【バス釣り】新時代・令和で活躍間違いないバスプロ特集!

トーナメント情報

こんにちは!脱サラアングラーのmotochanです!

「令和」という新時代の元号が発表され、

世の中もまた大きく動き出しそうですね!

 

そんな中、

今年もJBトップ50のプロシリーズが開幕します!

 

今年は記念すべき新時代「令和」元年で

今年年間優勝を獲得すれば

「令和」最初AOY(アングラーオブザイヤー)として

歴史に名を残せるチャンス!!

 

 

今年はミスターチャンピオンである

青木大介プロと北大祐プロがアメリカのトーナメントに

場所を移したため、

 

まさに新時代のJBトップ50が始まるという感じですね!

 

そこで今回は、

新時代「令和」注目のJBトップ50プロアングラーを特集します!

 

藤田京弥プロ

確実に今注目度ナンバー1のバスプロでしょう!

平成最後の昨年はルーキーイヤーながら

 

JBトップ50年間2位、

JBマスターズ年間1位、

ジャパンスーパーバスクラシック優勝

 

と半端なさすぎる戦績を叩き出した平成が生んだ

青木大介プロ以来の天才!!

 

インパクト的には青木大介プロ以上のものを

すでに与えていると思う!

 

しかも昨年のJBトップ50池原ダム戦では

ランディングの際、

バスの口からルアーが外れた瞬間、

すかさずランディングネットでバスをすくい上げたという

常人離れした集中力と反射神経で魅了し、

JBトップ50初参戦ながら優勝という快挙!!

 

 

昨年のシリーズ開幕前から、

青木大介プロなども「サイトでやばいルーキーがいるらしい!」

と注目していたことからもその実力がうかがえる!

 

ちなみに2017年のJBトップ50では、

藤田京弥プロの兄・藤田夏輝プロも

JBトップ50初参戦ながら年間10位という恐るべき戦績。

 

兄弟揃って釣りが上手くて強いって。。。Σ(゚Д゚)

 

僕の方が彼より年上だけど、

脱サラしてトーナメンター目指してるので

本当にこんな活躍してみたい!

 

年下だけど憧れる存在です!

 

最注目間違いなしです!!

早野剛史プロ

平成最後のJBトップ50の年間1位であるAOY(アングラーオブザイヤー)を

獲得した早野剛史プロ。

 

2017年から「3年以内にワールドチャンピオンになる!」と決断し、

自身の拠点を山梨県から茨城県霞ケ浦に移し、

満を持しての優勝!!

 

身体を一から鍛えなおし、取り組んだ昨年のJBトップ50。

大崩れせず、

勝負所で必ず結果を出してくるところは、

トップトーナメンターとして必ず必要な資質でしょうが、

それに加えて精神力も鍛え上げられており、

「令和」という新時代でもAOY最有力候補間違いなし!

 

今の早野剛史プロとやり合えるのは、

藤田京弥プロの勢いか!

 

二人とも勢いがあるだけに、

新時代の「令和」でも昨年のような

デットヒートを繰り広げて盛り上げてくれるでしょう!

江口俊介プロ

レイドジャパンに移籍してから、

2年目の昨年は「江口俊介復活の年」だったのは言うまでもない!

 

年間3位だが、

JBトップ50の前半戦はまさしくAOY最有力候補だった!

 

中盤戦で崩れてしまい、

大きく出遅れたものの、

最終戦の霞ヶ浦戦では見事に優勝してみせ、

意地を見せてくれた!

 

今年は昨年の最終戦の勢いのまま

間違いなく来そうですね!

 

レイドジャパン代表の金森隆志氏いわく、

「ボートの操船やポイントへのアプローチと距離感、

無駄のない動きやラインさばきなど、

JBトップ50の中でもトップ中のトップ」

 

と絶賛される江口俊介プロ。

その技術とテクニックを存分に発揮できれば

新時代「令和」で最初のAOYに輝くはず!

 

 

注目のJBトップ50のバスプロたち

そのほかにも、

  • 福島健プロ
  • 山岡計文プロ
  • 佐々一真プロ
  • 小林明人プロ

など実力者ばかりのJBトップ50!!

 

個人的にはドライブビーバーの生みの親でもある

小林明人プロを応援していますが( ・´ー・`)

 

福島健プロなども調子を取り戻してきているので

今年は要注目ですね!

今江克隆プロなども福島健プロの釣りの実力は

褒めてましたからね!

 

 

また若手ルーキーである加木屋守プロや咲花之人プロなど

釣りウマな若手の活躍も期待したいですね!

 

 

「令和」という新時代に突入し、

誰が「令和」最初のチャンピオンであるAOYを獲得するのでしょうか?

 

またトーナメントで披露されるバスプロのテクニックなども

情報が入れば、

ご紹介していきますね!

 

新時代「令和」でもJBトップ50のバスプロたちの

勢いは加速するばかりですね!

 

ではでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました