米コメディドラマ「フレンズ」第3話の あらすじ・ネタバレ・キャスト・感想・評価まとめ

エンタメ

第1話と第2話では、ロスとレイチェルが再会したり、ロスに子供が出来たり、レイチェルが元婚約者に会ったりと、盛り上がりを見せました。

第3話では、モニカの恋愛、チャンドラーの禁煙、フィービーの不思議な体験などが描かれています。

この記事では、米コメディドラマ「フレンズ」第3話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想、評価をご紹介します。

「フレンズ」第3話のキャスト

レイチェル/演ジェニファー・アニストン

本作のヒロイン的存在。

裕福な家のお嬢様。ルックスが良く、学生時代からモテモテ

 

キャスト…ジェニファー・アニストン

ジェニファー・アニストンは、この作品でブレイクしました。

レイチェル役にて、2002年にはエミー賞(主演女優賞。コメディ部門)、2003年にはゴールデングローブ賞(女優賞。テレビシリーズ、ミュージカルコメディ部門)を獲得しています。

プライベートでは、この作品の放映中にブラッド・ピットと交際し、結婚しました(※2005年に離婚)。

モニカ/演コートニー・コックス

レイチェルの親友。

世間知らずのレイチェルとは違ってしっかり者。シェフ。

 

キャスト…コートニー・コックス

「ファミリータイズ」「スクリーム」「クーガータウン」などに出ている美人女優。

フィービー/演リサ・クドロー

モニカの親友。ちょっと変わったヒッピー風の女性。

ホームレスになったことがあるなど、波乱万丈な過去を持っています。

 

キャスト…リサ・クドロー

アメリカの女優。

1998年にフィービー役でエミー賞助演女優賞(コメディ・シリーズ部門)を受賞しています。

本作以外にも、「ロミーとミッシェルの場合」など多数の作品に出演しています。

ロス/演デヴィッド・シュワイマー

恐竜学者。垢抜けないが、優しい青年。モニカは妹。

妻がレズビアンに目覚めたため離婚することに。

レイチェルに恋をしています。

 

キャスト…デヴィッド・シュワイマー

デヴィッドは、登場人物ロスと同じくユダヤ系の俳優。

「フレンズ」では演出も行っていました。

監督業やプロデューサー業にも進出しています。

チャンドラー/演マシュー・ペリー

モニカの部屋の向かいにジョーイと住んでいます。

格好悪いわけではないのに、なぜかモテません。いつもジョークを飛ばしています。

 

キャスト…マシュー・ペリー

アメリカの俳優。この作品で有名になりました。

近頃では、「セブンティーン・アゲイン」にも出演しています。

ジョーイ/演マット・ルブランク

俳優の卵。チャンドラーのイケメンルームメイト。

女好きのおバカキャラですが、温かい心の持ち主です。

 

キャスト…マット・ルブランク

マットは、「フレンズ」のスピンオフ作品である「ジョーイ」にも主役として出演しています。

近頃では、「マット・ルブランの元気か〜い?ハリウッド!」に主演し、ゴールデングローブ賞テレビシリーズ主演男優賞を獲得(ミュージカル・コメディ部門)しました。

「フレンズ」第3話のあらすじ(ネタバレ)

モニカの完璧な恋人

男運の悪いモニカ

彼女の今度のお相手は、アラン

 

友人たちは、新しくできた恋人に興味を持ち、会わせてほしいと頼みます。

でも、モニカは気が向きません。なぜなら、彼女の恋人はたいてい友人たちに不評だからです。

 

しかし、職場の同僚に相談して、気が変わるモニカ。

恋人を部屋に招待し、友人たちに引き合わせます。

 

彼が帰った後。

モニカは、恋人をズタズタにけなされると身構えますが、意外にもアランは大好評

笑顔が良い、モノマネが楽しい、完璧だ、大好きと賛辞の嵐です。

 

すっかりアランを気に入った友人たちは、アランと一緒にソフトボールの試合に行ったり、ボート乗りに行ったりして、彼との生活を楽しみ始めます。

 

しかし、肝心のモニカは浮かない顔。

モニカから見ると、アランは少し完璧すぎるように見えるのです。

 

そのことを友人に打ち明けますが、友人たちは、「そんなことはない。彼は素晴らしい」と答えます。

ロスは「彼が女性だったらな…」とつぶやき、チャンドラーに至っては「彼に抱かれても良い」と言う始末。

まるで、友人たちがアランと付き合っているみたいな状況です。

 

友人たちの評判は良いものの、モニカはもやもやが晴れません。

それに、モニカには恋愛感情が湧いてきませんでした。

 

モニカは、ついにアランと別れることを決めます。

 

モニカは、友人たちに別れることを打ち明けます。

友人たちは、激しくショックを受け、大きく落ち込んでしまいました。

 

その後、モニカはアランに別れ話をしに行きました。

アランは、話を聞いたあと、ちょっとホッとしたと言います。

モニカが理由を聞くと、彼は、「モニカといるのは楽しかったけれど、友人たちが苦手だったんだ」と答えるのでした。

チャンドラーの禁煙

チャンドラーは、友人の売れない俳優・ジョーイの演技練習に付き合っていました。

ジョーイは、タバコに慣れていないため、シリアスなシーンだというのにまるでコメディのような酷い演技です。

チャンドラーは、タバコの吸い方を教えるため、実演をすることにします。

しかし、それが運の尽き。

3年間も禁煙を続けていたというのに、タバコの美味しさを思い出してしまいます。

 

タバコの魅力に取りつかれてしまったチャンドラー。

彼はタバコをやめることができず、職場や喫茶店などで吸い続けます。

友人たちは、彼にタバコをやめるよう諭しますが、なかなかやめようとしません。

しつこく説得を繰り返す友人たち。

彼は、何度も繰り返される説得に、だんだん嫌気がさしてきてしまいました。

そしてある時、ついに「みんなにだって、欠点はあるだろ。なんで俺ばかり責められなきゃいけないんだ!」とブチ切れてしまいます。

そんなチャンドラーの様子に黙り込む友人たち。

 

しかし、やがて、モニカの「完璧な恋人」アランが現れます。

性格も何もかもが完璧なアランは、タバコをやめないチャンドラーのことも、すぐに説得してしまいました。

彼に言葉をかけられて禁煙を決意したチャンドラー。

彼は、ニコチンパッチの生活を始めることにします。

 

ところが、少しして、残念なことにそのアランがモニカと別れることに。

アランが大好きだったチャンドラーは、別れたことが辛く、またもやタバコを吸い始めようとします。

 

それを見ていたフィービーは、ソーダ会社からもらった7000ドルをあげるので禁煙してほしいと頼みます。

チャンドラーは、それを聞いて、禁煙を誓うのでした。

 

フィービーの不思議な体験

フィービーは、銀行の口座残高を確認してびっくり。

なんと、身に覚えのないお金が口座に入っていたのです。

そのお金の額は、500ドル(約5万円)。結構な金額です。

 

彼女は友人たちに相談します。

そして、このままもらっておくのはネコババしたみたいで嫌だからと、銀行に返すことにしました。

 

しかし、後日。

銀行にお金のことを知らせたら、お詫びの印として、500ドルとフットボール型電話が送られてきました。

お金は、はじめの500ドルと合わせて、1000ドル(約10万円)になりました。

フィービーは困惑してしまいます。

 

フィービーは、知り合いのホームレスの女性に、お金と電話をあげようと思い付きました。

さっそく女性を訪ねるフィービー。

フィービーは、いったん女性に受け取れないと断られてしまいます。しかし、お礼をもらうからと言って何とか説得します。

 

フィービーは、お礼の品としてソーダを買ってもらいました。

ソーダの缶を開けるフィービー。

しかし、なんとそこには親指が浮かんでいたのでした。

 

彼女は、ソーダの会社に親指のことを知らせます。

そうしたら、お詫びとして7000ドル(約70万円)が送られてきました。

 

不思議な出来事の連続に、戸惑うフィービー。

 

そんな時、チャンドラーが禁煙をやめると言い出します。

フィービーは、彼に7000ドルをあげて禁煙をしてもらうことにしたのでした。

 

※「フレンズ」は、基本的に、1話完結ものです。

そして各1話には、3つくらいのストーリーが流れています。

この記事では、そのストーリーごとに、あらすじを紹介しています。

「フレンズ」第3話の感想、評価

今回は、フィービー、チャンドラーの話が入っていますね。

主役6人の中でも一番のメインとなっているロス、レイチェルの話を第1話、第2話で描いたので、他のメンバーの話をここで入れてきたのかなという印象です。

フィービーの話は、フィービーの個性がよく出るストーリーとなっていると思いました。

 

第3話は、盛り上がった第1話、第2話のあとのちょっとしたお休みタイムみたいなものなのかも知れません。

第1話、第2話に比べると、派手さには若干欠ける内容かと思います。

でも、個人的には、こういった比較的地味かもしれない日常の話はとても好きです。いつも楽しく観ています。

 

あと、話のなかで、チャンドラーが他のメンバーの短所を指摘していますが、「フレンズ」はキャラクターの欠点も描いているのが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました