インフェクション199話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「らぎ姉復活!」

インフェクション

小鳥が保菌者事件に対する情報と、特効薬を持ってきてくれました。

それによりらぎ姉を元に戻せることがわかり、晴輝は復活します。

襲い掛かってくる謎の敵も、ながみんが倒してしまいます。

しかしその裏で、エリックの暗躍が…。

インフェクション198(前話)はコチラ

 

インフェクション199話ネタバレとあらすじ

らぎ姉に特効薬を使った晴輝。

らぎ姉は突然痙攣を始めるも、その後らぎ姉は目を覚ましました。

晴輝はそれを喜びらぎ姉を抱きしめました。

 

らぎ姉は今の状況を聞き、晴輝が母親を殺して特効薬を奪ったわけではないと理解。

晴輝は涙を流して、母親を殺したくないと自分の心情を吐露します。

らぎ姉はその晴輝を抱きしめ優しく声を掛けました。

その姿を見て、小鳥は自分がまだ子供だと理解。

ながみんは薙刀を持ったままゆらゆらと不思議な行動をしています。

 

そして晴輝はらぎ姉に向かって、自分の成長が母親の計画に重要だったと話します。

そのため母親に保菌者騒動の目的を聞き出し、事件の解決をしようと決意を固めました。

インフェクション199話感想と考察

らぎ姉が特に問題なく復活しました。
晴輝が母親を探した3日間は辛かったと思いますが、回復しないもしくはらぎ姉になんらかの変化があると思っていたので嬉しさ半分、拍子抜け半分と言った感じです。

ただ見た目には変化がなくても、見えない所で強くなるなどの進化があるかもしれません。
その辺りはおいおいわかるかもしれませんね。

そしてまだ謎が多いですが、晴輝自身が自分の成長が母親の計画に重要であると認識することになります。
保菌者騒動と晴輝の成長の関係。
親バカ的な考えなのか、晴輝自身にすごい才能があるのかわかりませんが非常に気になります。

またながみんが何処か不審な感じです。
敵になるとかそういう訳ではないでしょうが、ながみんが復活したのが気に入らないのでしょうか?
それかまた子供帰りをして、頭がまとまらないのでしょうか?
どのパターンでもながみんが気の毒です…。

そしてこれで新しい展開になるのでしょうか?
最近は犯人である晴輝の母親は出てきません。
敵としては、意味深な様子のエリックが進化生物を取り込みながら強くなっていっています。
まずはエリックとの戦いがあるかもしれません。

また紗月や螢などの外部にいる仲間や、きららや神城などの行方不明中の仲間との合流も考えられます。
その辺りがかなり楽しみです。

ただその前に小鳥の持ってきた情報が知らされそうです。
特に香里の持ってきた晴輝専用の情報は重要そうです。
巨大な香里の謎と共に興味深いですね。

まだまだ謎が続く展開。
告知されている200回記念の次回の企画と共に楽しみです。

インフェクション200話の展開の予想

次回はまずは小鳥の持ってきた情報の検証でしょう。
まだまだ分からないことだらけなので、その辺りの謎がどれだけ解けるのかと言う重要な回になると思います。

そして晴輝の特別さの説明だけでなく、保菌者無効化装置などが、香里や晴輝の周りでしか作れない謎が解けるかもしれません。
さらに言えばこの話の中心とも言える、母親の目的がわかるかもしれません。
それに対する晴輝の決意も知らされるのではないでしょうか?

そして、次にありそうなエリックとの戦いの導入もあるかもしれません。
根拠は有りませんが、様子が変なながみんが大きく関わる展開もありそう。
エリックが見掛け倒しで無ければかなり強力な的なので、異能力並みのバトルがあるもしれませんね。

200回記念の節目の話。
今後の展開の指針となる話になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました