漫画・ぼくたちは勉強ができないの111話の感想まとめ!今後の展開も考察!

漫画

アニメも好評の「ぼくたちは勉強ができない」!!

理系と文系のダブルヒロインのマンガ!!と思いきや…。

 

本日は2019年の春アニメとしても放送中の「ぼくたちは勉強ができない」の原作マンガの111話のネタバレ・感想、そして今後の展開に考察してみました。

 

まずは全く知らない方のためにも一から簡単な解説です。

 

ぼく僕たちは勉強ができないのあらすじ

 

理系が得意な高校生、緒方 理珠(おがた りず)。

文系が得意な古橋 文乃(ふるはし ふみの)。

主人公の唯我 成幸(ゆいが なりゆき)はVIP推薦を目指す苦学生。

学園長から推薦の条件に、前述の二人を志望の大学へ合格させるための家庭教師をするように言い渡された。

しかし、 理珠は得意の理系の分野とは逆の文系の大学、

文乃もまた得意な分野と逆の理系の大学への進路を希望していたのだった。

 

登場人物

唯我 成幸(ゆいが なりゆき)   本作の主人公。高校生兼、理珠と文乃の家庭教師

緒方 理珠(おがた りず)    数学は満点も取れるものの、常に答えがひとつにならない現国の論文などが苦手

古橋 文乃(ふるはし ふみの) 文系は優秀だが、数学がダメダメな女の子

武元うるか (たけもと うるか) 水泳部の女の子。スポーツ推薦を目指すが、推薦の考慮事項に英語も加わってしまったため、成幸の教えを請うことになる。

桐須 真冬(きりす まふゆ)  成幸の高校の女教師、過去にフィギュアスケートの選手をやっていたことも。

小美浪 あすみ(こみなみ あすみ) 両親の診療所を継ぐため、医大を目指す予備校生。

登場人物はとりあえずこの6人だけ覚えておけば大丈夫です。

当然ほかにもたくさん登場人物はいますが、

ストーリーを作っていくのはこの6人+この6人の親族、友人であることが多いからです。

 

110話(前話)までのあらすじ

両親が診療所を閉鎖する旨の会話を聞いてしまい、成幸の胸で泣き崩れるあすみ。

場所は関係ない、患者を笑顔にすることを受け継げば、と成幸は言う。

それを立ち聞きしていたあすみの両親も、診療所を土日のみ営業にすることで

一件落着。あすみは礼にと、成幸の口元にキスをした。

 

最新話111話のあらすじと感想

最新話のヒロインは真冬先生でした。

真冬先生が家賃二万という、どう考えてもあやしいアパートを見学にいくというのを聞いた成幸は先生に同行することに。

アパートは本来は家賃十二万はするであろう豪華な作りだったが、部屋からラップ音や鏡に謎の手形がいくつもついている、まるで幽霊屋敷だった…。

そして部屋に首人形を持った少女まであらわれた…。

真冬がそれらに頓着しなかったこともあり、少女が自分はとなりの住人だとバラして

一件落着となった。

しかし、

不動産会社によればとなりには女の子なんか住んでいないと後日聞かされる…。

 

筒井先生はたまに、ホラーテイストの話も描きます。この話は少女が本当に幽霊かそれともいたずらなのか最後まで明かされないのが、今後の伏線かなと思っています。

 

今後の展開を考察

次回のヒロインはうるかであることが公開されています。

このことからもわかるとおり、現在は最初にいた二人のヒロインよりあとから出てきたヒロインたちの方が人気があるのです。

しかも現在の読者人気投票一位は、今週のヒロインである先生です。

こんなマンガ、今まであったでしょうか?

はっきりいって現時点では、全話のあすみと今回の真冬先生が二大ヒロインであることは間違いありません。

このままどちらかと卒業後に付き合うのか?それもいいような気がしますが、

同ジャンプのマンガ「ニセコイ」同様、ヒロインの「逆攻略」だけは覚悟して

読み進めましょう!

いかがでしたか?

ぼくたちは勉強できないは基本的にどこからよみはじめても困ることはない

マンガですので、

アニメを見て興味を持った方も是非。

コメント

タイトルとURLをコピーしました