女神降臨 175話 最新 ネタバレ 考察 感想!!!

女神降臨

すっぴんは可愛くないけど、プロ級のメイクの腕前で超絶美人にメイクアップしている「麗奈」は、高校時代の同級生で芸能人の一重イケメン「五十嵐くん」と交際していましたが、別れてしまいました。
その後、同じく高校時代に麗奈と両想いだったのにタイミングがあわず結ばれなかったイケメン「神田くん」とついに結ばれて…?!大人のキュンラブストーリー!


【前回までのお話は・・・】

アイドルとして成功して、幸せそうな五十嵐くん。

麗奈はお姉ちゃんに神田くんと付き合ったことがバレると門限が短くなると思い、密会で付き合いをつづけます。

しかし、お姉ちゃんにバレてしまったのです…。

 

それでは、気になる175話のネタバレです!!!

前回の女神降臨第174話のネタバレ考察感想はこちら↓

女神降臨 174話 最新 ネタバレ 考察 感想!!!
すっぴんは可愛くないけど、プロ級のメイクの腕前で超絶美人にメイクアップしている「麗奈」は、高校時代の同級生で芸能人の一重イケメン「五十嵐くん」と交際していましたが、別れてしまいました。その後、同じく高校時代に麗奈と両想いだったのにタイミン...

女神降臨 175話 最新 ネタバレ

神田くんと隠れて付き合っていた麗奈は、一緒にいるところをお姉ちゃんにみられて大パニック!

 

その場は一旦解散となり、家に戻りお姉ちゃんに謝罪する麗奈。

お姉ちゃんに隠していたことをめちゃくちゃ怒られます。

 

しかし、神田くんのことは認めているから、変に隠したりするのはやめなさい。と麗奈を心配するからこそ、叱ってくれました。

付き合いを認めてもらった麗奈は、お姉ちゃんに抱きついて喜び、夜が更けていきます

 

翌朝、麗奈が前日にアップしたSNSの写真が大好評

可愛いからメイク動画をアップして欲しいという声もありました。

 

しかし、未だスッピンを公開する勇気がない麗奈。

結局、友達に協力してもらい、友達にメイクする動画を撮ってみたりしました。

その時に友達にすっぴんが見せられないなら、メイクポーチの中身を公開すれば?と提案されます。

 

すごく良い案だと思い、早速試みる麗奈。

しかし、自分の家の背景だとださすぎると思い、

神田くんに相談し、神田くんの家の使っていないゲストルームを貸してもらうことにしました。

 

実際、そのゲストルームにいれてもらうと、めちゃくちゃおしゃれですごく良い雰囲気の部屋でした。

早速、そこでメイクポーチ公開の動画を撮りはじめます。

背景の良さもあってばっちり撮れて、喜ぶ麗奈。

 

別部屋にいる神田くんに報告にいきます。

撮った動画を神田くんに見せ、感謝の気持ちを伝える麗奈。

稼げるようになったらお礼するからね!と伝えます。

 

すると、お金なんかよりこれの方がいい。と

 

麗奈にキスする神田くん。

 

何度も甘いキスを繰り返して、横になる2

 

ふと目が合うと急に恥ずかしくなり、2人とも座り直します。

 

そんなドキドキ展開もありましたが、

無事動画撮影も終え、家に帰宅。 

 

動画をアップしました。

 

すると思った以上にたくさんの人が見てくれたようで、驚く麗奈。

麗奈の動画に対して、家豪華すぎる!お姫様だ!というコメントを見つけて、ちょっと複雑な気持ちになる麗奈。

なんだかみんなを騙しているような気持ちになってしまいました。

 

次の日神田くんに会うと、動画アップおめでとう!と花束を持ってきてくれました。

喜ぶ麗奈ですが、騙しているような気持ちなると伝え、今後の動画をどんなものをアップしていこうか迷うというと

何やら神田くんがいいアイデアを思いついたようです。

女神降臨 175話 感想・考察

少しずつ神田くんとの距離も縮まり、ラブラブ度が増していってニヤニヤしますね!

また、はじめて動画をアップした麗奈ですが、たくさんの人に見てもらえて嬉しい反面、自分の良い部分しか見てないと複雑な気持ちになるのもわかりますよね…。

麗奈はいつか勇気を出してすっぴんを公開したりする日が来そうな気もしますよね。

女神降臨 今後の展開は?

神田くんの提案がなんなのか、気になります!

神田くんの提案の動画を撮って、また良い評価を得ていきそうですよね。

なんか騙している気がする…という麗奈の気持ちにも注目してみていきたいですね。

まとめ

・姉に神田くんとの交際を認めてもらう麗奈

・友達の提案で自分のメイクポーチを紹介する動画を撮る

・反響も良かったが、今後の方向性を悩む

・神田くんがいい案をおもいつく

 

また、土曜日が待ち遠しくなってしまいますね!

以上、女神降臨第175話ネタバレでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました