インフェクション214話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「エリックの罠!」

インフェクション

隔離地域へ突入した紗月を中心とした部隊。

それに対して、以前登場した進化生物が立ちはだかります。

凄まじい移動で的を絞らせない進化生物に対して、狙いすました山田の矢が命中して…。

インフェクション213(前話)はコチラ

インフェクション214話ネタバレとあらすじ

山田の射撃により、足を失った進化生物を戦車が一斉射撃をします。
着弾したのに喜ぶ碇に、山田は冷静にトドメを刺すように命令します。

山田の凄まじい技術を碇が褒めますが、山田は冷静に自分の技術の秘密と隔離地域の現状を話します。
碇はそれを聞いて、自分たち自衛隊も負けないと決意を固めました。

その頃、瀕死の進化生物の元へエリックが現れます。
エリックは泣いている進化生物を元気付けながら、包囲が出来たと意味深な言葉を…。
そして進化生物と合体して黒い塊になります。
さらに神の元へ行くとの、またもや意味深な言葉を放ちました。

その後、車内の選抜部隊員がバラバラにされる現象が発生。
さらに潜入部隊の周りを、多くの黒い物体が取り囲みます。
また倒したはずの場所からも同じく黒い塊が…。
そしてその塊は口を表してある言葉を放ちます。
「ようこそ俺の実験場へ」
と…。

インフェクション214話感想と考察

隔離地域での戦いが始まりましたり
進化生物は、大砲の一斉射撃で瀕死の状態に…。
初戦には勝利したかに見えました。
しかしそこにエリックが現れ、意味深な言葉を告げました。

そして黒い何かによって、紗月たちを包囲します。
罠らしき行動は見られますが、そのエリックの意図は把握しきれません。
そんな今後について不安になる回でした。

まずエリックが起こそうとしていることは、今後に大きく影響しそうです。
エリックが神に近づこうとしているのは分かりますが、神が晴輝の母親であるかもはっきりしていません。
もしかすると、母親ではなくもっと違うものであるかもしれません。

また神に近づく方法も不明です。
エリックは進化情報を集めていたので、それそのものが神に近づく方法の可能性もあります。
しかし強くなる、もしくは何かの条件を満たすだけの可能性もあります。

これらはエリックが紗月たちを閉じ込めたのも何かの実験をしたいようなので、今後エリックの行動から少しずつ事件の謎が明かされそうです。

また山田の強さの秘密が少し明かされました。
人間離れした強さの山田自身も、進化始めた人間なのも間違いありませんが、射撃技術自体も誰かに習った技術の様子。
今後エリックに追い詰められた状態で、現在紗月たちの最大戦力である山田がさらなる力を見せるのか気になります。

とりあえずエリックが張った罠がどんなものかと、それによる激しい戦いはこれからの流れに置いて重要になりそうです。
そこに注意して次回を楽しみにしたいです。

インフェクション215話の展開の予想

次回はおそらく隔離地域での戦いの続きです。
エリックの罠である実験場での、激しい戦いが予想できます。
その際、果たして紗月たちが耐えられるのかが焦点です。

以前きららや神城のもとに現れたような強固な敵が現れると、戦車でも太刀打ちできないかもしれません。
さらにもし敵が強いだけでなく大量に現れたら、一方的にやられてしまうかもしれません。
そこが怖いところです。

現状山田くらいしか、進化生物に対抗できる戦力はありません。
なので、その戦力差を何かしらの方法でうめられるのかが興味深いところです。

ただエリックを倒せるとは思えないので、どこかで晴輝や神城などの対抗できるなかまが現れそうにも思います。
そこまで都合よく現れるのか難しいところですが、現実的にエリックは明らかに人間を超えた力を持っています。

そうなると、打倒するには晴輝か神城の力、もしくはイレギュラーな戦力が登場するもしくは誰かのレベルアップしかあり得ないと思います。

とりあえず明らかな格上であるエリックと、紗月を中心にした隔離地域潜入部隊との戦い。
今後に大きく影響しそうな戦闘になりそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました