【バス釣り】おかっぱりで最低限必要なアイテムとは?便利なアイテムもご紹介!

入門編

こんにちは!脱サラアングラーのmotochanです!

今回は、

バス釣りでのおかっぱりで便利なアイテムやタックルなどを

ご紹介します。

初心者必見の内容となってますので是非参考にしてみてくださいね!

おかっぱりの特徴を知ろう!

おかっぱりとは、

まさに岸から釣りをすること。

 

バス釣りでは、

  • ボートから釣る「ボートフィッシング」
  • 岸から釣る「オカッパリ」

大きくこの2通りの楽しみ方がある。

 

ボートフィッシングの特徴は何といっても、

そのボートを使った機動力で、

そのフィールドのほぼすべてを網羅した釣りが出来ること。

 

またボートに数種類のタックルを積んでおくことができるので、

即座にタックルを持ち替えて

違うルアーを投げるという多彩な釣りが可能なのも特徴だろう。

 

またおかっぱりの特徴

 

ボートの入れない場所を岸から攻めることが出来ること。

 

岸沿いならボートよりも正確に攻めることが出来るし、

ルアーを岸から沖に投げる場合、

深い方から浅い方に巻いてくるので

ブラックバスがエサを追い込んでいることを演出できます。

 

これはおかっぱりの最大のアドバンテージでもあるので

実は岸沿いであればおかっぱりからの方が

ボートよりも釣れるということは良くあることです。

 

しかしおかっぱりは基本、

徒歩で移動するので、荷物が少ない方がいいですし、

タックルも数種類持ち歩くのは手間であり、

おのずと本数が限られてしまいます。

 

本当に少ししか移動しないというのであれば

数種類持っていくこともありますが。。。

 

つまりおかっぱりは、

極力アイテムをまとめて、

出来るだけコンパクトに

スタイリッシュにしていた方が

移動も楽で、岸沿いをどんどんテンポよく

攻めていくことが可能

おかっぱりのアドバンテージを生かせるでしょう。

 

おかっぱりに便利なアイテム

ここでは、

おかっぱりに最低限必要なアイテムから、

持っていると便利なアイテムなどをご紹介します。

初心者の方もぜひ参考にしてみてください。

 

バック

バックは、

ルアーなどを収納するボックスや、ワームのパッケージ、

小物類やその他もろもろを一つにまとめることができるので

おかっぱりでは一番重宝する大事なアイテムです。

 

おかっぱり用バックには主に2種類あります。

  • ヒップバック
  • ショルダーバッグ

ショルダーバッグの方が容量的に大きいタイプのものが多いです。

しかしヒップバックの容量が大きいものから小さいものまで

あるので

あなたの好みに合わせるといいでしょう。

 

一番いいのは、

容量の大きいバックと小さいバックをそれぞれ1つずつ

持っておくと、

荷物が少ないときは小さいバックを使えば、

コンパクトに納まるので、

釣りの邪魔になることもなく、

釣りに集中することが出来るでしょう。

 

ロッドホルダー

ロッドホルダーは、

おかっぱりでロッドを2本持っている場合などに、

使用する1本は出しておいて、

使用しないもう1本はホルダーに仕舞っておくことで

岸沿いをずっと歩きながら攻めることが可能になり、

 

おかっぱりでの機動力が上がります。

ロッドホルダーはベルトに簡単に装着することが

出来るのでとても便利なアイテムです。

 

偏光グラス

偏光グラスはおかっぱりでは

とても重宝するアイテムです。

 

「サイトフィッシングをしないから必要ない」という方も

いるかもしれませんが、

特に初心者の方にはおススメしたいアイテムです。

 

偏光グラスを付けることで水中が良く見えるようになります。

初めての場所で釣りをするときなどは

特に水中が見えることで障害物や

ルアーが引っかかりそうな箇所が分かります。

 

偏光グラスをつけて水中を確認できることで、

ルアーが引っかかりそうな場所を避けたり、

障害物を避けてルアーを引いてくることができるのです。

 

もちろん魚も見えるようになるので、

サイトフィッシングにも使えますが、

 

おかっぱりの場合、

 

目の前でルアーが引っかかっても

ルアーを取りに行けないシチュエーションが結構あります。

 

そうなると、

ルアーを失ってしまうし、

水中にもルアーを残してしまうことになります。

 

ですので

おかっぱりで偏光グラスは

かなり貢献度が高いアイテムです。

 

タックルケース

タックルケースには

ルアーや小物を入れるケースなど様々なタイプがあります。

 

タックルケースに種類ごとにまとめることで

使いたいときにバックから簡単に取り出すことが出来るので

使い勝手が良く、必ず必要なアイテムです。

 

 

ランディングネット

おかっぱりでは足場が高い場所から釣ることもしばしば。

そんな時にバスが釣れてしまうと、

「どうやって引き上げよう?」

と困り果ててしまうことに。

 

ランディングネットがあれば、

足場の高い場所からでもバスを取り込むことができ、

リリースも可能です。

 

またランディングネットは、

ハンドランディングでフックの刺さりそうだなって

ときにネットを使うと安全にバスをキャッチすることが出来ます。

 

マルチプライヤー

マルチプライヤーはどの釣るジャンルにおいても

必要不可欠なアイテム!

 

バスのフックを外したり、スプリットを潰したり、

ラインをカットしたり、リングの脱着など

使用幅は広く、必ず釣行の際には

持ち歩くようにしましょう。

 

 

ラインカッター

ラインカッターは

バックや自分の服に装着しておくと、

ルアー交換するときに素早くラインをカットして

ルアー交換をすることが出来るので

便利です。

 

最後に

様々なアイテムを駆使しておかっぱりを楽しみましょう。

あなた好みの便利アイテムを使いこなすことで

より釣りを快適にスムーズにしてくれるでしょう。

 

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました