米コメディドラマ「フレンズ」第2話の あらすじ・キャスト紹介・感想・評価まとめ

海外ドラマ

第1話で、「いつかきみを誘っていい?」とモテ女子・レイチェルに尋ねた非モテ男子・ロス。

第2話では、なんとロスの元妻・キャロルの妊娠が発覚します。

いったいこの後どうなってしまうのか…⁉

 

この記事では、「フレンズ」第2話のあらすじ、キャスト、感想などを紹介します。

「フレンズ」第2話のあらすじ(ネタバレ)

レズビアンの元妻が妊娠!

職場の博物館で仕事をするロスのところに、元妻のキャロルが訪れます。

彼女は驚愕のニュースを持っていました。

なんと、彼女はロスの子供を妊娠していたのです。

 

キャロルは現在、女性の恋人と同棲しており、子供は二人で育てると話しました。

ロスが子育てに関わるかどうかは、ロスに委ねるとのこと。

 

突然のことに、ロスは戸惑ってしまいます。

さらに明日、赤ちゃんの超音波検査があると言われて、行くかどうか迷うロス。

 

翌日。

ロスは、赤ちゃんの超音波検査に訪れました

そこには、元妻の同棲相手であるスーザンも来ていました。

ロス、キャロル、スーザンの三人は、医師が来るのを待つ間、ぎこちなく過ごしていましたが、やがて子供の名前の話になります。

そこで3人は、意見が合わずに、口喧嘩になってしまいます。

ロスは、この特殊な家族関係の中にいるのは難しいと、部屋を出ようとしました。

 

しかし、そこで、超音波の機械から赤ちゃんの心臓の音が聞こえてきました。

思わずロスはベッドに近寄ります。

ロス、キャロル、スーザンの3人は、赤ちゃんの映像を見ながら、手を取り合い始めます。

レイチェル、元婚約者に会いに行く

レイチェルは、結婚式の時に振った婚約者に会う予定。

彼女は、返すつもりの婚約指輪をなくしてしまい、慌てふためきます。

すったもんだの末、ラザニアの中にあるのが見つかって、ひと段落。

 

そして、レイチェルは婚約者バリーのもとを訪れます。

歯科医であるバリーは、歯科医院で仕事中。

レイチェルは、バリーが日焼けしていることに気付きます。そこでバリーは、今、レイチェルの親友・ミンディと付き合っており、アルバ島に旅行に行ってきたことを話します。

彼は、植毛をして、怖がっていたコンタクトも使っていました。

そして彼は、「今は本当に幸せだ。レイチェルといたときは、幸せでなかった。」と言います。

 

レイチェルは、モニカの部屋に戻り、ミンディに電話をかけます。

レイチェルは、「付き合っていると聞いたわ。いいのよ。2人の幸せを祈ってる。でも、もし2人の間に子供が出来たら、バリーみたいに毛が薄くて、あなたみたいにデカ鼻よ」

と言って、電話を切ります。

ロスとレイチェル

ウエイトレスをしているレイチェルが閉店後の掃除をしています。

偶然居合わせたロスは、レイチェルの掃除を手伝い、話を始めます。

 

レイチェルは明日会う婚約者の話をし、ロスは元妻との子供のことを話します。

レイチェルは言います。

「人生って本当に複雑ね。高校時代のこと、覚えてる?あのころはいつか運命の人と出会って、結ばれて、終わりだと思ってた。こんなの想像もしてなかった」

レイチェルは、ロスの手に軽く頭を載せました

ロス&モニカ兄妹の家族

今日は、モニカの部屋に、母親と父親が訪問する日。

モニカは、殺気立っています。

なぜなら、モニカの母親は、何かあるとすぐにモニカをいびるからです。

 

そんなこんなしているうち、両親がモニカの部屋に到着しました。

母親は、早速、モニカの料理や掃除にケチをつけ始めます。

さらに、まだ結婚しないのかと言い始めて…。

父親は、小さなころの嫌な思い出を話し始めます。太っていたことや、友達がおらずひとりで遊んでいたことなんかを話し、モニカを苦しめます。

 

一方、ロスのことは母親も父親も王子様のように扱います。

モニカはロスに、「秘密にしていたキャロルの妊娠を早く話して!」とキレてしまいました。

 

ロスは、元妻がレズビアンであること、彼女が自分の子を妊娠していることを打ち明けようとしますが…。

「フレンズ」第2話で新しく登場するキャラクター・キャスト紹介

キャロル(演アニタ・バロン、ジェーン・シベット)

ロスの元妻。

結婚中に同性愛に目覚め、離婚。現在は、恋人スーザンと同棲中。

役者は、途中でアニタからジェーンに変わっています。

スーザン(演ジェシカ・ヘクト)

キャロルの恋人。

ジュディ(演クリスティーナ・ピクルス)

ロス、モニカの母親。

ロスを王子様扱いする一方、モニカをいびっています。

ジャック(演エリオット・グールド)

ロス、モニカの父親。

細かい妻とは好対照な性格で、おおらか。

バリー(演ミッチェル・ウィットフィールド)

レイチェルの婚約者。富裕な歯科医。

ミンディ(演Jennifer Grey、Jana Marie Hupp)

レイチェルの親友。レイチェルの結婚式で、「花嫁の付き添い役」をする予定でした。

第2話ではまだ姿は見えませんが、セリフの中に登場しています。

裸のブ男

モニカの部屋から見えるアパートに住んでいます。

ほとんどの回で、彼はセリフの中に出てくるだけです。実際にその姿が映されることはあまりありません。

「フレンズ」第2話の感想・評価

今回は、ロスの元妻がロスの子供を妊娠しているということが発覚する衝撃の回でした。

子供の名前をめぐって、ロス、キャロル、スーザンの3人がケンカになってしまいますが、赤ちゃんの心臓音を聞いて3人が手を取り合い始めるところではちょっと感動。

 

個人的には、レイチェルの「人生って本当に複雑ね。高校時代のこと、覚えてる?あのころはいつか運命の人と出会って、結ばれて、終わりだと思ってた。こんなの想像もしていなかった。」というセリフが良かったです。

最後に

第1話では、ロスがレイチェルにいずれ告白しそうな雰囲気がありました。
でも、第2話では、元妻が妊娠したり、レイチェルが元婚約者の恋愛にヤキモチを焼いたりなどしていて、そう簡単にはいきそうにない展開になってきました。

ロスとレイチェルの2人が、この先どうなるのか、気になるところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました