全国的な冬の寒さはいつから?ピークや対策を知ろう!(2019年〜2020年編)

生活

 

今年は残暑が長く、10月の半ばまで半袖で過ごしていましたが、10月も後半に近づいてくると、一気に秋が深まりましたよね。
この頃になってくると、この冬の寒さはどうなるのだろう…と気になってきますよね。
残暑が長かった年は、冬も暖冬傾向になるのでしょうか?それとも寒さも長く厳しいのでしょうか?
そこで今回は全国的な今年の寒さの傾向と、雪の降り具合…そして寒さ対策などについてもご紹介していきたいと思います!
寒い冬も快適に過ごしていけたら良いですよね。

 

今年も暖冬?全国的に今年の冬の寒さはどうなる?【地域別】

 


関東も私が子供の頃は、もっと寒さが厳しくて、雪も降る回数が多かった様に思いましたが、近年は毎年暖冬傾向が続いて、昔よりも寒さが厳しくなくなった様に思いますよね。


まずは今年の冬の寒さを地域別にご紹介していきます。

今年の寒さ~北日本・北海道・東北


まず北海道~東北の北日本の12月~2月の寒さですが、今年は「平年並み」であるといえそうです。
日本海側と太平洋側共に、降水量も降雪量も平年並みか少ない予報となっていますね。

 

今年の寒さ~東日本・関東甲信越・中部


次に気になる関東を含む東日本の寒さは、「平年並みか高い」といえそうです。
日本海側は降水量と降雪量共に平年並みか少ない予報となっていますね。
太平洋側の降水量も平年並みか、少ない予報で、降雪量の予報はありません。

 

今年の寒さ~西日本・関西・山陰・山陽


関西から山陰山陽を含む西日本では、いかがでしょうか?
平均気温は「平年並みか高い」予報です。
そして、日本海側の降水量と降雪量は共に平年並みですね。
太平洋側の降水量も平年並みで降雪量予報はありません。

 

今年の寒さ~九州・沖縄


九州から沖縄の平均気温は「平年並み」の予報です!
そして降水量も平年並みで降雪予報はありません。
12月~2月の3カ月間は日本列島を地域別に見て、北日本と九州沖縄の寒さは平年並みで、東日本と西日本は平年並みか平年より高い予報なので、今年も暖冬傾向が続きそうですね。

 

冬の寒さのピークはいつごろ?最低気温は?【地域別】


では今年の寒さのピークはいつ頃になるのでしょうか?
ちなみに2019年の2月を覚えていますか?
節分の日、2月3日頃は春の様に暖かくて、コートも要らない位だったのですが、翌第二週の10日頃は、関東でも昼間の最高気温がプラスになるか、ならないか位の木枯らしの吹きすさぶ様なとても寒い日でした。
今年も同じ様な傾向になるのかどうか、気になりますが、冬の予想は難しい様です。
2月がとても寒かったので、昨シーズンはとても寒かったという記憶があるのですが、実は全体的に見ると、昨年の東日本と西日本の気温は12月~2月は平年より高かったのでした。
実は1月25日が「日本最低気温の日」に設定されています。
1902年のこの日、北海道旭川市で日本の最低気温の公式記録「マイナス41.0度」を記録したことが由来とされています。

Twitter / ?

寒さのピーク~北日本・北海道・東北


この事から北日本の寒さのピークは1月後半~2月前半になりそうですね。
最低気温は更新しないと思いますが、マイナス30度位には下がりそうです…

 

寒さのピーク~東日本・関東甲信越・中部


気になる関東を含む、東日本の寒さのピークはいつ頃になるでしょうか?
昨年は2月10日頃が一番寒かったですが、例年2月の上旬に寒さのピークを迎えている事から、今年も2月上旬が寒さのピークとなりそうですね。

 

寒さのピーク~西日本・関西・山陰・山陽


東日本と同じく例年通り、2月上旬頃が寒さのピークとなりそうです。

 

寒さのピーク~九州・沖縄


2018年シーズンは記録的な暖冬となった、沖縄奄美地方ですが、南国鹿児島も、最低気温は2019年2月1日が4.2度となっていて、1月下旬から2月の上旬が寒さのピークでした。
今シーズンの寒さのピークも2月上旬となりそうです。

 

今年の冬は雪どうなる?【地域別】

今年の雪は?~北日本・北海道・東北


昨年の記録的な少降雪に続き、今年も暖冬傾向の続く北海道・東北での降雪は平年並みか、少ない予報です。
特に昨年のオホーツク海側の降雪は統計開始以降もっとも少なかったのですが、今年も少なそうですね。

 

今年の寒さ~東日本・関東甲信越・中部・西日本・山陰山陽


今シーズンは日本海側で降水量が少なく、太平洋側で多い見込みですが、気温が高めなので、太平洋側で大雪になる可能性は少ないです。
日本海側では降雪量は平年より少ない見込みです。

 

これでバッチリ!冬の寒さ対策!


外は寒いけれど、家に帰ればほっこりと暖かい、そんな家に帰りたいですよね。
そこで100均で購入した商品で、簡単に保温が出来る方法をご紹介します!
アルミシートをカーペットの下に敷く
家の断熱で大事なのは、実は窓と床です。
床は底冷えがするので、100均で売ってるアルミシートをカーペットの下に敷くと良いですよ。
アルミシートだけでも床がぬくぬくと暖かくなります。
窓の結露を防ぐ
家の断熱対策で重要なのは、窓の結露を防ぐ事です!結露対策にはプチプチシートや断熱シート、発熱シートを貼るのがおすすめです。
100均で梱包に使うあのプチプチを買ってきて、窓に貼るだけで断熱効果が期待出来ますよ。

 

まとめ

ウェザーマップ さくらチーム on Twitter
“🌸本日、ウェザーマップの第一回さくら開花予想を発表しました🌸全国トップ開花は高知・福岡の3/21、東京は3/22の予想となっています! 暖冬の影響で休眠打破が鈍いものの、今後も気温が高めの傾向が続くため、早めの開花の所が多い見込みです。詳しくは ”


2019年9月の段階では、暖冬になる原因のエルニーニョ現象も、寒さをもたらすラニーニャ現象も今シーズンは発生しない見込みです。
とはいえ地球温暖化の影響なのか、今シーズンも暖冬傾向にありますね。
降雪量は全体的に少なく、日本海側で降雪量が少ない年は、太平洋側で降雪量が増える傾向がありますが、気温が高めなので、関東が大雪になる可能性は少ないでしょう。ただ、油断は禁物ですよ。
窓や床の断熱を、安く簡単な方法で実行してみて下さい。
快適な冬が過ごせますように…

コメント

タイトルとURLをコピーしました