アルキメデスの大戦216話最新ネタバレと考察感想まとめ『休憩』

漫画


 
2020年5月11日発売「週刊ヤングマガジン」掲載の『アルキメデスの大戦』のネタバレ・あらすじ情報です。
米国本土に近い領土を手に入れる絶好の機会だと、北方諸島と南洋諸島の交換を了承した連合艦隊司令官の山本五十六。
航続距離が短い日本の艦隊を、米軍の監視が手薄な北方ルートでハワイまで空母を主力とする機動部隊を進行させて、艦載機による奇襲攻撃と、超大型戦艦「大和」の艦砲射撃での猛攻。
山本は瞬時にハワイ攻略作戦が完成させると、

一度は手放した南洋諸島もハワイから北西の補給路が断ってから取り返せばいいと、

北と南の両方を制する全く新しい戦略を嶋田たちに提案します。
海軍は櫂の申し出を受け入れました。
櫂は戦争回避のためのプランが山本に利用されたと思いつつ、次の難題「大和」売却への説得に気を引き締めるのでした。

 

・アルキメデスの大戦前話(215話)の詳しい内容やあらすじはコチラ↓↓

アルキメデスの大戦215話最新ネタバレ・考察感想まとめ 『山本の腹案』
 2020年4月27日発売「週刊ヤングマガジン」掲載の『アルキメデスの大戦』のネタバレ・あらすじ情報です。米国との戦争を回避するため、政府首脳と陸海の重鎮に対して、南洋諸島と北方列のアリューシャン列島の領土を交換して“国会百年...

 

 

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

↓↓↓コミックで読みたい方は必見!!せっかくならお得に読もう!↓↓↓

U-NEXTなら31日無料トライアルのポイント600円分で、ほぼ1冊分実質無料で読める!

 U-NEXTはコチラ

 

 

 

 

 

アルキメデスの大戦:216話 休憩 最新話ネタバレとあらすじ


北方と南洋による各諸島の交換を軍が了承したことで、会議の場である荻外荘では一旦休憩の時間となりました。
一服する海軍の控え室。
呉鎮守府の嶋田中将は、山本のハワイ攻撃という大胆な策に内心驚いていました。


南洋諸島を放棄しても西太平洋制覇という目標ならば省内の理解は得られるとしながらも、猛反発を受けた場合は責任を全て山本に押し付ければ良いとも考えています。
その山本はハワイ攻撃の材料が全て整ったと、

自分に運が向いてきたことに満足気の表情です。
その様子を見る櫂は、山本のハワイ攻略には当然「大和」も組み込まれていると推測し、日米最後の合意事項となる「大和」売却が一層困難になると考えています。


一方、

陸軍の控え室では、米軍の軍門に易々下ったと東條中将は交渉に当たった牟田口を非難します。
それでも牟田口は最後の合意事項を海軍が呑まないと踏んでいます。
また、それを聞いた陸軍大臣の畑も海軍が合意事項を壊してくれたら有難いと楽観視しています。


しかし、東條だけは違いました。

二人とも甘い!


櫂がいかに旗弁を弄して説得をしてきても、最後の事項だけは何としても承認を防ぐつもりです。
そのこと尾崎邸で特高警察の藪本から聞き取りを終えた鏡子。
「若くて大柄でハンサムな男」という質問で、アメリカのスパイ容疑として焼身自殺したマキコと櫂の出会いを思い出した鏡子は、藪本の探している男が櫂だと直感しました。
しかし、櫂がスパイであるわけないと鏡子は思い悩むのでした。


一方、鏡子からも尾崎邸からも何の手掛かりを得られなかった藪本でしたが、

むしろ鏡子の無表情から逆に思い当たる男がいるのではと考え出しました。
すると、部下から櫂とマキコが尾崎邸で初対面をしていた事実が報告されてきました。
外見的特徴も、若くして主計局の中佐であることも、

尾崎邸の女中からの話で櫂に間違いようです。
また櫂が以前鏡子の家庭教師をしていたことも明らかになりました。
特高は、櫂が尾崎邸でマキコと知り合い、女の深みにハマりを機密情報を渡したと推測したようです。


櫂を連れてくるかは上司の判断を仰ぐことになりますが、

スパイを捕まえたと静かに語る藪本は、海軍中佐でありながら情報を渡した裏切り者の売国奴に対して、全てを吐かせた上で必ず死刑にしてやると決意します。
その櫂が出席する荻外荘の会議では、牟田口から最後の報告が発表されます。
最終項目の承認が得られたら日米和平協議が合意です。
「超大型戦艦を米軍に売却する」
遂に賽は投げられました。

 

アルキメデスの大戦:216話 休憩 感想と考察


「荻外荘」は近衛公麿の別邸で、

建築は明治神宮や築地本願寺の鬼才・伊東忠太の作品。
私邸でありながら、

実際の歴史でも日独伊三国同盟や近衛自身の内閣総辞職の会議がされた重要な場所でもあります。
公共施設の会談でなく私邸を使うあたりが、非公式で表舞台に出てこない、

櫂という架空のキャラクターを上手く生かしているような気がします。
名前の由来ですが、東京都世田谷の「荻窪」から一部土地が飛び出しているので

「外」だとか。
今回は「大和」売却の攻防を巡る前の嵐の静けさというべき、まさに小休止でした。


ハワイ攻略に風は自分に吹いている、オレの時代キター!的なご満悦の山本を見て、

櫂は「大和」売却の説得がしにくいと感じています。
そんな櫂にまだ未練がある様子の鏡子。
「別れても好きな人」とでも言うのでしょうか、櫂に限ってスパイでは無いと思いつつも、マキコと繋がっていた可能性をあれこれ思案して悩んでいました。
とはいえ、この物語の事の発端は、マキコの奸計で櫂が家庭教師をクビになったところから始まる訳で、何を今更と思う気もしますが女心は複雑です。
 

 

アルキメデスの大戦:216話 展開の予想


今回明らかになったのは、思いのほか東條が櫂を敵視していたことです。
恐らくは櫂が何を言おうと絶対反対でしょう。
そして「大和」売却に対しては、山本が猛反発するのは火を見るよりも明らかです。
特高の解釈は明らかに間違いです。
むしろ快楽に溺れたのはマキコの方で、ダブルスパイとして櫂に米軍の情報を渡していましたが、マキコが自殺した今となっては、それを証明する人は誰もいません。
陸・海両軍を敵に回し、これに特高から売国奴だとスパイの嫌疑をかけられたら、

さすがの櫂も八方塞がりです。
櫂は絶対に合意をさせると意気込むものの、

既に孤立無援で説得する様子が目に浮かびますが大丈夫でしょうか?

 

 

 

 

U-NEXT〜日本最大級の動画サービス〜
31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

↓↓↓コミックで読みたい方は必見!!せっかくならお得に読もう!↓↓↓

U-NEXTなら31日無料トライアルのポイント600円分で、ほぼ1冊分実質無料で読める!

            U-NEXTはコチラ

 

 

人気漫画「インフェクション」を無料でお得に読む方法は

電子書籍を利用することで無料でお得に読むことが出来るのです。

 

おススメ電子書籍はコチラ↓↓

U-NEXT 初回無料登録で600ptもらえるよ
FOD 初回無料登録+月間最大1200ptもらえるよ
eBookJapan 初回無料登録で50%offクーポンがもらえるよ
まんが王国 初回無料登録で半額クーポンがもらえるよ
いつでも書店

最大1か月無料体験

(継続の場合、毎月3000pt還元)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました