源君物語349話のネタバレ感想 今までのヒロインたちとの交遊録も作成してみたよ

漫画

 

源君物語最新話349話で後述するけど、

連載8年の中で主人公、源光海が経験してないことがあるというので、

いままでのヒロインたちとの交遊録を作成してみました。

年齢は初登場時のものです。作中ではすでに1年以上経過しています。

 

源君物語の今までのヒロインたちとの交遊録

 

1 藤原香子(29)

 

光海の叔母だが、光海に女性になれさせようとするために、かなり最初の段階から

キスや胸を吸わせるなど、相当ギリギリなことをやっている。。。

 

2 桃園朝日(21)

 

初デートの映画館で手をつなぐ、キスをする、

朝日の自宅で押し倒そうとするなど光海の早まった行為でいったんは拒絶される。

 

3 桐山葵(24)

 

前回の記事に詳しく書いてます!!先週の記事を読んでくれ!!今後の動向も楽しみだ!!

 

参考記事:

源君物語348話のヒロイン・桐山葵ってどんな女性?ネタバレ感想まとめ
 前回の347話で葵さんと六条先生のカーレースの火蓋が切って落とされたことで、読者に衝撃をあたえましたね。六条先生はことあるごとに登場していますが、葵さんが話の中心になっていたのは単行本でいうと2巻と3巻です。つま...

 

4 花田千里(18)

 

専門学校生とはいえ、初登場時は未成年でびっくりしたぞ!!なんと4人目にして花田さんの男性恐怖症を克服するためとはいえ、光海とは普通に恋愛して経験することとなる。

 

5 六条美也(25)

 

以前の記事に詳しく書いてます!!興味がある人は読んでくれ!!初登場から現在までずっと光海を監視しているため、源君物語の準レギュラーポジションとなっている。

 

参考記事:

源君物語347話ネタバレ・感想と今回のヒロイン、六条先生を考察してみた
  前話である346話は今までのほぼすべてのヒロインが登場した源君物語ですが、正直今週の展開はまったくの予想外の方向にいってしまってびっくりしました。今回のヒロインは久しぶりの六条先生でした。今回のといっても、本作...

 

6 小若紫亜(10)

 

性的欲求だけではなく、美しいものをそばにおくという、少女の良さを理解するために香子さんからあてがわれた女の子。

 

7 瀬見伊予(27)

 

なんと事実婚に近い彼氏がいるという設定。光海も初の不倫体験である。。。

 

8 常夏夕(22)

 

7巻から9巻までと出番も多く、光海ともかなり充実した恋愛関係を築いていた。六条先生の策略もあって破局することに。。。

 

9 末摘華(20)

 

声優志望ということで、ゲームのシナリオに沿った光海とのプレイだったが、スイッチが入った華ちゃんのアドリブが大暴走!!以降も何かとストーリーの火種をつくるまさにFirestarterといっていいだろう。。。

 

10 源内典子(年齢不詳)

 

なんと光海は4日間連続源内先生の家に滞在して行為におよんでいたという描写がある。何が行われていたのかは現時点で明かされていない。。。

 

11 玉鬘るり(18)

 

高校在学中ということもあり、コンプライアンス的な観点から光海の毒牙にはかからなかった。進学した今、今度が楽しみな存在と言えよう。

 

12 朧月子(22)

 

朝日の親友というポジションなのに、光海と朝日より早く経験してしまうという、今後のストーリーの要になることは必死であろう。。。

 

13 三宮乙女(14)

 

光海に好意を寄せるもののやはり年齢的な制約から光海の毒牙にはかからなかった。しかし将来の光海の一番を目指すという、期待のホープである。

 

14 明石夢告(18)

 

最新ヒロインにして野外プレイなど、夏休みを利用して昼夜場所構わず光海と行為におよぶ、まさに最終兵器ヒロインである。

 

上記を踏まえた上での348話のあらすじと最新話349話の感想です。

 

源君物語348話のあらすじ


葵さんと六条先生の光海を賭けた公道レースは、葵さんが道路に堆積した落ち葉の場所を把握したコーナリングで葵さんの完全勝利に終わった。

そのころ、光海たちが右往左往している間、香子さんは自分のマンションに帰っているとの知らせが入る。

マンションに帰ると、香子さんはおかえりといって光海を迎え入れた。。。

 

いったいいままでどこに行っていたんだと光海は思ったが、とりあえず香子さんが帰ってきたことにほっとする。

占い郷での夢告とのことを香子さんに報告する光海。

しかし香子さんは怪訝な表情だ。。。

「なぜ一度も自分の性器を女性に舐めさせないんだ?」

香子さんはなにを突然言いだすのだろうか。。。少し前まで最終回に向けたと思われる郷愁的な展開だったじゃないか。。。

香子さんはいままで光海は経験した女性全ての女性器を舐めているのに、自分のを舐めさせてないことにいきどおりを感じたのだった!!

「。。。。。君にはまだ私の指導が必要なようだ」

香子さんの教育的指導がはじまる。。。。

感想

少し前まで最終回を思わせる展開だったけど、ああ、終わらないなと思った読者も一息ついたでしょう。

次回は光海がいままで本当に口でしてもらっていないのかの調査も企画しています!!書けたらね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました