キングダム612話確定ネタバレ・考察まとめ 金毛軍による慶舎の敵討ち

漫画

「キングダム」612話ネタバレ情報です。
2019年8月29日発売の「キングダム」のネタバレ・あらすじ情報です。

秦による趙攻めである朱海平原の戦いは、決戦の15日目に入っています。
戦いの鍵を握ると言われている秦軍右翼。
そこに属する飛信隊は趙中央軍に突入し、李牧を打ち取るために進軍していきます。
しかし、その途中に信の打ち取った慶舎の仇を取ろうとする金毛軍が立ちはだかりました。

 

 

・キングダム612話(前話)の詳しいあらすじはこちらから↓↓

キングダム611話ネタバレ考察まとめ 李牧を打ち取るために
「キングダム」611話ネタバレ情報です。2019年8月22日発売の「キングダム」のネタバレ・あらすじ情報です。秦による趙攻略のための戦いである「朱海平原の戦い」が決戦の15日目に突入。様々な箇所で白熱し戦いが続いています...

 

 

「キングダム」612話ネタバレとあらすじ

 

 


戦いの場は中央軍になります。
倉央軍の副将糸凌は李牧を打ち取るために前進。
李牧のいる本陣まであと一歩まで迫りました。

 

しかし、そこに突如趙の三大天である龐煖が現れました。
それに驚くその場の両軍の兵士。
龐煖は古傷を押さえその場で
「ヴおおおお」
と叫び声を…。

 

 

その声は、周辺の馬までも混乱させる恐ろしい声でした。
その後、その場にいた兵士に李牧の居場所を聞いた龐煖。
戦場に興味無さそうに去って行き、倉央軍の副将糸凌も状況を察して退却していきました。

そして、李牧と対峙する龐煖。
「答えをもらいに来たぞ」
と龐煖が言うと
「ええ、分かっています」
と李牧は返事を…。

そして、李牧は
「我々が初めて会った時に交わした約束」
「その約束を果たす日が今日です」
と宣言。
龐煖にこの戦場に答えを持っている人物がいる事を説明して、その後ろに信が映し出されていました。

 

一方戦いの場は、右翼の飛信隊と金毛軍との戦いに。
金毛軍内には李牧軍もおり、起こりの戦略で飛信隊を翻弄。
戦いはこう着状態にはなっていました。

 

 

その戦いを遠くで眺めていた亜光と亜花錦。
飛信隊の戦いの重要性を理解し
「あやつらが抜けて、李牧を挟撃できねば価値はない」
と言った亜光はある決断をしました。
なんとその場にて趙軍の馬南慈を押さえるべき軍の半分を亜花錦に託し、飛信隊の援軍に向かわせました。

 

 

 

そして、また新しい展開を見せる戦い。
はたしてますます激しくなる朱海平原の戦いは、どうなっていくのでしょうか?

 

 

 

「キングダム」612話感想と考察

 

ついに趙の三大天である龐煖が戦場に現れました。
良く考えるとこれほどのオーラを持った人物が、急に戦場に現れたのには驚きましたが、これも漫画を盛り上げる演出なのでしょうか?
趙の三大天である龐煖が山に籠り、仙人のような人物なので気配を消せる能力でもあるのでしょうか?

一方、飛信隊は金毛軍と激しい戦いが続いています。
金毛軍は脇役にも見えたのですが、中々手強い敵の様子。
もしかすると、飛信隊の疲労や空腹も影響しているかもしれません。
しかしそこにトリッキーな将軍亜花錦が援軍に…。
また新しい展開が見られそうです。

はたして、飛信隊はここを突破し、趙中央軍に突入できるのでしょうか?
そして龐煖や李牧を打ち取れるのでしょうか?
非常に楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました