インフェクション191話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「紗月のサービスシーン有!」

インフェクション

晴輝を救いに行くため、山形の感染者騒動を止めようとしている紗月。

紗月の計算通り、人々は次第に集まり、大きな集団になってきます。

はたして感染者騒動はこの行動で収まるのでしょうか?

インフェクション190(前話)はコチラ

インフェクション191話ネタバレとあらすじ

隔離地域のらぎ姉のマンションにいる晴輝とながみん。

らぎ姉を救うために悩んでいる晴輝をながみんは何か寂しそうな表情で見送っていました。

 

一方、紗月はお風呂にて、自分の立てた作戦が上手く言っていることに驚いています。

人々にちやほやされている自分に

「むり!」

とお風呂場で叫ぶ紗月。

その後着替えながらも、はたしてこの人々を隔離地域の晴輝を助けるために利用できるのか複雑な気持ちで考えていました。

 

そこに関と山田訪れます。

山田に行動の真意を訪ねられた紗月。

関と同時に自分の目的を話します。

しかし関や山田の犯人を倒す目的は紗月の目的とははずれていました。

 

その頃、東京では新型の感染者が現れ始めました。

秋保の時より早い出現に、総理は頭を悩ませていました。

インフェクション191話感想と考察

今回は引き続き紗月の活躍が見られた回。
何か紗月のお風呂シーンがエッチなサービスシーンが妙に印象に残りました。
山形市は安全地帯になったようで、凄いと思わされました。
人々の歓喜の描写も見られ、先導されているような力を合わせているような人々に、何か今の日本を感じられます。
しかし少しだけ風向きが変わった話でした。

まず関や山田の目的が違って、意志のずれが起きている事。
まぁ当たり前でしょうが、晴輝を助けるために今回の救助作戦を考えている紗月は邪道です。
一般人がどう思うかは分かりませんが、関や山田の犯人を倒す目的の方が普通でしょう。

紗月本人も自覚していますが、晴輝を救助には普通の人なら反対するはずです。
危ない隔離地域にさらにただ一人を救いに行くんですからね…。
関や山田は反対しそうですが、どうなるかという所です。
ここは晴輝の力が必要のため一緒に助けるや、途中まで一緒に行動して協力するなどの展開はありそうですね。

また山形以外の感染者の状況も気になります。
東京はもう新型の感染者が出た様子です。
秋保の事件の時よりも早い様子なのはもちろん、こうなってしまうともう一般人の手には負えないとも思います。
今後紗月の計画がどうなっていくかも気になります。

後、少しだけ隔離地域の晴輝とながみんの動きも気になりました。
晴輝は確かに情報遮断されてはいますが、避難民の人々が気にはならないのでしょうか?
らぎ姉を助けることで頭がいっぱいなんですかね?
そしてながみんは、無邪気に見えてときどき寂しそうな顔も気になります。
頭が子供に戻っているだけにも見えますが、何か深い考えもありそうですね。

もう少し紗月のターンがありそうですが、他にも少しずつ動きがありそうな次回。
非常に楽しみですね。

インフェクション192話の展開の予想

次回はもう少し紗月を中心とした展開がありそうです。
紗月と関・山田の話し合いの結果が分かりそうですね。
紗月の考え自体は凄い反対されそうですが、山田辺りは何か現実的な案も行ってくれそうにも見えます。

そして世界の状況にも何か動きがありそうです。
新型感染者が出ているなら、恐らく世界的には秋保の状況がおこりそうです。
それに対する日本やアメリカなどの国としての動きもありそうです。
さすがに核は使用しないでしょうが、人々を見捨てる何か恐ろしいことは怒りそうにも思います。

主要人物の登場がなかなか見られませんが、重要そうな次回。
楽しみにしたいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました