インフェクション221話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「去りゆく潜入部隊の前に…」

インフェクション

隔離地域から一時撤退しようとした紗月たち。

山田は敵と戦いながら、明石を殺そうと考え…。

インフェクション220(前話)はコチラ

インフェクション221話ネタバレとあらすじ

ブルドーザーで障害物を排除したことで、隔離地域潜入部隊は一度隔離地域から脱出しようとしています。
それを知ったエリックは、進化情報を集めるのを諦め潜入部隊をそのまま吸収しようとしました。

しかしそこでエリックは、予想外の人物の気配を感じとります。
そのためエリックは、驚愕の表情をしていました。

また進化生物となった明石を殺すため、隔離地域に残ろうとする山田を関は怒ります。

そんな時、進化生物の碇は車を吸収しながら現れます。
しかし今はこちらには興味はない様子。
さらに、戦車を吸収するために行動していました。

山田と関の会話はひたすら平行線。
明石を殺すと決めている山田に、関は明石が山田に自分を殺す辛さを味合わせたくないと思っていると必死に伝えます。
けれども表情を変えない山田の考えは、誰にもわかりません。

そんな時、先に脱出を始めていた潜入部隊が何者かに襲われてしまい…。

インフェクション221話感想と考察

今回は新たな敵と山田の決意が描かれた回です。
まず新たな敵については、エリックが驚かされる相手。
その敵に、こちらの部隊が襲われてしまっているようです。

普通に考えれば轟が本命ですが、もしかすると高木や薬中毒の神父など存在に謎が残っている人物の可能性もあります。
味方なら人間を襲わないはずですし、車を破壊する力を持つキャラクターと考えるとほぼ轟でしょう。

どんな目的があるのかわかりませんが、以前隔離地域に潜入したアメリカ特殊部隊も壊滅させているので、普通に轟は隔離地域の番人なのでしょうか?


また山田の決意については、ひたすらに切ないです。
山田と明石はちょっと良い感じの男女だったので、それが明石が進化生物になったことで引き裂かれて、今も山田がこだわっているのは悲しいです。

特に山田が、明石を殺して楽にしてあげるため、命を捨ててでも1人隔離地域に残ろうとするのは、すでに深い愛情なのではないでしょうか?
ただ明石は、山田に自分を殺させないために矢の効かない進化生物になっています。

そんなすれ違いの様な2人の思いは、一体どちらが正しいのか考えてしまいます。

また進化生物・碇と、エリックの今後の動きも気になります。
碇はほぼやられ役のはずですが、いろいろな兵器を吸収できるようです。

そうなると、もし最新戦闘機や核などを吸収できれば、かなり強いはずです。
ただ新たな敵が、轟ならそれにあっさりやられる役にもなりそうです。

エリックは、まだやられないとは思いますが、進化情報を手に入れることでどうなるのかは何処かで話してくれそうです。
そもそも進化情報や情報エネルギーについては、まだまだ謎が多いです。

これが詳しくわかると、犯人である晴輝の母親の目的も分かりそうなので、今後どうなっていくのか興味深いですね。

インフェクション222話の展開の予想

 

次回は、エリックも驚く新たな敵の登場です。
恐らく轟だと思いますが、そうであった場合その目的も興味深いです。

晴輝の母親の命令に従っていたようですが、エリックとは仲間では無いはずなので、もしかするとエリックとの戦いもあるかもしれません。
そうなるとまた特殊な力同士の白熱の戦いが楽しめそうですね。

またもうそろそろ、晴輝や神城、螢などの仲間も登場するような気もします。
まだ先行きが見えませんが、少なくとも晴輝は良いところで終わっているので、晴輝の力を含めてぼちぼち描いて欲しいです。

次回はまだまだエッチなシーンは、難しそうな戦いの続き。
事件解決の糸口が登場するのを期待して、次回を待ちたいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました