阪神・守屋功輝投手「DV」後の妻への暴言音声の真相

エンタメ

皆さんこんにちは!

阪神タイガースの 守屋功輝投手の妻へのDV疑惑がスクープされました!

今回1月20日に妻への暴力で書類送検された守屋功輝投手。

実際にDVがあったのかどうか、DV後の暴言音声が公開されたのでその真相に迫っていきたいと思います。

守屋功輝投手の妻へのDVや暴言について

 

阪神タイガースの守屋功輝投手が妻へのDVや暴言の傷害容疑で1月20日書類送検され、

同日の夜に、記者会見を行いました。

記者会見で守屋功輝投手は、妻へのDVはもちろん暴力などは一切行っていないと

今回の容疑を完全否定し、逆に妻からのDVやモラハラ(モラルハラスメント)を受けていたと主張しました。

今回守屋功輝投手が妻へのDV疑惑で書類送検された事案は2018年4月26日にさかのぼります。

その内容は

「自宅で守屋功輝投手に後ろから殴られたはずみで、倒れて床にゴンと頭を打ち付けてしまった守屋功輝投手の妻」

「その衝撃で妻は脳震盪を起こしてしまい、一時記憶も飛んでいたとのことです」

脳神経外科で診察を受けた妻は帰宅後の就寝前に嘔吐をしてしまい、

吐いている妻に対して守屋功輝投手が『そのまま死ね』という言葉を吐き、

妻はショックを受けて携帯でそのやり取りを録音したそうです。

 

果たしてこのやり取りが事実なのかどうかは『本人たちのみが知る』という感じではありますが、もう少し情報を精査していく必要がありそうですね。

ではさらにその録音された暴言音声が公開されたので真相に迫っていきましょう!

 

 

 

守屋功輝投手の妻への暴言音声の内容とは

では守屋功輝投手の妻への暴言音声の内容を詳しく見ていきましょう。

妻「死ねは言い過ぎやろ」

守屋投手「黙れやもう」「しゃべんな」

妻「なんで死なんといけんの?」

守屋投手「しゃべらんと向こういけ」

妻「なんで死ねっていうの?」

守屋投手「黙れ。お前がどんだけ俺に死ねって言ってきたんだよ」

守屋投手「もう限界なんやーよん」

妻「なにがあったん?」

守屋投手「うるせ!」

※ガサガサという音声

妻「暴力振るわんで」

守屋投手「暴力なんか振るわんわ。興味ねぇよ」

妻「さっきしたじゃん」

守屋投手「してねぇよ」

妻「どしたん?」

守屋投手「もううるせーっつっとんのんがわからんのんかおめえは!黙れ!」

 

↑↑守屋投手が妻に吐いたとされる暴言内容です。

いかがですか?

実際の録音された暴言音声も公開されてるので

声のトーンなどもこちらで確認してみると何となく夫婦の距離感がリアルに

感じ取れる気がします。↓↓

 

守屋功輝投手のDVや妻の証言の真相は

実際に守屋投手の妻が録音したとされる暴言音声だけ聞くと個人的な意見ですが、

この暴言音声が録音された日以前から守屋投手と妻との関係に何らかのトラブルなどあったように感じます。

実際に守屋投手は妻に対して疲れているように感じます。

個人的には妻の方がこの暴言音声のようなやり取りを守屋投手に対して頻繁に繰り返していたのかなと感じています。

妻の方が守屋投手に対して詰め寄りすぎて守屋投手も我慢の限界がきて、

妻に手を出してしまったのか、はたまたモノや何かに八つ当たりしてしまったのか、

どちらにしても守屋投手自身が言うように暴力は良くありません。

ただこの録音された暴言音声だけ聞いた場合、守屋投手が主張するように

妻からもモラハラも日常頻繁にあったのではないかと個人的には考えています。

守屋投手がDVや暴言をはいていたのか、それとも妻がモラハラ的な発言をしていたのか、どちらにしても何か相手を傷つけるようなことをしてしまうのは、

何かその前にきっかけとなる原因があったのではないかと考えられますね!

 

守屋功輝投手と妻の音声に世間はどうジャッジしてるのか

では実際にこの録音された暴言音声を聞いて世間はどのようにジャッジしているのでしょうか?

↑↑以上がTwitterでの皆さんの声です。

賛否両論あるでしょうが、やはり音声を聞く限りでは、

逆に妻の方に対しておかしいのではないかという声が意外と多いことが

分かりますね!

まとめ

今回は守屋功輝投手が妻に対してDVをして傷害容疑で書類送検後に公開された

DV後の録音音声の真相についてでした。

実際、書類送検されたのは守屋功輝投手でしたが、

この録音音声が公開されたことで以外にも守屋功輝投手を擁護する声が多かったのは意外でしたね。

個人的に守屋投手の方が疲れきってるように感じました。

どちらにしても夫婦間の問題であることなので、

周りがどうこうよりもお二人の間で1日でも早く解決できることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました