東京五輪2020で日本がメダル獲得を期待できる競技総まとめ! 大穴競技も!

経済・ビジネス



2020年7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催されるオリンピック競技大会。

 

1964年以来56年ぶりとなる東京開催に向けて、我らの日本代表がメダル獲得を期待できる競技を調査してみました!




 

1、東京五輪で日本がメダルを獲得を期待できる競技ベスト10

 

1位・・・柔道

2位・・・水泳

3位・・・体操

 4位・・・卓球

 5位・・・ソフトボール

 6位・・・テニス

 7位・・・レスリング

 8位・・・テニス

 9位・・・陸上競技

10位・・・サッカー

  

  Pick up!!

3位、体操

 

かつて日本の「お家芸」とまで呼ばれた体操競技。

 

過去団体5連覇を達成して、男子体操競技はメダル獲得数が最も多く、内村航平選手をはじめ若手選手の成長にも大きな期待が寄せられています。

 

2位、水泳

 

日本水泳強化対策が整っていて、前回のブラジルオリンピックでも水泳で多くのメダルを獲得し、若手選手が記録を出している。

 

又、世界に通用する日本スイマーが沢山いるのでメダル獲得は確実!

 

1位、柔道

 

日本発祥のスポーツとして期待は大!!

 

また、井上康生監督が根性論を排し、科学的なデータを使用しつつ個々の選手に寄りそってきた指導が効果を生んだとされ、リオ五輪では、7階級すべてでメダルを獲得している男子に期待が集まります。




2、まだある!ベスト10以外でもメダル獲得が期待できる競技

 

東京オリンピックから新競技として採用されるスケートボード

 

スノーボード男子、ハーフパイプで五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢選手が、スケートボードに挑戦!

 

平野選手は4歳からスケートボードを始めた事から、メダル獲得の期待は高まるばかりです。




3、  【大穴】東京五輪でドラマが起きるかもしれない競技

 

東京五輪でドラマが起きるかもしれない競技は、

 

男子水球

 

チケット申し込みをすれば間違いなく当選すると言われています。

 

男子水球日本代表はリオオリンピックから32年ぶりに五輪出場。

 

2018年のワールドリーグで4位と健闘しているので、確実に実力をつけていると言えるでしょう。

 

なので、東京五輪ではメダル争いに食い込めばメダル獲得の瞬間を目の当たりにできるかもしれません。

 

見逃せませんね!




まとめ

 

なにはともあれ、2020年に開催される東京オリンピックはもう間近に迫っています。

 

日本が少しでも多くメダルが獲得出来るよう、

私達視聴者も選手の皆さんに力の限りエールを送りましょう!

 

そして、日本を訪れる沢山のインバウンドの方々に気持ち良い「おもてなし」が出来たらいいですね♪




コメント

タイトルとURLをコピーしました