キングダム622話ネタバレ・考察まとめ~朱海平原の戦いクライマックス~

漫画

「キングダム」622話ネタバレ情報です。
2019年11月21日発売の「キングダム」のネタバレ・あらすじ情報です。

「朱海平原の戦い」の戦いもついにクライマックスに近づいてきました。
趙(ちょう)軍の大将である李牧(りぼく)まであと一歩まで近づいた飛信隊でしたが、突如3大天の1人である龐煖(ほうけん)が出現。
その場を混乱に陥れます。
そこに現れた羌瘣(きょうかい)。
己の全てを使い戦いましたが、龐煖の狂気のような戦いに敗れました。
そこに信が登場。
龐煖と信の因縁の戦いが始まります。

 

「キングダム」622話ネタバレとあらすじ

 

龐煖と信の戦いの場所にたどり着いた尾平たち。
仲間の去亥の亡骸を見て涙を見せます。
そこに羌瘣を抱えてたたずむ信。
尾平に羌瘣を任せて、龐煖に向かって行きました。

そして龐煖に
「お前はなんなんだ」
と叫び、龐煖に殺された王騎や麃公(ひょうこう)の姿を思い浮かべました。


しかし、龐煖からは返事はなく信の持っている王騎の矛から王騎を想像し、

顔に血管を浮かべた狂気の表情で叫びました。

その叫びには敵味方の馬が混乱。
龐煖は矛のすさまじい攻撃を繰り出し、なんとか防御した信を吹き飛ばしています。
その一撃は、周りの飛信隊のメンバーを心配させるほどの一撃でした。
吹っ飛ばされつつ、何とか体制を整えた信。
龐煖は更に追撃を行い、近くにいた趙兵を切り裂きながら信に攻撃しました。
信は何とか防ぐも、そのすさまじい攻撃に周りの全ての人間は目を奪われたのです。

 

それを見ていた、趙の剣士であるカイネ。
李牧に龐煖の事を尋ねます。
李牧はそれを冷静に眺め、龐煖の事を
「我々人の代表です」
と話します。
それをカイネや周りの兵士たちは、不思議な表情で眺めていたのです。

 

「キングダム」622話感想と考察

信と龐煖の戦いが始まりました。
信は死をも覚悟して龐煖に向かっている様子。
龐煖の攻撃は明らかに人を超えているように見えますし、信は一撃を受けただけで飛ばされました。
戦場の空気を変え、仲間にも恐れられる存在ですし激しい戦いの予感がします。

信が勝つと思うのですが、どうすれば人を超えたような龐煖に勝つのかが気になります。
その辺りで信が王騎を超える本当の将軍への道が見えるのではないでしょうか?

 

「キングダム」623話の展開を徹底考察!

 

次回623話は李牧による龐煖の説明でしょうか?
正直、龐煖が人の代表と言うのは理解しにくい言葉なので、回収は必要かと思います。
その後は信と龐煖の戦いが行われるでしょう。
龐煖は王騎にいまだに捕われていて、信の持つ王騎の矛に過剰に反応しています。

はたしてその状態の龐煖に、信がどの様に戦っていくのかが今後の焦点です。
明らかに普通の状態に見えない龐煖に信は勝てるのでしょうか?
その辺りが次回で見られると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました