ビッグバン★セオリー ギークな僕らの恋愛法則【アメリカドラマ】 あらすじ・概要・キャスト・感想!

海外ドラマ

アメリカで視聴率40%という数字を叩き出した大人気コメディドラマ!!

エミー賞にもノミネートされた名作!

この記事では「ビッグバン★セオリー ギークな僕らの恋愛法則」について簡単にまとめています!!

ビッグバン★セオリー ギークな僕らの恋愛法則 概要・キャスト

「ビッグバン★セオリー ギークな僕らの恋愛法則(原題:The Big Bang Theory)」は2007年に放送が開始されたアメリカの連続ドラマです。

この作品はシーズン12まで続き、2019年まで放送されていました。

1話当たり22分という構成で、シチュエーション・コメディとなっています。

主な登場人物は多くなく、特徴的なキャラクターが多いため内容理解には苦しみません。

ストーリーも基本的には日常を切り取っているもので、深く考えずに鑑賞することができます。

ここからはメインキャストの紹介です!!

レナード・リーキー/ジョニー・ガレッキ

カリフォルニア工科大学で物理学を研究している男性。

同じくカリフォルニア工科大学の研究者であるシェルドンとルームシェアをしている。

シェルドンのわがままな性格にうんざりしている。

自身はあらゆる分野に博識であるが、ゲームやコミックが好きなオタクである。

向かいの部屋に引っ越してきたペニーに好意を抱く。

シェルドン・リー・クーパー/ジム・パーソンズ

カリフォルニア工科大学で物理学を研究している男性。

同じくカリフォルニア工科大学の研究者であるレナードとルームシェアをしている。

わがままで、自分の頭脳に自信を持っているため、他人を見下すこともある。

SF作品やゲームが好きなオタクである。

ペニー/ケイリー・クオコ

レナードとシェルドンの部屋の向かいに引っ越してきた女性。

レナードやシェルドンらオタクに偏見を持たずに友好的に接している。

シェルドンの行動にはうんざりしている様子も見受けられる。

ハワード・ジョエル・ウォロウィッツ/サイモン・ヘルバーク

カリフォルニア工科大学で物理学のエンジニアをしている男性。

マッシュルームカットが特徴で、女性をよく口説いている。

レナードやシェルドン同様にゲームが好きで2人の部屋によく入り浸っている。

ラジェッシュ・ラーマヤーナ・クースラポリ/クナル・ネイヤー

友人たちからはラージと呼ばれている。

インド出身で、宇宙物理学を研究している。

親族以外の女性と話すことが苦手で、ハワードに耳打ちしては代弁してもらっていた。

ハワード同様レナードとシェルドンの部屋によく入り浸っている。

ビッグバン★セオリー ギークな僕らの恋愛法則 あらすじ

レナードとシェルドンが難しい専門的な話をしながら訪れたのは精子バンクだった。2人は博士号を取得している優秀な研究者だったが、研究のための資金調達が目的で精子バンクを訪れていた。しかしシェルドンが自分の精子から不出来な子供が生まれたら愛することが出来ないと言い出して、精子バンクを去るのだった。

家に帰ってきたレナードとシェルドンは向かいの部屋にブロンドの美女が引っ越してきていることを知る。ペニーと名乗るその女性にぎこちない挨拶をするレナードとシェルドン。特にレナードはペニーに一目惚れをした様子で、ペニーを昼食に招待するのだった。ペニーは2人の部屋に入って腰を下ろすと、シェルドンがペニーの位置に文句を言い始める。シェルドンが細かいことや潔癖なこと、気難しいことを察したペニー。レナードはペニーと仲良くなりたいと考えていたが、シェルドンはペニーに全く興味がなさそうだった。

ペニーはシェルドンに元カレからテレビを取り戻してほしいとお願いする。レナードは快く引き受けるが、その元カレというのがマッチョの男だった。テレビを取り戻すはずが、反対にズボンを脱がされて帰ることになるレナード。しかしペニーはそんなレナードを見て、自分のために身体を張ってくれたことに感謝していた。

後日、レナードとシェルドンの部屋には友人のハワードとラージが訪れていた。そこにペニーが現れて、不在中に家具の受け取りをお願いし、レナードはまたしても快諾する。しかし、実際の家具は非常に大きく、配達業者も1階の入り口までしか配達してくれなかった。エレベーターは故障しているため、レナードとシェルドンは4階まで手運びで運ぶことに。なんとかペニーの部屋に家具を運び込んだが、ペニーの部屋のあまりの散らかり具合にシェルドンが驚愕する。シェルドンはいても立ってもいられず、レナードの静止を振り切って真夜中にペニーの部屋に侵入し大掃除を始めてしまうのだった。

翌朝ペニーが目覚めるとアパート全体に響き渡る叫び声を上げる。夜中の寝ている間に勝手に部屋に侵入していることに激怒しているペニー。レナードとシェルドンとの関係はこれ以上続けないと宣言するのだった。

ビッグバン★セオリー ギークな僕らの恋愛法則 みどころ

1話あたり22分という短い構成になっているので、1話1話全てがみどころといってもいいかもしれません。

個人的にはシェルドンの性格や行動、言い回しがツボで面白いと感じました。

ペニーとレナードの恋模様も全く進む気配がなくて、非常に面白いです。

他にもハワードやらラージのキャラクターも様々で鑑賞していて飽きることはないかと思います。

シーズンが進むにつれて恋愛要素もだんだんと増えていきますのでお楽しみに!

ペニーとレナード、シェルドンの3人でいるときが個人的には一番おもしろい場面ではないかと感じています。

ビッグバン★セオリー ギークな僕らの恋愛法則 感想

かなり面白いコメディ作品ですよね。

「フレンド」に近いものがあると思いましたが、今作のほうがよりくだらないように感じます。

4人の男子のおふざけを見ているような気持ちです。

シェルドンが一番おもしろいですよ。

普通に話していてもいらっとしそうな表情や口調ですね。

最高だと思います。

今作品はエミー賞にノミネートされたこともあり、アメリカでは大人気シリーズらしいです。

これだけ面白くて、22分で収めて、エミー賞ノミネートなんてすごすぎますよね。

2019年で放送終了したのが惜しまれる作品でした。

ビッグバン★セオリー ギークな僕らの恋愛法則 まとめ

いかがでしたか?

コメディ作品の中でも群を抜いて面白い作品です。

シーズン1だけでなくシーズン2以降も是非ご覧になってみてください!!

この記事を読んだ方が「ビッグバン★セオリー ギークな僕らの恋愛法則」に興味を持っていただけたら嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました