「七つの大罪」316話ネタバレ・感想まとめ「バンの神器の力が…!!」

漫画

2019年6月26日発売の「七つの大罪」のネタバレ・あらすじ情報です。

ゼルドリスの体を使い復活した、魔人王はメリオダスとエリザベスと戦い

一進一退の状況が続きます。

 

一方、バンたちはインデュラ対峙。
幼体をブリタニア中に放ったインデュラに対抗するため、

バンがついに神器を手にしました。

 

「七つの大罪」316話ネタバレとあらすじ


キングやマーリンはインデュラの幼体に攻撃。
ディアンヌとゴウセルは遠距離の敵には攻撃出来ず、ブリタニア中に散らばったインデュラの幼生の数に困っています。
その時
「ここは俺に任せとけ!」
と言ってバンが神器『聖棍クレシューズ』を持ってインデュラの幼体に

立ち向かっていきました。

 

クレシューズはヌンチャクの様な武器で、
「ホオウ!」
と叫びながらヌンチャクさながらに振り回すバン。

その力でブリタニア中に散らばった、数千のインデュラの幼体を倒してしまいました。
(町で人を避けて、インデュラの幼体のみ攻撃しているシーンも有り)

 

しかし、
「久しぶりで勘が鈍っているわ」
と言ったバン。
一匹逃してしまったとの事です。

そこにインデュラの成体が襲いかかってきます。
大罪達は、各々の必殺技でインデュラにダメージを与えて行きました。

一方、リネオスでは魔物との対決の真っ最中。
先程逃したインデュラの幼体が、リオネス軍と戦っていました。
ハウザー、ギルサンダー、グリアモールは合体技『六角の墓場』で敵を倒そうとするも、インデュラの幼体は舌の出す様な攻撃で軽々破ってしまいます。
そして、倒れた3人にインデュラは攻撃。
間一髪の所、目の前にはエスカノールが盾を持って助けに現れました。

エスカノールはマエルに太陽の恩寵を返してしまっている為、
「今のあんたにこの化け物は倒せねえ」
と言うハウザー。

 

しかし、
「それでも、僕は一人おびえて隠れているわけにはいかない」
と言うもエスカノールは同時に血を吐きます。
インデュラの攻撃は盾を貫通しており、エスカノールの腹部にはダメージがあったのです。

しかし、
「僕にはもう時間が残されていません」
と言い、短剣を抜き放ったエスカノール。
「七つの大罪傲慢の罪、エスカノールいざ参る!」
と言って、インデュラの幼体に立ち向かっていったのです。

 

「七つの大罪」316話感想と考察


今回は、バンの神器を初めて使った回です。
ブリタニア中の敵をピンポイントに倒してしまうバンの力は、もう反則なのではないでしょうか?
ただ、数千のインデュラの幼体を倒しながら何故か一匹のみ理解して倒せなかった理由が不思議です…。

その一匹はリネオスに行き大暴れ。
ハウザー達を簡単に破ってしまっており、大罪達の強さが改めて感じられました。

そこに現れた傲慢の罪、エスカノール。
彼は恩寵をマエルに渡してしまっており、更に血を吐く病にも侵されてしまっているようです。
この状態でエスカノールは戦えるのでしょうか?
次回が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました