CRISIS公安機動捜査隊特捜班【第5話】登場人物・あらすじ・ネタバレ・感想

ドラマ

「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」みなさんもうご覧になられましたか?

豪華な日本人キャストが揃い、1話からとても深く考えさせられる内容となっています。

国家を破壊しようと企むテロリストに対して、訳ありのメンバーで構成された公安のチームが立ち向かいます。

1話1話全てが深く考えさせられる内容となっています!

最後には国家の予想もできない行動にみなさんとても悔しい気持ちになり、誰もが続編を望むこととなるでしょう。

この記事ではキャスト、内容、感想をまとめています。

CRISIS公安機動捜査隊特捜班】登場人物

【稲見 朗役】小栗 旬

【田丸 三郎役】西島 秀俊

【吉永 三成役】田中 哲司

【樫井 勇輔役】野間 口徹

【大山 玲役】新木 優子

過去に何か訳ありではあるが、特定の分野においてかなり優れた能力を持つ人物のみで結成されたチームの5人。

この5人が秘密組織として国家を守るべく活躍する内容となっています、誰もが必ずみた事のあるキャストで構成されていて、この5人の組み合わせがドラマをより一層深みを帯びたものに作り上げています。

【CRISIS公安機動捜査隊特捜班】あらすじ

警視庁警備局長の鍛冶大輝(長塚京三)によって結成された特別チーム「特捜班」がテロリストや、裏の顔を持つ政治家など、社会の闇の問題を解決していく物語です。

社会に不満を持つ若者、権力を利用して悪事を行う政治家、テロリストなどの事件を追い、時には国家権力のよってみてみぬふりを迫られながらも社会を正そうと過去を乗り越えながら戦う5人が描かれています。

特捜班のメンバーは、皆何か人には話せない闇を抱えており、ラストに近づくに連れてメンバーの過去が事件解決の鍵となり1話からラストまで次々と繋がりが増え、ますます目が離せない展開となります!

【CRISIS公安機動捜査隊特捜班 ・第5話】ネタバレ

第5話は稲見(小栗旬)が刑務所に入っているシーンから始まります、私も最初はかなり驚きましたが潜入捜査のための様ですね!
稲見は牢獄の中でとあるヤクザの悪事を見つけるためにメンバーの1人に接触、自身の情報を偽り巧みに近づきます。

出所後もうまく連絡を取り、仕事がないということで事務所を紹介してもらう、その夜早速事務所の面接を受ける事になります。
面接は無事合格、しかし次第に稲見は自身を紹介してくれた刑務所で出会ったメンバーに親しみを覚える様になります、
その後事務所の他のメンバーから過去を捜索されかなり怪しまれるが、特捜班のメンバーが見事にカバーします。


稲見は捜査の報告の為田丸(西島秀俊)と密かにコンタクトを取ります。
田丸が過去に潜入捜査の経験がある為、精神が混乱していることを話す、話を聞く限り田丸も以前潜入操作で本当の自分を見失い気が狂いそうになったことがあるようでした。


その頃稲見の行きつけのバーでは、以前出会った女性が稲見と連絡が取れないと不安そうに登場します、バーの店員は稲見がその女性のことを大切に思っていると伝えます。

一方田丸は以前教会で話していた女性から呼び出される、用件は潜入捜査をしている旦那からもう辞めたいと連絡が入ったという物だった、しかし女性は旦那が帰ってくることを拒んでいる様で、田丸のことを愛している事がわかりました。
しかし田丸はうまく話を逸らし、旦那の潜入捜査継続を望みました。


後日稲見は大きな取引に立ち会う様命じられる、薬物の取引の様です。
特捜班は稲見のGPSから現場を追いかけますが、警察庁菅から今回の逮捕は見送るという連絡を受ける、上層部の何らかの事情により稲見の保護ができなくなりました、
しかし特捜班はメンバーのみで稲見の危険を避ける為バックアップに回ります。

しかし尾行がバレてしまい、稲見のことを見失ってしまいます、稲見もそれに気づきますが、後戻りできるはずもなく取引現場に到着します。
薬と現金の受け渡しが見事成功したと思われた瞬間、何者か二人組が取引現場にいたメンバー全員を射殺、稲見は先に気づき非難に成功しそのまま二人を拘束します、
しかしその頃には稲見以外の現場のメンバーはすでに死亡しています、自分を可愛がってくれていた刑務所で出会ったヤクザの先輩とは親しくなっていた為、稲見の感情は激しく動揺します。
そんな中特捜班のメンバーが現場に到着、田丸が稲見の状態に気づき稲見をなんとか食い止めます。
このシーンは本当になんとも言えない気持ちになり、誰もが田丸さんのファンになること間違い無いでしょう!

その後稲見は直接警察長官の元へ向かいます、稲見の流した情報によって国家の上層部の判断で今回の件が起こったと知ったからです。
警視庁官は殺された物たちは善人ではなかったから問題ないと口にします、その言葉に不満を隠せない稲見は、「もし私が国家に逆らったら殺しますか❔」と言葉を残しその場を後にしました。


しかしそんな話とは裏腹に、後日第2話で問題になった児童売春に関わった政治家の情報を長官自らマスコミに流しました。
稲見が直接話に行ったことで、1つ不正が暴かれた様です、この様子から長官は特捜班を大事にしている様子が感じとれます。

【RISIS公安機動捜査隊特捜班・第5話】感想

第5話ではついに特捜班の稲見が直接上層部の囮りとして利用されてしまいました、今回の回では稲見、田丸の過去が少し見えましたね、、
今後の展開にかなり大きく関わってきそうな過去な予感がしています!

少しづつ特捜班のメンバーの国家に対する不満がたまってきている様子も伺えますが、まだなんとか国家のためと割り切っている状態だと思います。
このままメンバーが黙って使われるということはないと思うので、ハラハラする展開になってきましたね。

ちょうど半ばの5話が経過して。次回からはほぼ後半の内容だと思うのでますます見逃せない展開となってきましたね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました