寝酒をするとよく眠れるのか?寝酒はよい睡眠法なのか徹底解説!

知識・情報

 



1日の仕事の疲れ、ストレスを癒してくれる晩酌…

寝酒をするとよく寝れる?晩酌でお酒をのも際に気を付ける点、

寝酒に頼らない睡眠方法のとり方など、紹介していきます。



 



寝酒の睡眠システムとは?

アルコールには脳の働きをマヒさせる「麻酔作用」があるので、

アルコールを飲めば眠くなるし、すぐ眠りも深くなります

 

しかし、1週間ほど寝酒を続けると睡眠に変化が現れてきます。次第に深い眠りが減り、浅い眠りが増えていくのです。

 

つまり、睡眠の質も量も落ちていくということなのです。





寝酒をすると本当に良く寝れるのか?

 

寝酒を続けていくと、かつてのアルコールの量では脳が満足できずに、

どんどんとアルコールの量が増えてしまい依存症へと変わってしまいます。

寝酒はストレスを和らげ血行を良くして寝つきが良くなったと思われがちですが、

アルコールを摂取することによって交感神経を刺激し肝心の深い眠りを減らしてしまうというデメリットがあり、睡眠の質を悪化させてしまいます。

 

典型的な飲酒者の睡眠データによると、寝ていることは寝ているが浅い眠りが多く、

成長ホルモンが出る深い睡眠が見られません。

また、レム睡眠が多く、浅い睡眠で夢をたくさん見るので夢か現実かわからなくなるときがあるようです。

 

お酒を飲むと筋力が落ちのどの奥がむくむ為、

いびきや無呼吸になるというリスクも高くなります。




晩酌でお酒を飲みたい人はどうすればよいか?

 

仕事の疲れを癒してくれる晩酌なだけに、なかなかやめることはできませんよね?

 

アルコールのメリットはリラックス効果。夕食のとき軽く晩酌を楽しむ程度ならリラックス効果を促し、快眠につながります。

 

しかし、アルコールの強さには個人差があるので適量は人それぞれ・・・

毎日飲むなら、1日当たりのアルコール摂取量を20g程度(日本酒1合、ビール中瓶1本、)に抑えるのが理想的だと言われています。

1日当たりのアルコール摂取量が40gを超えてしまうと、

アルコール依存症になるリスクが高まってしまいます。

晩酌をしたい・・・でも快適に目覚めたいのならば、就寝の4時間以内にはお酒を飲むのは辞めましょう

就寝4時間以内??まだ仕事してるよ・・・なんて方は、必ず休肝日を週に1回は行うようにし、毎日アルコールを摂取するのはなるべく避けてください。

 

毎日の体のだるさや、目覚めの悪さ、正しいアルコールの摂取方法を参考に、

快適な睡眠や、アルコール依存症になるリスクを減らしましょう。





寝酒に頼らない簡単入眠法

①適度な運動

 

やはり一番は定期的な運動をすることです。

 

大切なのは1週間のうちに少なくとも何日かは体を動かすようにするということ。

10分のウォーキングや、ヨガ、など少しでも汗がにじむような運動をすることで、

簡単に入眠することができます。




②アリス式睡眠法

 

1、布団の上であぐらをかく

2、目を閉じ、呼吸を眠っている時くらいゆっくりにする

3、何も考えない

4、無意識に表れた映像をただ見続ける

5、ふっと意識が戻り「今、寝てた?」このような状態になったらゆっくり布団に入る

6、横になり1〜5をもう1度行う

 

「アリス式睡眠法」は、「不思議の国のアリス」に由来しています。

 

参考リンク:Twitter @onoderasan001 、 pixiv「おのでらさん」

詳しくは→https://twitter.com/onoderasan001



③4-7-8呼吸法

 

適度な運動、ヨガなんてめんどくさい・・・

なんて方は「4-7-8呼吸法」を試してみて下さい。

 

「癒す心、治る力」で知られるアリゾナ大学医学部アンドルー・ワイル博士が発見した、「4-7-8呼吸法」は、日本を含む世界中のネットメディアで紹介された入眠法です。

 

その呼吸法のやり方がこちら、

 

1分で寝落ち!? 4-7-8呼吸法をやってみた| Fuminners(フミナーズ)

 

1、口から完全に息を吐ききる

2、口を閉じ、4秒かけて鼻から息を吸う

3、7秒間息を止める

4、8秒かけて口から息を吐く

5このサイクルを3回繰り返す

 

この呼吸法によって多くの酸素が体内に取り込まれると心臓や中枢神経系が落ち着き、副交感神経が優位になり眠りに入りやすくなります。

 

最初は7秒息を止めて8秒吐き出すのが難しいかもしれませんが、

コツをつかめば簡単に行うことができます。

 

この呼吸法は、緊張やストレスを感じた時に行うとリラックス効果があり、

緊張もほぐれますので、是非試してください。




まとめ

いかがだったでしょうか?

 

1日仕事でためてしまった疲れや、ストレスを晩酌で癒す時間は毎日のご褒美・・・

 

でも、その癒しも次の日の仕事に支障をきたしてしまっては、

またストレスになること間違いなしです。

 

正しい自分に合ったアルコールの摂取や、睡眠法を探して、

次の日に影響しない睡眠が取れるようにできたらいいですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました