インフェクション204話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「神城と轟の戦いの結末は?」

インフェクション

きららの姉と一緒にいたのは、晴輝を拉致しようとした米兵でした。

その米兵は薬中の神父があっという間に制圧。

しかし、その話を聞いている内に米兵の死体に動きが…。

インフェクション203(前話)はコチラ

インフェクション204話ネタバレとあらすじ

きららと神城が会う前夜。
神城は轟と戦っていました。
神城は、数日にも続く戦いについて考えていました。
この戦いは、轟がわざと引き伸ばしており、それにより轟自身を、強くするためだと…。

それに気づきながらも、神城は轟が他の人々を襲うのを防ぐために戦い続けていました。
そこに突然、晴輝の母親である渚が現れます。
晴輝の母親は、その長すぎる戦いに呆れながらも、轟には仕事があるため連れて行こうとします。

そして神城の天才的な才能を誉めます。
自分と似ている天才だと言いながら、神城の手足を一瞬で引きちぎる晴輝の母親。
そのまま神城を吹き飛ばしてしまったのです。

その話を神城が思い出していた時、きららは軍人の隊長から話を聞きだしていました。
軍人たちは晴輝を捕まえようとしていましたが、神城と戦った後の轟にやられてしまった事。

さらにその生き残りの3人は、エリックによって何かを体の中に入れられてしまったことがわかりました。
そして、エリックが何故国を裏切ったのか、声を荒げる隊長。
そこに、死んだはずの兵隊たちが襲いかかってきて、きららを庇った神城が刺されてしまいます。

その敵は、銃弾も効きません。
きららはその神城がやられてしまった姿を、神城の優しさを思い出しながら悔しそうな顔で見ていたのです。

インフェクション204話感想と考察

予想外に神城と轟との戦いのシーンから始まった今回。

神城が轟とずっと戦っていたのが分かりました。
 
そして、それは轟は神城と戦うことで強くなること。
神城はそれが分かっていても、自分が轟の足止めをすることでした。
以前少し登場した時に、苦しみながら神城が轟と戦っていたのがわかりましたね。
 
轟がかなり外見がわかりましたが、もうやばいレベルの進化生物なのですかね?
神城は外見こそ変わりませんが、轟の身体らしきものを食べている場面があったので、こちらも轟に次ぐ2番目の強さになっていそうですね。
 
そんな所で、久しぶりに晴輝の母親である渚が登場。
轟を迎えに来たようですが、あっと言う間に神城を倒してしまいます。
底知れぬ晴輝の母親の力が垣間見えました。
 
晴輝の母親は、神城を自分の様な才能があると褒めていましたが、レベルが違いすぎでしょ…。
後晴輝の母親については意味深なシーンが多いです。
ここは疑問がありすぎて今は何も言えません…。
 
また軍人たちが、その後の轟にやられた上に逃げた先でエリックにやられてしまったのも分かりました。
エリックについては予想内でしたが、軍人たちはエリックの一部を体に入れられてしまった様子。
こうなると1人生き残った隊長も、敵に乗っ取られていますかね…。
その隊長から語られたエリックの起こした大事件は、何か含みがあり少し気になりますね。
 
 
また死んだ兵隊たちは、謎の銃すら効かない敵として生き返りました。
それは実験の試作品との事。
何か全ての人類に自分を寄生させて進化させるとか言いそうで、危ない気配がしますね。
 
その兵士たちに神城が刺されました。
きららはそれで神城が死んでしまうと思っていますが、絶対生きているでしょう…。
もしかしたら、ほとんどダメージが無い、もしくは兵士を食べて回復する可能性も高いです。
ここは次回の冒頭で、わかりそうですね。
 
思ったより場面が動いた今回。
次回この状況をどの様に対処していくか興味深いですね。

インフェクション205話の展開の予想

次回はエリックに乗っ取られた兵士たちとの戦いから始まるでしょう。
神城は刺されてしまいましたが、何度もあり得ないほどの敵との戦いで生き残った神城。
おそらくは、敵を食べて回復しそうです。
少なくとも、死ぬ事はないでしょう。
そして銃が効かない敵は、おそらくは神城、もしかすると薬中毒の神父が格闘術で倒す展開も予想できますね。
 
後、残った隊長もエリックの一部が入ったままですし、敵に変わりそうに思います。
もしかすると、死んだら変化する可能性も有りますが、少なくともエリックが今の状況を一部を通して見ていそうです。
このままエリックとの戦いの可能性も結構あると思います。
 
それが落ち着いてから、晴輝たちの話に戻りそうな気がします。
さらに晴輝の母親についても、香里からの情報で晴輝の記憶から分かりそうです。
とりあえず、兵士たちの戦いから、その先がどのように続いていくのか期待です。
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました