インフェクション230話最新話ネタバレ・考察感想まとめ「山田の決断!」

インフェクション

激しく続く秋保での戦い。

神城やながみんはピンチに陥る中、山田と関は進化生物・明石と戦いを繰り広げ…。

インフェクション229(前話)はコチラ

 

インフェクション230話ネタバレとあらすじ

ながみんの不利な状況を悔しそうに見る紗月。
するとながみんの心理だけでなく、周りの人々の心の声が次々と響いてきます。
その多くが、現在の不利な状況への絶望感であり、紗月は押し寄せる声に呆然としていました。

山田は関の作戦のため、明石を誘き寄せます。
そして一度転んだかに見せて、明石の攻撃を直前で避けて反撃。
明石はそれに恐怖を覚えたかと思うと、新たに髪の毛を武器として使用して再び山田は逃げ出します。

するの関は、2台のブルドーザーを使い、明石を挟み込みます。
さらにその空間でガスボンベを爆破させ、明石を葬ろうとします。

しかしもう少しで、明石を押し込めません。
山田が近くで確認すると髪の毛も使用して、明石は防御しています。

関は作戦をやり直そうとしますが、山田は関にお礼を伝えてそのまま何かをしようとしますが…。

インフェクション230話感想と考察

今回は、紗月が今の現状を悩みつつ、明石と戦う関と山田の戦いが描かれた回です。
特に明石を打倒するための関の作戦や、謎の山田のセリフには色々考えさせられたストーリー。
山田の決意の表情は、この先が気になります。

とりあえず紗月は、周りの人々の心が読めるのがはっきりしました。
情報エネルギーの力の1つだと思いますが、まだ紗月は特殊な力を自由には操れない様子。
以前発揮した、みんなの怪我を治した力は使えないようです。

今は悩んでいる最中の様ですが、紗月の本当の力が発動すれば一気に状況は終わりそう…。
そう考えると見た目ほど追い詰められて感じなので、ここはちょっと様子見でしょうか?

それに対して明石と戦う関と山田は、山田が大きな決断をしたようです。
関の作戦はかなり秀逸。
なんとブルドーザーで敵を挟み、爆発させたボンベの衝撃を逃がさす明石を倒すというものです。

ただ、明石がさらに強くなり爆発を防げる防御力を手に入れた様子。
それに対して、山田が打開策を考え出した様ですが、死亡フラグとも思える発言。
ガスボンベを見つけた後、関に「ありがとな」と言うなんて、どんな行動をするのでしょうか?
自爆系の行動にしか思えないのですが…。

また前に、大きな動きを見せた後、晴輝の行動が描かれていません。
ここまで動きがないのは、恐らく今の戦況をひっくり返す様な気がします。
もしかすると、ながみんや神城、山田たちがピンチになった時に戦場全体の情報エネルギーを無効して、下手をしたら進化生物を全て人間に戻すくらいしそうな予感です。
まだしばらくは、各個の戦いが描かれそうですが、晴輝の新たな力がどの様なものなのか非常に興味深いです。

そしてまだ先になりそうですが、4人の情報エネルギーを扱う人物が明らかになったので、4人がいつ集まるかに期待です。
それが晴輝の母を倒すきっかけになりそうなので、母親の目的が分かるとともに、この事件をどう終わらせるのか非常に楽しみですね。

とりあえずこの戦いがどうなっていくのか、もうそろそろエロシーンも見たいと期待しつつ、楽しみにしたいと思います。

 

インフェクション231話の展開の予想

次回はもう少し、隔離地域の戦いが続くと思います。
山田と関、紗月とながみん、神城の3つの場面のどれかの続きになると思いますが、恐らく次は今回描かれなかった神城中心に進むと予想しましす。

身体が変化しているため、人間の脳の限界が来た神城が何かしらの決断をしそうです。
神城は轟に負けるという決断をするとは思いにくいので、恐らくは自殺まで視野に入れて脳の限界を超えての行動をするのだと思います。

また紗月や山田たちの行動も、少しずつ描かれそうです。
どちらも自分の身を犠牲にしてでも、大きな決断をしそうです。
そんな人間ドラマが見られるのではないでしょうか?

恐らくそれぞれのキャラクターたちの場面が煮詰まったら、晴輝がそれらをフォローする大きな力を発動させそうな予想。
とりあえずしばらくは、それぞれのキャラクターの魅力が表現された話が続きそう。

他にも細かく気になるキャラクターたちがいますが、恐らく今の状況の区切りが悪すぎるので、もう少し今の戦いになると思われます。
とりあえずラストに向けて大事な戦いになるので、注目して見ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました