【バス釣り】釣れるアクションを生むロッドワーク!【シャッドテール編】

ルアー研究室

こんにちは!脱サラアングラーのmotochanです!

今回はロッドアクションシリーズです。

第一弾としてご紹介するのは、

「シャッドテールワーム」の釣れるロッドアクションに

ついてです。

シャッドテールワームとは

シャッドテールとはバスのエサとなる小魚を模したワームのこと。

テールと呼ばれる尻尾の部分で水を噛むことでテールがピロピロと

振られる。

その動きがワーム特有の柔らかさと相まって、

非常に艶めかしく、本当に魚が泳いでいるなのような

ナチュラルな動きをしてバスを誘うことが出来ます。

 

使い方色々!シャッドテールのリグ一覧

シャッドテールワームは

テール部分が水を噛み、テールやボディを揺らして

アピールするワームです。

 

テール部分が水抵抗を受けるため、

リグによっては一定層を引いてきたり、カーブフォールやフォールで

バスにアピールをして食わすのが特徴です。

 

ここではシャッドテールワームの特徴を活かすリグを

ご紹介します。

 

ノーシンカー

シャッドテールのノーシンカーはスレたバスに有効です。

バジングと言われるロッドを立てて水面を泳がせることで

テールが水飛沫を飛ばして、

水面に追い込まれて逃げる小魚を演出出来ます。

 

また高比重素材やサイズが大きめで重さのあるシャッドテールであれば、

表層~中層のレンジをゆっくりとスローリトリーブして泳がせることで

シンカーなどの重さで引っ張られないワーム本来のナチュラルな泳ぎ

バスを誘うことが出来ます。

シャッドテールのノーシンカーは、

フォール時でもテールを動かして沈んでいくので、

スレたバスにとても有効で良く釣れます。

 

ジグヘッド

アジングやメバリングでは定番の

小さいサイズのシャッドテールのジグヘッドリグ。

バス釣りでもよく釣れます。

 

またジグヘッドの重さにより、

深いレンジに送り込めたり、泳がす際のレンジキープがしやすくなるのも

ジグヘッドリグの特徴です。

 

ダウンショット

小さいサイズのシャッドテールワームのダウンショットは

寒い時期には鉄板のリグです。

 

有名なのは小森嗣彦プロのレッグワーム(ゲーリーヤマモト)の

ダウンショットリグ。

サイズは小さいですが、

レッグワーム特有のボディの厚さと硬さで水押しが強く、

テールが小刻みにピロピロするアクションが、

寒い時期のバスやスレたバスには非常に有効なリグです。

 

並木敏成プロのHPシャッドテールを使ったダウンショットも

非常に寒い時期のスレたバスに対して有効なリグで有名ですね。

 

テキサスリグ

僕おススメのリグです。

シャッドテールワームのテキサスリグは大きさ問わず、

スイミングなどのテクニックでも使えますが

基本的にカーブフォールで使います。

 

夏~秋にかけて非常に有効でデカバス率も高いので

信頼するリグです。

 

使い方やロッドアクションの秘訣は、

この次項で詳しく解説します。

 

スコーン・ラバージグ

スコーンリグやラバージグのトレーラーとしても

高い釣果をたたき出していますね。

 

一定層を引いてくることに適していて、

尚且つシャッドテールのテール部分が水を噛むことで

通常よりも気持ちゆっくり泳がすことが出来るので

ゆっくりかつしっかりバスにアピールすることが出来る

リグです。

 

釣れるシャッドテールのロッドアクションの秘訣

ここでは前項で紹介したシャッドテールワームのテキサスリグの

有効なロッドアクションについて解説していきます。

(ラインに関してはフロロカーボンラインを使用していると想定しています。)

 

前項でご紹介したように、

シャッドテールワームのテキサスリグを使う際は

カーブフォールを多用します。

 

釣り方としては

狙いたいレンジまで沈めて、ロッドを80~90度まで立ててリグを浮かせる

それによりラインやリグの重さで、

手前斜め下にカーブフォールアクションをして泳いできます。

カーブフォールに合わせてロッドも少しずつロッド先を寝かせていきます

 

カーブフォールする際に気を付けることは、

ロッド先から出るラインがピンと一直線になるくらい張りすぎないことです。

ラインを張りすぎるとシャッドテールが引っ張られてしまい、

自然なカーブフォールアクションを出せないので、

 

ロッドから水面までのラインが、

ロッドを立てたときは一瞬張っても、そこからはリグの感覚を感じるくらいで

ラインのテンションを軽く緩めてカーブフォールを誘導していきます。

ラインが少し垂れるくらいのラインテンションが理想のカーブフォール

描けます。

 

ある程度、

ロッドがカーブフォール前のポジションに戻ったら

一度ラインを巻き取り、

また同じようにロッドを立てて、

自然なカーブフォールを演出するために

少し弛ませたラインテンションでロッドを寝かしていきます。

 

これが、

シャッドテールのテキサスリグの

実証済みの釣れるロッドアクションです。

 

またこのシャッドテールのテキサスリグが有効なのが

バスがしっかりエサを追える夏~秋くらい

 

このカーブフォールアクションが有効なポイントとしては

岸からだとブレイク(かけ上がり)です。

 

カーブフォールでブレイクにぶつけていくイメージで

ロッドアクションしましょう。

 

ブレイクに逃げながら追い込まれていくエサを演出出来るので、

スレてるバスでも非常に有効に騙すことが出来ます。

 

これは僕が研究して実証済みのテクニックなので、

初心者の方でも結構いい思い出来るテクニックかと。( ・´ー・`)

 

また釣れる確率を上げるならブレイクに追い込まれるエサを演出するように

することがポイントです。

 

ロッドアクション自体もわりと簡単なので

是非皆さんも試してみてくださいね。

 

また感想や意見などドシドシお待ちしてますので

コメント欄や問い合わせフォームから

お気軽によろしくお願いします。

 

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました