キングダム613話ネタバレ考察まとめ~慶舎の復讐に燃えた金毛軍~

漫画

「キングダム」613話ネタバレ情報です。
2019年9月5日発売の「キングダム」のネタバレ・あらすじ情報です。

秦による趙攻めの要である朱海平原の戦いは、決戦である15日目になっています。
秦軍右翼の戦いは、信や王賁の活躍で趙軍左翼を突破して中央軍まであと一歩。
しかし、そこに慶舎の復讐に燃えた金毛軍が現れました。
はたしてここを突破し、中央軍の李牧を打ち取ることはできるのでしょうか?

・キングダム612話(前話)までのあらすじはこちらから↓↓

キングダム612話確定ネタバレ・考察まとめ 金毛軍による慶舎の敵討ち
「キングダム」612話ネタバレ情報です。2019年8月29日発売の「キングダム」のネタバレ・あらすじ情報です。秦による趙攻めである朱海平原の戦いは、決戦の15日目に入っています。戦いの鍵を握ると言われている秦軍右翼。そこ...

「キングダム」613話ネタバレとあらすじ

援軍に現れた亜光軍と亜花錦によって、また戦況は変化します。
金毛軍は援軍に戦力を割かなくてはならなくなり、それによって飛信隊は加速。
戦いの均衡は崩れ、戦況は秦軍有利になりました。
亜花錦は飛信隊の秦軍右翼への参加が勝利の要因と感じています。

その流れに乗って秦軍は進み、金毛軍は総崩れに。
金毛は悔しがり、
「矛を持て」
と言って戦いに参加しようとしました。

しかし部下の竹進がいさめ、毛はその場を部下に託して李牧の元へ戻っていきます
そのまま戦況は推移。
ついに飛信隊を中心とした秦軍右翼は、趙中央軍の元へ到着したのです。

それは王翦の狙っていた形。
必勝戦略と言われていた、秦中央軍と、秦右翼軍との趙中央軍の挟撃であり

ついにその作戦は成功したのでした。

それにより趙中央軍は力を分散せざる得なくなり、秦中央軍も勝機と見て突入。
一気に秦軍有利な戦況になりました。
逆に超軍は陣を下げて対応する様子です。

その頃、趙将軍のカイネの元にも秦軍が突入してきています。
そこに現れたのは傅抵。
カイネを助けてくれた後に
「ちょっと行く所があってね」
と言ってカイネの顔を眺めた後に去っていきます。

カイネは傅抵が李牧を守っていないことに怒りますが、
「李牧様の指示だ」
「やっぱこえーぞあの人は」
と傅抵は意味深な発言をします

そのため秦軍の猛攻の中、傅抵の目はまだあきらめていません。
そして、
「最後まで勝負はわからねぇぞ、勝つのは趙軍だ」
と李牧の顔を浮かべつつ、傅抵は言っていたのでした。

「キングダム」613話感想と考察

ついに秦軍右翼は趙中央軍に到着しました。
李牧を打つために飛信隊も突入していきます。
秦中央軍もそれに合わせて進軍しており、通常なら秦軍勝利といえるでしょう。

しかし、まだ李僕は策がある様子です。
傅抵の言う行く所は、想像できないのですがどこなのでしょうか?
さすがに王翦を打つことはできないでしょうし、想像ができません。

また、趙軍には龐煖がおりその行動も不気味です。
はたして戦況はどうなっていくのでしょうか?
朱海平原の戦いはまだまだ波乱が起こりそうです。
次週が休載で非常に残念ですが、次回を楽しみにしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました