インフェクション197話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「バイクライダーは小鳥! 晴輝復活!」

インフェクション

自分の母親が事件の犯人であったことと、らぎ姉が仮死状態の眠りについたことで落ち込む晴輝。

ながみんと喧嘩をしてしまい、追いかけた先にライダースーツの女性が現れました。

インフェクション196(前話)はコチラ

インフェクション197話ネタバレとあらすじ

バイクから降りたライダースーツの女性は、晴輝に近づきヘルメットを取りました。

落ち込んでいる晴輝に声をかけて、元気づける小鳥。

晴輝は、母親が研究所を壊したことを謝罪し涙を流します。

しかし小鳥は再び晴輝を元気づけ、笑顔を見せます。

そこには強くなった小鳥の姿がありました。

 

その姿に目に力が戻った晴輝。

小鳥が託されたものについて聞きます。

小鳥が持ってきたのは研究所のデータと香里が託した謎のデータ。

さらに小鳥が特効薬を持っているのを聞いて、晴輝は目の色が変わります。

そして小鳥にお礼を言う晴輝。

 

何かに気づいた晴輝は、急に小鳥に抱き着き突然現れた謎の生物の攻撃を避けます。

そして笑い出した晴輝。

意気揚々と怪物に向かっていったのです。

インフェクション197話感想と考察

今回は驚きも多い展開でした。
バイクライダーの正体はは壊れゆく研究所から脱出した小鳥。
研究所の生き残りの人物としては想定外ではなかったのですが、バイクライダーがもう少し大人の女性に見えたのと、小鳥がバイクの運転ができないと思い込んでしまっていたのでそこが来たかという感じでした。
まぁ他に候補も少なかったんですけどね…。
バイクライダーがグラマーに見えたので、鮫島教授が本命でした。

そしてその小鳥は、何と何か事件解決のきっかけとなるような情報を持っているようです。
研究所の研究データだけでなく、香里が晴輝だけにしか読めないようにしたデータもある様子。
今までの中で一番事件解決のきっかけになりそうで、非常に楽しみです。

また小鳥の成長に驚かされました。
初登場時は妹を亡くして守られているだけの女の子だったはずなのに、今回はもうヒロインとしか思えない大人びた様子で中学生なのに大人の女性のように感じてしまいました。
妹や父親のことなので過酷な日々を過ごしたからでしょうか?

そして今回の一番の驚きが、まさかの特効薬の登場です。
通常ならこれでらぎ姉が復活するはず…。
晴輝は涙を流して喜び、元気になっています。
謎の敵の攻撃もやすやすと避けてやる気満々です。
前回とは違う漫画かと思うくらいの内容です。
はたしてこのままとんとん拍子でいくのでしょうか?

上手くいけばこのまま、謎の敵を倒してらぎ姉復活。
研究所の研究成果や香里からの情報で母親の目的や弱点を把握。
世界が平和になるとも考えてしまいます。
でも上手くいきすぎのような気がしてちょっと心配です。
まずは謎の敵との戦いから、らぎ姉復活と小鳥から渡される情報の把握です。
今後の展開が上手くいくのかの分岐点になりそうな次回。
非常に楽しみです。

インフェクション198話の展開の予想

次回はまずは謎の敵との戦いです。
新しい進化生物にも見えますが、はたしてその実力はどうなのでしょう?
ぱっと見やられ役の敵にも見えますが、もし母親の差し金だったりすると特効薬を奪われたりするかもしれません。
またエリックに関する敵だとしても一波乱あるかもしれません。
もしかするとエリックや母親の刺客はながみんの方にも表れるかもしれないので、敵を倒してもまだ油断は禁物ですね。

そして落ち着いたら、研究所や香里の情報の把握です。
特に香里の情報はかなり期待の物だと思います。
晴輝は敵を倒したら、まずはらぎ姉を復活させたいはずなので、はたして次回でそこまで明かされるのかという所でしょうか?
急に展開が変わった今回が次回にどうつながっていくのか注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました