インフェクション227話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「紗月とながみんの友情!」

インフェクション

 

 

 

 

 

 

過熱する隔離地域での戦い。

追い詰められた紗月たち潜入部隊のもとに、ながみんに神城、晴輝が戦闘に参加してこちらが有利になったように見えますが…。

インフェクション226(前話)はコチラ

インフェクション227話ネタバレとあらすじ

秋保の隔離地域の戦闘中。
晴輝を見たはずの紗月は、浮かない顔でした。
その目の前にはながみんが…。
一生懸命、紗月に話しかけていました。

ながみんは、初対面の紗月に胸がモヤモヤするという悩みを打ち明けます。
そのため、目の前で戦闘が起こっていても動こうとすらしませんでした。

付近でエリックと始めに融合した進化生物が、ながみんに勝つための作戦を進めている中、紗月はながみんを戦闘に参加させるため頭を使います。

胸のモヤモヤが私にはあったと話して、それを癒やしてくれたのがいたことを晴輝を思い浮かべながら述べます。
そして、晴輝への思いが恋ではなく愛情を失うことでは無いと認識して涙を流します。

またながみんには、薙刀に打ち込むことが悩みを解決する手段だと説明。
ながみんに戦いに誘導しました。

そして、新たに生まれた進化生物に斬りかかったながみん。
ながみんに対抗するため強力な進化情報を得た敵は、ながみんの攻撃を受け流して反撃を…。

インフェクション227話感想と考察

秋保の隔離地域において、エリックや轟との戦いが続きます。
先週の続きで、晴輝の能力が明かされるかと思いきや、なんと今週はながみんや紗月が中心の回に…。
しかも戦いよりも、ながみんの悩みに紗月が答える哲学的な回になりました。

またエリックと共にいた進化生物が、可愛い姿で奮起。
強い進化生物を生み出すために奔走しています。
正直、強くなった晴輝が戦えば、敵はほとんど倒せそうです。
そのため、脇道に話がずれたのに少し拍子抜けしました。

ただ今回の話は、違った意味で興味深かったです。
ながみんが紗月の話で、母親に関するトラウマを多少なりとも乗り越えます。
精神が子供の様なながみんも、この出会いで成長していくのでしょうか?

また紗月は、ながみんの悩みに答える過程で、自分自身の気持ちを整理しています。
実は、晴輝への気持ちが家族愛の様なものだと気づいた紗月。
これが、今後にどう影響するのか興味深いです。

そんな会話を繰り広げた紗月とながみんは、初対面ながら何か息が合っていそうです。
紗月の司令に素直に従うながみんの関係は、お互いのナチュラルな姿として定着する可能性もあるでしょう。

しかしながみんと紗月のやり取りが長引き、仲間の1人が新たな進化生物へと変化させられてしまいました。
話の最後には、ながみんが反撃される事態に…。
まさかとは思いますが、ながみんが負ける展開になるのでしょうか?

とりあえず次回もこのまま進むと思われます。
(神城と轟の戦いが描かれなければ…)
ながみんと紗月のコンビの強さがいかなるものか興味深いです。

インフェクション228話の展開の予想

とりあえず次回も、ながみんと紗月の戦いの続きが描かれる可能性が高いです。
新たな進化生物に反撃されたながみんが、どう対処するかから始まるでしょう。

ほとんど心配していませんが、もしかするとながみんがピンチになる展開が続くかもしれません。
ただ、その場合は紗月の情報エネルギーを使った新たな力が発揮されそうです。
恐らく、敵はやられ役のはずなのでながみんと紗月のコンビが楽勝で敵を倒し展開でしょう。

次は、神城と轟でしょうか?
ただ、晴輝がエリックに言った言葉をそのまま取ると、晴輝は進化生物を戻す力を持っている可能性があります。
轟やエリックは戦わずして元の姿に戻る可能性もありますね。

同様なことは、山田と関が追う明石にも当てはまります。
進化生物が元に戻せるなら、敵がほとんどいなくなり物語が一気に収束に近づくのでどうかなという感じです。

とりあえず、ほとんどの主要キャラクターの集まった戦場が中心に描かれそうな次回。
能力を交えた戦闘がどうなっていくのか、興味深いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました