【春のバス釣り攻略法】元ビジネスマン流のルアーとカラーセレクト

ルアー研究室

こんにちは!脱サラアングラーのmotochanです!

今回は、

春のバス釣り攻略のための

元ビジネスマン流のルアーとカラーセレクトに

ついて解説していきます。

春のスポーニングについて

スポーニングとは

産卵のことを言います。

産卵はブラックバスを含めた生物全てにいえる

子孫繁栄という最大のテーマであり、

一番重要なイベントになります。

 

スポーニングについては別記事でも詳しく解説していますので

参考にしてみてください。

 

スポーニングは

プリスポーン(産卵前)、ミッドスポーン(産卵)、アフタースポーン(産卵後)、

3段階に分かれており、

この段階ごとでバスの行動パターンも変わりますので、

当然釣り方やルアーセレクトも合わせて対応する必要があります。

まずはこのスポーニングの3段階のおさらいをしていきましょう。

 

プリスポーン(産卵前)

3月から4月中旬の時期を指します。

プリスポーンの時期は本格的なスポーニングに入る前に

たくさんエサを捕食して荒食いを始める時期です。

 

早春前くらいだと、

「三寒四温」などで寒い日や温かい日が交互に入れ替わります。

このタイミングのバスは、

まだディープ(深場)とシャロー(浅場)を行き来して

プリスポーン前の荒食い出来るタイミング伺っています。

 

それも終わり、

日照時間が長くなり、水温も安定してくると

本格的なプリスポーンで荒食いのタイミングです。

 

ミッドスポーン(産卵)

プリスポーンが終わると、

いよいよ本格的なスポーニングに入ります。

時期で言うと4月中旬以降の時期から

徐々にスポーニングの準備ができた個体から

ミッドスポーンに入っていきます。

 

ミッドスポーンのバスは、

メスとオスともにスポーニング直後は

エサを食べずにある程度体力を回復させるためにじっとして待ちます。

 

このミッドスポーンの時期は

スポーニングの中でも非常に釣れにくくなるように

感じることでしょう。

 

アフタースポーン(産卵後)

アフタースポーンのバスはメスとオスで

行動パターンが違います。

 

オスのバスは、

スポーニングベッド(産卵床)という

メスが産卵した卵を守るために周辺をウロウロして

外的から卵を守ります。

 

メスのバスは、

ミッドスポーンから身体を休ませ、

本格的に体力を回復させるために積極的に

捕食行動をしていく時期が

アフタースポーンです。

 

春のルアーセレクトの考え方

ではここからは、

春の3段階であるプリスポーン、ミッドスポーン、アフタースポーンごとの

ルアーセレクトの考え方について解説していきます。

 

プリスポーンのルアーセレクト

プリスポーンでもまだ冬の寒さが残っている時期は、

ジャークベイトスローロールのスピナーベイトなどの

しっかりとアピールが出来て、

捕食出来る間や捕食出来るスピードを作れるルアーが

いいでしょう。

 

本格的なプリスポーンで

バスがシャロー(浅場)に上がってきたと感じたら、

荒食いのタイミングです。

 

基本的にはどんなルアーでも、

バスは積極的にアタックしてくるので

ハードプラグをベースに

バスの動きがスローだなと感じた日は

バックスライドワームやラバージグなど

スローな釣りも織り交ぜて

釣りを組み立ててみると良いでしょう。

 

ミッドスポーンのルアーセレクト

このミッドスポーンの時期は、

早い動きのルアーには全くついてこれないと思ってよいです。

スローな動き且つ派手に動きすぎないルアー

チョイスしましょう。

 

この時期はバスがとてもデリケートになっているので、

ラインの存在にもいつも以上に敏感です。

 

動きが強いルアーだと、

ラインを嫌いやすいので

i字形ルアーや虫系ルアー、トップウォーターなど

のラインの存在を消せるようなルアーも

このデリケートな時期のバスには

反応が良いです。

 

アフタースポーンのルアーセレクト

アフタースポーンは、

バスが体力回復のために捕食を始めますが、

産卵の消耗が激しく、捕食したいけど

早い動きが出来ないメスバスが多いです。

 

また梅雨などの低気圧の絡みから、

トップウォーターや虫系ルアーなど

水面でじっくりとバスにアピールするルアー

良く釣れるようになります。

 

アフタースポーン初期は

ノーシンカーやラバージグなどの

反応も良いので

「食べたいけど思いっきり動けない」

というバスの気持ちを意識してみると良いです。

 

 

春のルアーセレクトは

アフタースポーンや夏に向けて、

ボトムから表層に近づけていくというイメージを持つと

いいでしょう。

 

カラーのセレクトは?

春のルアーカラーは、

「赤」が強いと言われています。

 

確かに赤が異常に釣れるときもあります。

しかし、

春は日々状況の変化が激しいので

「赤」に反応がなければ、

カラーチェンジをしていっていいでしょう。

 

ただワームのカラーに関しては「スカッパノン」という

赤色の種類がとても反応が良いです。

 

またスカッパノンまでは安定せずとも、

サファイヤブルー」という明るい青色カラーも

春時期は爆発する日があります。

明るい青色ですが、水中ではもう少し落ち着いた色に

見えて尚且つシルエットがはっきり見えるので

水中では違和感ないと思っていいです。

 

ぜひ試してみてください。

 

またアフタースポーンでは、

他のルアーカラーには反応が無くても

「白」には反応するメスバスが多いように感じます。

 

白というカラーは、

ぼやけてバスからはシルエットが把握しにくいという特徴から

ルアーとして見切られにくいのかもしれませんね。

 

これも僕の研究結果で実証済みなので

是非試してみてください。

 

春のバス釣りの秘密を公開しちゃいました

今回紹介したカラーセレクトなどは僕が温めてきた

僕の周りではほぼやっている人はいないカラーチョイスです。

 

僕のブログの読者の方には今回特別に公開しちゃいます!!

 

ぜひ春のバス釣りに役立ててみてください。

 

本当にアフタースポーンの「白」カラーは

デカバスが釣れます。

 

試してみてくださいね!

 

また質問などあれば問い合わせフォームより

気軽にお問い合わせしてくださいね!

 

ご意見ご感想もお待ちしてます!

 

ではでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました