キングダム614話確定ネタバレ・考察まとめ~李牧の秘策~

漫画

「キングダム」614話ネタバレ情報です。
2019年9月19日発売の「キングダム」のネタバレ・あらすじ情報です。

秦による趙攻めである朱海平原の戦いは、決戦の15日目に入っています。
ついに飛信隊を中心とする秦軍左翼は趙中央軍に突入。
李牧を討つために戦っていきます。
しかし、李牧は何か秘策がある様子。
傅抵に支持をだし、放ちました。
はたして戦いの行方は?

 

・キングダム613話(前話)までのあらすじはコチラから↓↓

キングダム613話ネタバレ考察まとめ~慶舎の復讐に燃えた金毛軍~
「キングダム」613話ネタバレ情報です。2019年9月5日発売の「キングダム」のネタバレ・あらすじ情報です。秦による趙攻めの要である朱海平原の戦いは、決戦である15日目になっています。秦軍右翼の戦いは、信や王賁の活躍で趙...

 

「キングダム」614話ネタバレとあらすじ

 


李牧率いる趙中央軍は、秦の左翼、中央軍どちらからも攻められ苦戦しています。
秦中央軍の田里弥軍や倉央軍も、李牧率いる本陣まであと少し。
それに対する趙軍のカイネ隊等奮戦していますが、援軍に呼びたい軍の予備軍は飛信隊の対応に追われており、じり貧です。

 

 

趙軍本陣では、それらの劣勢の戦況が続々と届きます。
しかし、李牧は目を閉じたまま冷静な表情。
そして、
(行きなさい、傅抵)
と思いを飛ばしました。

 

それに呼応したか、
「敵軍を中央突破する!」
と、傅抵は指示をだします。
傅抵隊は敵軍の中央突破(田里弥軍や倉央軍の間を突破)に成功しました。

田里弥や倉央は傅抵隊がそのまま自軍の背後からの襲撃に警戒。
しかし、傅抵隊はそのまま王翦のいる秦軍本陣に進んでいきました。
田里弥や倉央は傅抵隊の追撃に軍を出そうとしますが、

軍を分けるのが李牧の作だと予想。


傅抵隊が数百に対し、王翦のいる秦軍本陣が5千と数の利がある事も加えて傅抵隊を

放置したのです。

 

そして秦軍は全力で李牧を討ちとるため進軍。
しかし、あと一歩で敵の堅い守りに苦戦しています。
その間に傅抵隊も秦軍本陣に突入。
強いながらも、それほど脅威ではないため秦本陣は冷静に対応していました。

 

王翦は傅抵隊の突入に疑問を持っていました。
「李僕は決して無意味なことはせぬ」
「何かがある」
と懸念した王翦。
その時、秦軍本陣の右翼側から大量の敵兵が現れました。

 

「いったいどこの兵だ」
と焦る秦軍の武将たち。
それは、趙軍左翼にいたはずの馬南慈軍でした。
それには趙本陣を攻めていた河了貂たちも驚かされます。

 

一気に追いつめられた秦軍。
焦る王翦に対し、李牧は
「挟撃には挟撃で返す」との決意を込めた言葉を放ったのです。

 

「キングダム」614話感想と考察

 


今回はまさかの馬南慈軍の出現。
それによる秦軍本陣への挟撃が驚かされた回です。
何処かにいるはずの3大天の龐煖の参戦がある程度かなと思われましたが、

一気に秦軍も追いつめられた感じです。

その際の馬南慈軍は趙軍左翼としていたはずなのですが、どの様に進軍本陣まで来れたのかは気になります。
次回明かされるのでしょうか?

とりあえずお互いの策は出来った感じです。
こうなるとどちらの力が強いのかが大事だと思われます。
はたして、信は李僕の元まで辿り着けるのか?


ほのめかされている3大天の龐煖の動向を含めて、次回の展開がとても楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました