…!

 

それでは、気になる158話のネタバレです!!!

前回の女神降臨第157話のネタバレ考察感想はこちら↓

女神降臨 157話 最新 ネタバレ 考察 感想!!!
すっぴんは可愛くないけど、プロ級のメイクの腕前で超絶美人にメイクアップしている「麗奈」は、高校時代の同級生で芸能人の一重イケメン「五十嵐くん」と交際していましたが、別れてしまいました。同じく高校時代に麗奈と両想いだったのにタイミングがあわ...

女神降臨 158話 最新 ネタバレ

同時刻

スマホを見て驚く麗奈。

 

スマホの画面には、DV彼氏にボコボコに殴られた愛美の姿が映っていました。

彼氏に殴られたあと、ライブ配信で動画を流しているのです。

 

当然の配信に、びっくりする麗奈や視聴者。

 

愛美は彼氏に今までされたことについて、見ている視聴者に赤裸々に語りました。

動画配信を始めてから、お金の管理を任せっきりで、収益を増やすために、肌の露出を強要されたこと、それを断ったら暴力を振るわれたこと、など

そして、その彼氏から抜け出せない状況になっていたこと。

 

そんなライブ配信を続けている時、彼氏は家に入れろ、配信をやめろと、鍵がかかったドアの前で叫び続けています。

 

彼氏のそんな叫び声を無視して愛美はライブ配信をつづけます。

 

今まで仕返しされることが怖くて通報できず、辛い思いをしたこと、

母親に心配をかけるので言えなかったこと

でも、耐えきれなくなった愛美は、みんなに助けを求めました。

 

その配信を見た麗奈は、すっぴんで無我夢中で愛美の家まで走りました。

泣きながら無事でいてほしいと懇願し、とにかく走ります。

 

愛美の家の前に着くと、彼氏の友人が集まっていました。

そして笑いながら、愛美の彼氏のことをネタにする動画を撮っていたのです。

人気動画クリエイターである愛美に手をあげる彼氏を直撃!ということで、視聴者数を集めるためにやっているのが見え見えです。

 

その様子を見た麗奈は怒りしか湧いてきませんでした。

 

しかし、そんなことをやっているDV彼氏の友人たちを無視して、麗奈は愛美の部屋へと駆けつけます。

愛美の部屋に着くと、愛美を抱きしめる愛美の母の姿がありました。

愛美の無事を確認した麗奈は、さらに泣き、そして警察がやってきて騒動は収まるのでした

 

数日後、人気動画クリエイターである愛美が彼氏から暴力を振るわれていたというニュースがネットで話題に。

愛美のことを批判する意見もあり、そんな意見を見た麗奈は怒ります。

一緒にいる神田くんは、話を聞きますが

正直自分も身近な人がこうなるまで、ことの深刻さに気づかなかったと、率直な意見を言います。

 

そんなこんなで2人で話をしていると

2人の元にショートカットの女の子が現れました。

愛美です。

本人は思ったより元気そうで、その姿をみて麗奈と神田くんは安心しました。

彼氏は今回のことで逮捕され、別れることができて良かったと前向きな愛美。

 

そして、アル中で入院していたお母さんと一緒に住む家も見つかり、新たな生活を始めるのだと、キラキラしていました。

 

麗奈と神田くんはこれからの愛美を応援し、

愛美はお母さんと仲良く暮らし、大好きなハープを奏でる新生活を送るのでした

女神降臨 158話 感想・考察

今回の話は愛美がメインで、やっとDV彼氏と別れられて、本当に良かったと思います。

愛美にはこれから幸せなことがたくさん起こるといいなと思いますね!

女神降臨 今後の展開は?

愛美の話が落ち着いたので、また麗奈や神田くん、そして五十嵐くんの話となってくるのでしょうか?

気になりますね!

まとめ

・愛美は彼氏からのDV被害を、動画配信

・騒動は起こったが、彼氏は逮捕され、愛美は別れることができた

・愛美は母と幸せに暮らし、麗奈と神田くんは2人を応援した

 

また、土曜日が待ち遠しくなってしまいますね!

以上、女神降臨第158話ネタバレでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました