「出会って5秒でバトル」119話①考察まとめ「人質オークション」最新ネタバレ含む

漫画

「出会って5秒でバトル」119話①ネタバレ情報です。

2020年2月27日「マンガワン」更新の「出会って5秒でバトル」のネタバレ・あらすじ情報です。

国会議事堂を占拠したX。
人質を取ってりんごをおびき寄せようとしています。
りんごたちは作戦を立て、議事堂に向かっていきました。
またXは万年青と関係のある人物。
担当の監視人からも注目され、特別な存在である様子も見られます。
はたして戦いはどうなっていくのでしょうか?

 

・前話までも詳しい内容を知りたい方はコチラもどうぞ↓↓

「出会って5秒でバトル」118話ネタバレ・考察まとめ「Xの能力とは」
「出会って5秒でバトル」118話ネタバレ情報です。2020年2月13日「マンガワン」更新の「出会って5秒でバトル」のネタバレ・あらすじ情報です。国会議事堂に人質を取って立てこもり、りんごを呼び出そうとするX。りんごも作戦を立て...

 

「出会って5秒でバトル」119話①ネタバレとあらすじ

あるニュース番組。
国会議事堂の事件の放送中、新しい情報が届きます。
その内容は、女性アナウンサーが目の色を変えるほどの内容でした。

その頃、Xは人質の写真を撮影。
そして、警官・教師・子供たち・政治家秘書の写真を撮り「人質解放オークション」と言って、クラウドファンディングを行います。
人質個人に寄付を募り、上位は解放するとの事でした。
つまりクラウドファンディングで人の価値を図ろうとしたのです。

一方、啓の父である燈夜は、己の立場を利用して事件の対策本部にいます。
そのトップと思われる人物を、能力で洗脳してまで事件の状況を詳しく手に入れようとしました。
そして、国会議事堂に自分も行くようなことを示唆し、戦いを見守る様子です。

その頃、ついにりんごたちの作戦が始動。
まだりんごの姿は見えませんが、香椎が一人でXのもとへ向かっていきます。
香椎は一気にXのもとまで行くつもりの様子。
足早に歩いて進んでいったのです。

 

 

「出会って5秒でバトル」119話①感想と考察


今回はXの驚くべき行動が見られた回でした。
まさか人質の命を比べるためにクラウドファンディングをするとは予想外…。
捕まえた警察も普通に人質に使うと思ったら、まさかのクラウドファンディングのメンバーにさせられました。

比べるメンバーが警察・先生・子供たち・政治家秘書とメンバーは少し極端にも思いますが、命の価値を考えるXのの方法は一理ありだと思います。
果たして結果はどうなるでしょうか?

またXのパソコンを操る腕も驚きました。
IPアドレスを偽装し警察の追跡を回避する腕も持っており、クラウドファンディングを含めて凄いなと思いました。
今の若者だからなのでしょうか?
その発想が凄いです。

また燈夜の介入が不気味です。
国家公務員の立場から対策本部にも介入し、更に宣教師の能力で対策本部のトップになってしまいました。
更に、議事堂に侵入も「必要ならやる」との入る気満々の様子もあり。
リンゴたちは燈夜たちの存在を知りませんし、Xとの戦いやその後において非常に怖い存在です。

そしてついに国会議事堂にりんごたちが登場。
先鋒は香椎のようです。
香椎は、北島のつられた男の能力を張り付けてもらっており、一度だけ地面に手を着けば無敵です。
一気に突き進もうとしているのは力を利用するのでしょうか?

ついに始まると思われる、リンゴたちとXの戦い。
燈夜が戦いの情報を容易に手に入れる位置なのが気になりますが、りんごの作戦も気になります。
そもそもXの罠がどんなものなのか分からない分、展開が予想できません。
そして、万年青と関係があると思われるXの正体も気になります。
どんな戦いが繰り広げられるのか非常に楽しみです。

「出会って5秒でバトル」119話②展開の予想


予想外に2話連続戦いの前振りが続きました。
119話はさすがにりんごたちとXとの戦いが始まるでしょう。
まずは気になるのがりんごの作戦。
それにより、Xの爆発能力を罠をどのように回避するのかが見どころだと思います。

ただいまいち爆弾を回避するの方法が思い浮かびません。
正直、獅子堂とりんごは他の人の能力を使用する能力なので、実際使う能力は
北島の「地面に手を着けば無敵」
能力と
香椎の「体液を拷問器具に変える」
能力です。
恐らく回避にはこの二つの能力が活躍すると思います。

また、Xの「価値がなくなったら爆発する」地雷能力が不気味です。
前回りんごが戦った時はなかった能力なので、それを果たして回避できるかも気になるところです。

まずはXとりんごチームの前哨戦。
りんごたちがXの罠をいかに突破するかが見られると思います。

 

Twitter / ?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました