米コメディドラマ「フレンズ」【第6話】のあらすじ・ネタバレ・キャスト・感想・評価まとめ

海外ドラマ

第5話で、恋人ジャニスと別れたチャンドラー。

第6話では、魅惑の美女に一目惚れをし、デートに漕ぎつけます。しかし、その女性には夫と恋人がいて…!?

第6話では、そんなチャンドラーの恋愛の他、ジョーイの俳優活動や、モニカが綺麗好きを克服しようとする話などが描かれます。

 

この記事では、米人気コメディドラマ「フレンズ」第6話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想、評価を述べています。

米ドラマ「フレンズ」【第6話】のあらすじ(ネタバレ)

※「フレンズ」は、基本的に、1話完結ものです。

そして各1話には、複数のストーリーが流れています。

この記事では、そのストーリーごとに、あらすじを紹介しています。

チャンドラー、魅惑のイタリア美人に一目ぼれをする

ルームメイト・ジョーイの演劇を見に訪れたチャンドラー

彼はそこでオーロラという美しいイタリア人女性に一目ぼれをします。

さっそくナンパをしようとしますが、チャンドラーは自信がありません。

しかし、フィービーに「美人はよく、くだらない男と付き合ってる」と言われ、勇気を振り絞って声をかけに行きます。

その結果、見事デートの約束をとりつけることができました。

 

 

そして、デートの日。

2人は、楽しく色々な話をします。

ですが、彼女には黙っていたことがありました。

実は、オーロラにはがおり、さらに恋人がいたのです。

驚くチャンドラー。

チャンドラーは、「じゃあ、君は僕とどんな関係になるつもりなの?」と尋ねます。

それに対し、オーロラは、「体の関係」と答えました。

 

後日。

チャンドラーは喫茶店で友人たちにその話を伝えます。

それは残念だったわねと言うモニカ。

しかし、チャンドラーはその言葉を否定して言います。

「最初は俺もヤバいなと思った。でも、よく考えたらオイシイよ。彼女と遊んで、語り合って、セックスする。だけど、何の責任もない。夢のようだ。」

 

次の木曜日。

チャンドラーは、ベッドでオーロラと楽しそうに過ごしています。

ですが、オーロラはもう行かなきゃと言って離れてしまいます。

理由を聞くチャンドラーに、彼女は新しい恋人のところへ行くのだと答えました。

彼女によると、以前話した恋人の他に、もう1人新しい恋人ができたとのこと。

チャンドラーはショックを受けます。

チャンドラーは、他の男のことは切ってほしいと話しました。

でもオーロラは、「今のままで何が嫌なの?あなたもこれを望んでいるはず」と言って断ります。

チャンドラーは、「今のままで最高」と思う自分と、「このままではドツボにはまるから別れろ」と思う自分、2人がいると話します。

 

オーロラは、どちらかを選んでと言いました。

チャンドラーは結局、別れることを選びました。

ジョーイ、芸能界にケツを突っ込む

アル・パチーノの大作映画に出演することが決まったと喜ぶ俳優の卵・ジョーイ

友人たちは、祝福し、どんな役を演じるのかと尋ねます。

しかし、ジョーイはなかなか話したがりません。

散々言葉を濁した後にやっと出した言葉は、「アル・パチーノの尻の代役」。

なんとジョーイは、人気俳優アル・パチーノの尻の役を務めることになったのです。

 

たちまち笑い出す友人たち。

しかし、ジョーイはこの役をきっかけに大ブレイクすると意気込みます。

「フレンズ」【第6話】のキャスト紹介

レイチェル(演ジェニファー・アニストン)

本作のヒロイン的存在。

裕福な家のお嬢様。ルックスが良く、学生時代からモテモテ

 

キャスト…ジェニファー・アニストン

ジェニファー・アニストンは、この作品でブレイクしました。

レイチェル役にて、2002年にはエミー賞(主演女優賞。コメディ部門)、2003年にはゴールデングローブ賞(女優賞。テレビシリーズ、ミュージカルコメディ部門)を獲得しています。

プライベートでは、この作品の放映中にブラッド・ピットと交際し、結婚しました(※2005年に離婚)。

モニカ(演コートニー・コックス)

レイチェルの親友。

世間知らずのレイチェルとは違ってしっかり者。シェフ。

 

キャスト…コートニー・コックス

「ファミリータイズ」「スクリーム」「クーガータウン」などに出ている美人女優。

フィービー(演リサ・クドロー)

モニカの親友。ちょっと変わったヒッピー風の女性。

ホームレスになったことがあるなど、波乱万丈な過去を持っています。

 

キャスト…リサ・クドロー

アメリカの女優。

1998年にフィービー役でエミー賞助演女優賞(コメディ・シリーズ部門)を受賞しています。

本作以外にも、「ロミーとミッシェルの場合」など多数の作品に出演しています。

ロス(演デヴィッド・シュワイマー)

恐竜学者。垢抜けないが、優しい青年。モニカは妹。

妻がレズビアンに目覚めたため離婚することに。

レイチェルに恋をしています。

 

キャスト…デヴィッド・シュワイマー

デヴィッドは、登場人物ロスと同じくユダヤ系の俳優。

「フレンズ」では演出も行っていました。

監督業やプロデューサー業にも進出しています。

チャンドラー(演マシュー・ペリー)

モニカの部屋の向かいにジョーイと住んでいます。

格好悪いわけではないのに、なぜかモテません。いつもジョークを飛ばしています。

 

キャスト…マシュー・ペリー

アメリカの俳優。この作品で有名になりました。

近頃では、「セブンティーン・アゲイン」にも出演しています。

ジョーイ(演マット・ルブランク)

俳優の卵。チャンドラーのイケメンルームメイト。

女好きのおバカキャラですが、温かい心の持ち主です。

 

キャスト…マット・ルブランク

マットは、「フレンズ」のスピンオフ作品である「ジョーイ」にも主役として出演しています。

近頃では、「マット・ルブランの元気か〜い?ハリウッド!」に主演し、ゴールデングローブ賞テレビシリーズ主演男優賞を獲得(ミュージカル・コメディ部門)しました。

「フレンズ」【第6話】の感想・評価

第6話では、綺麗好きで几帳面なモニカが、友人たちにその性格をからかわれ、型破りになろうとするストーリーも描かれています。モニカのクセがよく表れていて、面白いものになっていました。

 

また、他に、俳優ジョーイが舞台で演技をするシーンもあります。

精神科医フロイトの役のジョーイが、「きみがほしいのは~♪」と歌い始めます。

思わず笑ってしまうシーンです。

 

ジョーイは俳優なので、演劇やドラマ、映画のシーンがよく出てきます。個人的には、面白いネタが多いと感じます。登場人物の職業が俳優だと、面白い話が作りやすいのかもしれないと思ったりします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました