「七つの大罪」313話ネタバレ・感想まとめ

漫画

「七つの大罪」313話ネタバレ情報です。
2019年6月5日発売の「七つの大罪」のネタバレ・あらすじ情報です。

 

 

「七つの大罪」312話(前話)までのあらすじ

 

魔人王を倒したのもつかの間。
今度はゼルドリスの体を使い、魔人王が再び復活してしまいました。
魔人王がゼルドリスの体になじんでしまうと、魔人王が完全復活して
しまうとの事。
大罪達はそれを防ぐ為、再び動き出したのです。

 

 

「七つの大罪」313話あらすじとネタバレ


エスカノールとホークは、王や騎士団に魔人王復活の報告が終了しました。
ホークは更に母親にも報告に行きます。
エスカノールは疲れた様子でしたが、それだけでなくせき込み吐血を…。

 

エスカノールは血を吐いたまま、天界のマエルに
「お願いします。もう一度…力を貸して下さい」
「手遅れになる前に!」
お願いをしています。

 

ホークは母親に報告。
母は乗り気でなく
「間もなく王が誕生する…」
とホークに伝えるのみ。
ホークは『魔人王はもう復活している』と怒って暴れていました。

 

一方、メリオダスはエリザベスと魔人王であるゼルドリスの元へ向かっています。
魔人王は魔力の回復の為、魔力の湖にいるとの事。
二人は魔人王の完全復活を防ぐ為に急ぎます。

 

(メリオダスの回想)

メダリオスが魔界を出て行った時の話です。
メリオダスが、エリザベスのために魔界を出ていくと宣言。
ゼルドリスも吸血鬼のゲルダと一緒に来るように誘うも、ゼルドリスは怒って拒否。
「次に会った時は敵同士だぞ」
とメリオダスに向かって言います。
その時のことをメリオダスは、今頃とはいえ後悔していました。

 

魔力の湖では魔人王がメリオダスとエリザベスを待っています。
その精神世界ではゼルドリスが起きており、身体を返すように叫ぶもその前には、恋人のゲルダの姿が…
しかし、本当のゲルダはメリオダスが昔に殺してしまっていると言います。

しかし、魔人王はゲルダとゼルドリスの仲を許したと…。
ゼルドリスは、一瞬ためらうもゲルダと涙を流して抱き合いました。

その後、メリオダスとエリザベスは魔人王のもとへ到着。
湖の上で向かい合ってにらみ合っていたのです

 

 

「七つの大罪」313話感想と考察


伏線が沢山見られ、色々考えさせられる回でした。

まず、エスカノールの吐血。
以前もあったのですが、時間がないとの事で病気である可能性が高いです。
次にホーク母の発言。
それも復活でなく誕生との事で、魔人王とは違う恐ろしいものが生まれる可能性が高いです。

それにゼルドリスの恋人であったゲルダが、精神世界とは言え再登場です。
これは魔人王によって作られた偽物の可能性が高いですが、ゼルドリスに内側から反抗させない為には効果はあった様子。
このままゼルドリスは魔人王に体を明け渡してしまうのでしょうか?

様々な不安を残したまま、メリオダスと魔人王の戦いが始まります。
この戦いの先には何が待っているのでしょうか?
非常に楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました