【バス釣り入門】厳選!!初心者でも必ず釣れるワーム5選!

入門編

こんにちは!脱サラアングラーのmotochanです!

バス釣りを始めた初心者の皆さんは、

最初に買うルアーってどうしようか迷いますよね?

最初は自分が興味のあるルアー、

好きなルアーを購入すればいいのですが、

おそらくそこには必ずワームも1,2パックは購入するはず!

しかし何となくワームを買ったりしているようでは

初バスまでは程遠いですよ?

おこがましいですが、

サラリーマンを辞めてまでバス釣りを極めてトーナメンターを

目指している僕が、絶対初心者のあなたでも

簡単に釣れるワームとその使い方、伝授します!

はい!

どのワームも基本的には釣れるんですけど、

初心者の方には1日でも早く「こうやったら釣れるんだ」

という感覚を味わってもらいたいなと。

それが分かると「他のワームやルアーはどうだろう」

って感じでバス釣りの面白さにハマっていくはず!(笑)

というわけで今回は初心者のあなたでも簡単に釣れる

元ビジネスマンの僕が厳選したワームについて解説します。

ワームって何だろう?

ワームとは、

合成樹脂(ポリ塩化ビニル)という柔らかいプラスティック素材で

出来たルアーのことです。

 

ワームってミミズのような幼虫のことを指すのですが、

まさにブラックバスや魚のエサであるミミズなどに模して作られて

柔らかいプラスティック素材のルアーの総称がワームと呼ばれています。

 

種類は豊富だが、どのワームが良いのか...

現在、ワームにはミミズのようなフォルムをした

「ストレートワーム」のほか、

 

ザリガニやエビ、小魚、昆虫などのブラックバスのエサとなる

生き物全てを模したワームが存在します。

 

ワームというカテゴリの中に数種類のカテゴリが存在し、

それぞれの数種類のカテゴリの中でも各メーカーから

たくさんのワームたちが発売されています。

 

やはりこの膨大な種類のワームの中から

初心者のあなたが良く釣りに行く場所にマッチしたワームを

あなた自身が見つけるのは困難に近いでしょう。

 

一番良いのは

お店のスタッフさんに聞くのが良いですが、

 

僕も脱サラしてまでバス釣りに捧げ、

日々ルアーの研究をしているので申し分なく

初心者のあなたがどんなフィールドで釣りをしても

バスを釣ることが出来る確率の高いワーム

ご紹介できます!

 

元ビジネスマンなので、

やはり現場で検証することを大事にしているので

その検証を元にしているので

信頼していただいて良いかと...( ・´ー・`)

 

ワームをすすめるワケ・・・初心者だからこそ

ここまでの話は、

「せっかく初めて購入するワームなんだから、

初心者でも扱いやすく釣れやすいワームを選ぼうよ」

 

そして、

 

「その初心者向けのワームならこのmotochanが

脱サラしてまで日々ルアーの研究をしているから、

その検証結果を元に間違いないワームを教えるよ」

ってことを言いたかったわけです。

 

それに加えて初心者のあなたにおススメしたいのは、

最初は

「ハードプラグよりもワームから始めてみたらどう?」ってことです。

 

その理由はタックルにあります。

 

初心者のほとんどの方はまずスピニングリールで

釣りを始めます。

中にはベイトリールで始める人もいらっしゃるかもしれませんが、

そんな方は稀かと思います。

 

なのでスピニングタックルでバス釣りをするということを前提に

考えたときに、

ハードプラグももちろん使えるのですが、

ハードプラグよりもワームの方がスピニングタックルで

扱える幅やバリエーションがマッチするので

まずはスピニングタックルなら

ワームから入門した方が使えるリグの幅がハードプラグより多いので

最初の1匹のバスに巡り合う可能性が高いというわけです。

 

もちろん、

ハードプラグなら巻くだけだから初心者には簡単なのですが、

ワームなら巻くことも可能だし、フォールで誘ったり、シェイクしてみたり、

色んな誘い方も覚えることが出来るし、

 

何より引っかかりにくい!( ・´ー・`)

 

これすごい核心部分なんですけど、

ハードプラグのほとんどは

トレブルフックという3本の針がで一つにまとまった針です。

初心者の方ほとんどは

最初にトレブルフックだと引っかかってしまう場所までは

判断できないのでそこでハードプラグを投げちゃうと

1投目からせっかくのルアーが無くなっちゃうとことに...😢

 

結構「バス釣りあるある」だと思うのですが...

 

そうなると気持ちも冷めちゃうし、

なによりルアーが勿体ない!!!

 

とういわけである程度の地形を把握できたり、

キャスティングが上手くなるまでは

ワームから始めた方が経済的で気持ちも折れないという

理由から初心者の方はワームから始める方のがおススメという

判断をしたのです。

 

どうですか?

 

まあこれはあくまで参考にしていただければと思います。

 

まずは投げたいルアーを投げるのが一番なので。

 

でも僕は結構ハジメタテはハードプラグを引っ掛けたりして

経済的にも精神的にもショックが大きかったので

ワームから始めることをおススメします。

 

初心者にオススメの厳選釣れるワーム5選!

ではここからは初心者のあなたにオススメの

厳選したワームをご紹介していきます。

 

本当にリアルに初心者のあなたにマッチさせるために

スピニングタックルで扱って釣れやすいワーム

をご紹介します。

 

ドライブクローラー 4.5インチ(OSP)

メインは川村光太郎プロのようにネコリグで使うのがベスト。

しかし個人的にはオフセットフックを使用したノーシンカー

ウネウネとゆっくり沈んでいき、

スレたバスでも釣れるので初心者のあなたにススメです!

 

ちなみにサイズダウンした3.5インチのノーシンカーも

簡単によく釣れるので試してみてくださいね!

 

フリックシェイク 4.8インチ(ジャッカル)

フリックシェイクはボディを敢えてクネらせて作られたワーム。

その独自ボディがフォール時に絶妙で独自の振動を起こして

スレたバスでも一撃です。

おススメリグはノーシンカーワッキー、ジグヘッドワッキー、

ダウンショットリグです。

ダウンショットならサイズダウンした2.8や3.8インチもマッチしますよ。

 

ワッキーリグならサイズアップすることでアピール力が強くなり、

デカバスも狙えます。

 

レインズスワンプ (レインズ) 

動きがシャープでメリハリがある

ストレートワームの代表的なワームです。

 

ネコリグやワッキーリグがおすすめです。

値段の割にたくさん本数が入っているので

初心者のあなたでも安心してドンドン使っていけるので

1パック購入しておくといいですよ。

 

ドライブシャッド 3.5インチ(OSP)

代表的な4.5インチよりもサイズダウンした3.5インチ。

サイズダウンしても

約7gあるのでスピニングでもギリギリの重さですが、

ノーシンカーで使えば巻くだけでも簡単に釣れるし、

フォールでもしっかりテールがアクションしてくれるので

初心者でも非常に扱いやすく、色んなレンジに合わせることが出来るので

おススメです。

 

4インチグラブ(ゲーリーヤマモト)

最後はゲーリーヤマモトの4インチグラブ。

グラブはテールが水を噛むとテロテロとアクションしてバスを誘います。

おススメリグは、ノーシンカー、ジグヘッド、ライトテキサス、スプリットショット、ライトキャロなど。

ノーシンカーでは、

グラビンバズという水面を巻いて

表層を逃げ惑う小魚を演出するテクニックも有名で、

良く釣れます。

 

もう一つ有名なテクニックは、

テールもカットしてしまい、

「イモグラブ」という状態でノーシンカーとして使うテクニック。

 

これが4インチグラブのボディの厚さと水平にユラユラと

フォールしていくことで初心者のあなたでも

とても簡単に釣れるテクニックですので試してみてくださいね。

 

手軽に簡単がワームの魅力!

前項で紹介した5つのおススメワームは初心者のあなたでも

扱いやすく釣れる確率の高いものを厳選しています。

 

ここまで絞れていれば、

あなたもワーム選びで迷うことはなさそうじゃないですか?

 

ご紹介したおススメリグはトーナメントプロも

厳しい条件下でバスを釣るために使用しているリグでもあるので

 

初心者のあなたが通うフィールドでも間違いなく通用するので

安心してください!

 

手軽にまずはサクッと一匹釣って、

バス釣りを楽しんでくださいね!

 

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました