釣りの基本「キャスティング」!種類と精度アップのコツを完全解説

基礎知識

こんにちは!脱サラアングラーのmotochanです!

今回は、「キャスティング」についてのちょっくら研究してみました。

キャスティングといえば、

ルアーフィッシングでいう「ルアーを投げる」という行為のこと。

ルアーを投げて初めて魚と対峙出来るわけですからね。

魚がいる場所に正確に投げれれば投げれるほど、

釣れるチャンスは増えますからね。

キャスティングについての研究から

キャスティングが上手くなるコツを考察してみました。

結構面白いことが分かりましたよ!

キャスティングとは?

ルアーフィッシングにおける

キャスティング=「ルアーを投げる・飛ばす」ということ。

 

ルアーを投げる際はロッドとリールを使うが

ベイトリールとスピニングリールで持ち方が違う。

 

キャスティングのデモンストレーターでもある

村田基さんが解説する動画が非常に分かりやすい。

 

ここでは村田基さんが語るようなリールの持ち方や投げ方などの

本当の基本中の基本ではなく、

もう少し掘り下げて狙った場所にピンポイントで

投げれるようになるためのコツというか感覚の話をしていきたい。

 

この正確に投げることが出来る感覚が分かれば、

日々釣りをする中でキャスティングが徐々に上手くなっていくだろう。

 

キャスティングのバリエーション

キャスティングには、

様々なバリエーションがある。

 

一つ一つ使う場面や用途が違うので解説していきます。

 

オーバーヘッドキャスト

キャスティングの一番基本となる投げ方。

頭の上でルアーを振って投げるキャスティング。

オーバーヘッドキャストの形がちゃんと出来ていると

他の投げ方も形が崩れることはないと言われているくらい

大事。

 

初心者の方は、

まずはオーバーヘッドキャストの正しい形で

ある程度正確にキャスティング出来るようになることを目指しましょう!

 

サイドハンドキャスト

身体の横でルアーを振って投げるキャスト。

オーバーヘッドキャストを横にしたイメージを持つと良い。

弾道が低く、風の影響を受けにくいため正確なキャストが可能。

マスターすれば大きな武器に。

 

ピッチング

ラインを垂らして

ルアーを振り子のようにして投げるキャスティングテクニック。

下から投げるため、

飛距離は出ないが、近距離を攻めるために正確なキャストを

テンポよく行うことが可能。

 

ロッドの先端とルアー、ラインが狙ったポイントと

一直線上に繋がった状態で投げると正確なピッチングが出来る。

 

上手くなるキャスティングのコツとは?

どんな人でも必ずコレさえ意識してキャスティングを行えば

絶対キャスティングが上手くなれるはず。

 

それは何かと言うと、

投げる際の「テイクバック」(ロッドを後ろに振るとき)。

 

まずテイクバックの時に狙ったポイントに対して

真っすぐテイクバックが出来ているかチェックすることが大事!

 

当たり前だろ!!

 

と思われた方もいらっしゃると思うけど、

キャスティング上達のコツを検証していた際、

ちゃんと真っすぐテイクバックが出来ているのか

後方より確認してみました。

 

そうすると面白いことに、

投げている本人は目標物に対して

真っすぐテイクバックしているつもりでも、

穂先が柔らかいロッドなどでは特に

テイクバックの一番最後のルアーの重みがロッドに乗っかるときに

ベロンってズレていることが分かったんです。

 

つまりこれを改善すればおのずと

キャスティングは上手くなる!!

 

特に例に挙げたような穂先の柔らかいロッドなどでは

テイクバック時に穂先がずれてしまいがち。

 

つまりキャスティングが上手くなるコツは、

 

テイクバックを目標物に対して真っすぐ引くこと。

後は離すだけですからね!

 

簡単じゃないですか!?

 

誰でも意識すれば上達できそうですよね!?

 

一番いいのは、

後方から自分のキャスティングを見てもらうこと!

ちゃんと真っすぐテイクバックが出来ているかどうか

人の目から見るのが一番分かります。

 

一人でも確認可能です。

その場合は、

ルアーを投げずにロッドを何回も振り子のように

目標物に対して振ってみましょう。

それでちゃんと真っすぐテイクバックが出来ているなと

思えば指を話して実際に投げてみる

 

それで真っすぐ目標に飛んでいけば、

正しいキャスティングが出来ているということ!

 

初心者の方が良くやってますよね?

 

あれです!

 

この原点に帰って

テイクバックを確認することが

キャスティング上達の簡単に上達できる

最大のコツだと思います。

 

ちなみに穂先の柔らかいロッドで

どうしても狙いが定まらないときは

ラインの垂らしを極力短くする

ルアーが暴れず真っすぐテイクバック出来ますよ。

 

中級者、上級者になっても

 

「あれ?今日全然キャスティングが決まらない」

 

何てことたまにありませんか?

 

また一向にキャスティング精度が上がらないという方は

是非今回ご紹介した方法をだまされたと思って

試してみてください。

 

簡単に正しいキャスティングに修正することが

可能です。

 

今回は

キャスティング上達のコツは

正確で正しいテイクバックにあるということでした。

 

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました