ジャニーズの今後はどうなる!?ジャニー喜多川さんの死去で大変革?

エンタメ
ƒWƒƒƒj[ƒYŽ––±Š‚ª“ü‚é“Œ‹žE`‹æÔâ‚́uSME”T–؍âƒrƒ‹v

ジャニー喜多川さんの経験と功績がスゴイ!

先日亡くなられたジャニーさんことジャニー喜多川さん。
(本名はジョン・ヒロム・キタガワ。
漢字で表記すると喜多川擴。)

日本国民の誰もが知っているジャニーズ事務所を立ち上げた
ジャニーさんとはどんな人生を送ってきたのでしょうか。

1931年10月23日、日本人の両親のもとにアメリカのロサンゼルスで生まれます。
生まれはロサンゼルスであるが
日本の国籍も取得しており、両国の国籍を持っています。

1933年、太平洋戦争中にアメリカに強制収容後日本に送還されてしまいます。
大阪で暮らし始めるも、戦争の激化のため
兄と姉の子どもだけで両親の地元である和歌山に疎開。
そのときに和歌山大空襲を経験しています。

終戦後、またも兄と姉の子どもだけでロサンゼルスに帰国。
ジャニーさんは現地の高校に入学しました。
このアメリカ帰国の際に若かりし頃の
美空ひばりさんに出会ったことで日本の芸能界に興味が沸いたそう。

元々、少年時代から日本からアメリカにやってきた日本の芸能人の
通訳兼コーディネーターをしていたというジャニーさん。
1952年に日本に再来日し、朝鮮戦争の戦争孤児に英語を教える通訳助手として
アメリカ大使館で仕事をはじめました。

1962年、不屈の名作「ウェストサイドストーリーに」感動し
エンターテインメント事業を興すことを決意します。

ジャニーさんの集めた少年野球のメンバーのうち4人。
そのときのチーム名が「ジャニーズ」
これが初代ジャニーズのはじまりです。

最初は池袋にある芸能事務所に籍を置いていましたが
この年にジャニーズ事務所を立ち上げ
1975年に正式に株式会社として法人登録しました。

その後カラーテレビが普及しはじめ、
1967年に結成のフォーリーブスが今までにない
派手なパフォーマンスやアクションで人気に拍車がかかりました。

 

 

また1971年には、元々フォーリンブスの
バックダンサーを務めた郷ひろみが一躍トップを飾り、
その後西城秀樹、野口五郎と「新御三家」を生むことになります。

 

 

80年代に入ってもその勢いを落とすことなく
たのきんトリオ、シブがき隊、少年隊。と
令和の今でも活躍するアイドルたちを作り上げていきました。

はじめての7人組メンバーの光GENZIも、
昭和を代表するアイドルグループへ一気に成長させ
バブルが終わっても、ジャニーズの人気が
落ちることはありませんでした。

 

90年代にはSMAP、TOKIO、KinKi Kids、嵐など
各々個性のあるアイドルグループが次々と誕生し、
2000年代にはHey!Say!JUMPやSexy ZONE、
ジャニーズWESTなどメンバーに平成生まれも増えてきました。

 

 

しかし、衰えるどころかますます力を持ち
彼らをテレビで観ない日はないくらいです。
改めてジャニーさんの人を見る目の凄さや
経営者としての力を感じさせられますね。

 

タッキーこと滝沢秀明は重要ポスト?

現在、タッキーは関連会社のジャニーズアイランドの社長に就任しています。
昨年までトップアイドルとして活躍してきたが、
「親」というジャニーさんなき今、会社とタレントとの大事な橋渡し役でもあります。
そしてなにより大切な仕事が今後のジャニーズを支えていく
若手発掘と育成になります。

タッキーは1月の就任時に
「2019年になれるだけのことは全てやりたい」
と所信表明をしています。
タッキーはJr.育成のほか先輩後輩の信頼は絶大なので
若手の育成は安心して任せられるのではないでしょうか。

またタッキーは引退時に
「ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントの育成、プロデュースしていくという意思を継ぐ」
とコメントをしています。
それに対し、昨年「週刊新潮」でジャニー社長から
「滝沢がそこまで覚悟を決めたんなら、わかった。僕も応援する。だけど、本当に大変な仕事だよ。
(略)大きな決断をしたから、ちゃんと滝沢が仕事をできる環境を作る」
とコメントしています。

この遺志をタッキーはしっかり継いでいるでしょう。
次期社長ではないにしても、彼なしではジャニーズは
成り立たないのではないでしょうか。

ジャニーズメンバーたちは立ち直れるか?

 

既に60人以上の所属タレントが
追悼コメントを発表しています。

「13歳のあんな僕に声を掛けてくれてありがとうございました」(近藤真彦さん)

「あなたは少年のような心を持った男でした。
僕はあなたから教えてもらった遊び心とプロ意識でここまでやって来れた」(TOKIO長瀬智也さん)

「パパのような存在の人でした」(Kis-My-Ft2の千賀健永さん)

どれだけジャニーさんが慕われていたのかがよくわかりますね。

「あなたがこれまで作ってきた子供たちは、これからもたくさんの愛情を届けていきます」(News加藤シゲアキさん)

「たくさんの思い出を、仲間をありがとう。まだまだ先に進みます。安らかに!」(V6の井ノ原快彦さん)

心強いコメントもたくさん発表されていますね。
心配せずとも、みんな立ち直り新しいジャニーズを見せてくれるはずですね♪

ジャニーズの今後に関するネットの反応

ジャニー喜多川さんへのお礼のコメント、
好きなジャニーズグループへの応援コメントが目立ちました。

 

 

日本のみならず海外でもニュースとして
取り上げられたジャニーさんの訃報。
ほんとにどれだけ偉大な方だったかがよくわかります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
“親”としてかけがえのない存在を失ったジャニーズ事務所。
しかし、その“子どもたち”をジャニー喜多川さんは立派に育てあげてきたと思います。
彼亡き今後も、彼の遺志をしっかりと受け継ぎ
今まで以上の素晴らしい世界をわたしたちに魅せてくれるのではないでしょうか。
しばらくは気持ちが落ち着かず、新体制が整うまで
時間はかかるかもしれませんが必ず何倍も成長して立ち上がってくれるでしょう。
温かく見守り、応援したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました